弾け待ち

今年栽培したのは、和棉の白数種類と茶、洋棉の茶と緑です。和棉はもう殆どが弾け終わっているのですが、洋棉がなかなか弾けずに残っています。枝を切って日に当てて乾かした方がよく弾けるという話を聞いたので、いくつか実だけをとって干してみました。枝ごと干すのではなく、実だけにしたのは、葉やガクがたくさん混入してしまうと思ったからです。実が割れても、中の棉がふんわりとした姿を見せず、固まったままのものが多く、あまりよい出来とはいえません。来年は早めに摘心したり摘果したり、工夫しようと思います。

———- 何かお役にたてましたら、コメント・リンク・ご紹介 ———-
投げ銭など、ご支援お待ちしております
【Amazonギフト券(Eメールタイプ)15円から】 
wataitoyaアットマークyahoo.co.jp へよろしくどうぞm(_ _)m
スポンサーリンク