緑がかった和綿の茶

数年前に実家で収穫した和綿茶のなかから緑がかった実を発見。

その種から、栽培と選抜を繰り返して三、四年。緑がかった実もできれば、普通の茶綿らしき実もできる。

はじめて見た時は、父が収穫後期の開きぞこないでカビでもついたような実を混ぜてしまったのかと思ったけど、画像のこの棉は収穫真っ盛りの今採ったもの。立派に健康的に開いた実。やっぱりタネの性質のよう。

この記録用の布に使った分は、一年経っても一応色が残っている。普通の茶綿とは少ーし違うカーキ色。

画像上の方が普通の和綿茶。下の方が緑がかった実。

0
———- 何かお役にたてましたら、コメント・リンク・ご紹介 ———-
投げ銭など、ご支援お待ちしております
【Amazonギフト券(Eメールタイプ)15円から】 
wataitoyaアットマークyahoo.co.jp へよろしくどうぞm(_ _)m
スポンサーリンク

『緑がかった和綿の茶』へのコメント

  1. 名前:wataitoya 投稿日:2014/10/02(木) 08:24:00 ID:589fc6ab0 返信

    ですね~^^
    まあ突然どぎつい緑になったらびっくりですが、
    それはそれで面白いかも?(笑) Like

    0
  2. 名前:yuuko 投稿日:2014/10/02(木) 08:11:00 ID:589fc6ab0 返信

    自然にできた色は どれもいいですね~
    それら同士はとても良く調和するものですね Like

    0