いろんな綿

きれいに開いた綿の画像ばかり見ていると、そうでない実ができることは異常なことに感じられるかもしれません。でも、花が咲いた時の木の調子も、環境も、時期も違う実たちなので、いろんな実ができるのも自然だと思うのですよ。。そうはいっても今年はこの時期にしては少し多い気がしますが。左は種から育てたイチゴの生き残った一株。真ん中、9月に播種した津田カブを収穫。松江で作られている「まが玉状」の赤カブです。右は近所の農園にあるアスパラに作られたカマキリの卵。この農園は次期廃園になることもあり、遠くの綿畑にお引越し。

それにしても区。どこが緑の区なの?今回も二つの区民農園が廃園になる。

0
———- 何かお役にたてましたら、コメント・リンク・ご紹介 ———-
投げ銭など、ご支援お待ちしております
【Amazonギフト券(Eメールタイプ)15円から】 
wataitoyaアットマークyahoo.co.jp へよろしくどうぞm(_ _)m
スポンサーリンク