和綿と洋綿の違い・特徴

<Ⓒ2014 旧わたいとやHP>
 

ひとことで言えば、「和綿」と「洋綿」という言葉は、「日本人」と「外国人」という言葉と似ています。

歴史は未だはっきりと判っていないようですが、5~6百年前に日本で根付き、受け継がれたアジア綿を「和綿(又は日本綿)」、それ以外を広く「洋綿」と区別された記述を多く見かけます。

「外国人」という言葉が日本人以外の多様な人種を指すように、「洋綿」という言葉も、和綿以外の様々な特徴のある多様な綿全般を意味しているようです。

便宜上、私もこの意味でこの用語を使っています。

綿の歴史についての参考文献はこちらをどうぞ。今回の記事も、一部、参考文献の書物を参考に書いています。

『ワタの絵本 (そだててあそぼう) [ 日比暉 ]』はけっこう読みやすくて詳しいのでおススメです。

植物学上の違い

和綿洋綿、どちらもアオイ科ワタ属。衣類に利用されているのは4種。

  • 旧大陸起源で二倍体のヘルバケウムアルボレウム
  • 新大陸起源で四倍体のヒルスツムバルバデンセ

ヘルバケウムは現在ほとんど栽培されていないとのこと。和綿はアルボレウム。出回っているいわゆる洋綿はほぼ四倍体と思われます。

和綿と洋綿の間では交雑は起きないと言われているのは、この染色体数の違いのためです。

わかりやすい見た目の特徴

わたしの栽培している綿のそれぞれのカテゴリーを見ていただくと、たくさん画像がありますので、そちらでも確認してみてくださいね。

〇 実の付き方

よくいわれているのは、和綿は下向き加減、洋綿は上向き加減。でも実際はかならずしも全部がそういうわけでもなくて、いろいろ。個体差があります。傾向としては…という感じ。

洋綿
和綿

ただ、和綿のほうが、全体的に幹や枝、実の付け根の枝がしなやかで、実が重くなるにつれて下に垂れやすい傾向はあるようです。でも洋綿も、実が重ければ下向きになりますし、和綿でも上向きに開いている実もありました。

〇 花

和綿の花はクリーム色で、中央がえんじです。一部違うモノもあるようですが、滅多に見かけません。洋綿の花は白一色だったり、緑綿はピンクのような赤紫だったり。

左・洋綿  右・和綿

最近、和綿は下向きに花が咲くと話されている場面も見聞きします。実の向きと勘違いしているのか、もしくは、吹いた棉を「綿花」という花としてお話されているのかもしれません。

実際は、花の向きはあちこちいろいろです。栽培されている方は、ぜひよく観察してみてください。

〇 葉・草姿・草勢など

綿の葉は紅葉葉といって、モミジの形ですが、和綿の葉と洋綿の葉では、和綿の方が切れ込みが深いです。

(葉の形についての考察記事も、よろしければどうぞ)。

「リーチング(leaching)」を植物や葉などの言葉と一緒にググると、結果の多くは、葉面散布肥料の販売元。 中立な情報...

枝振りなどは洋綿の方がガッシリ強い印象ですが、これも全部が全部というわけではなくて、和綿でもしっかりしてみえるものもあるし、もちろん栄養状態などにもよるし、個体差があります。

洋綿
和綿

見慣れた人にはすぐに判る程度の違いですが、画像だけだと難しい場合もありますね。

〇 タネの大きさ・形

これも個体差があるとはいえ、慣れた人が見ればわかるくらいには違います。洋綿の方が大きめ。形も少し長細い。和綿はこぶりで丸みがあります。

左・洋綿  右・和綿

〇 繊維の長さ・太さ・強さなど他

洋綿は品種によってさまざまです。和綿は、基本的に太めで、コシの強い繊維と言われています。触ってみると、しっかり弾力があることが判ると思います。

繊維の画像は各品種のカテゴリーをご覧ください。記事下にもリンクがあります。

成長速度なども違いがあると感じていますが、目に見える特徴としては以上です。

和綿の種類

和綿のなかでも、栽培地の名前をとって、会津・三河・河内・大島など、たくさんの種類があるといわれています。でも基本的に栽培地ごとに名前をつけているだけのようです。

各地の和綿で、大きな特徴の差はありませんが、東北地方では河内綿より会津綿の方が育ちやすいといった程度かと。

ただし、和綿のなかで、おおまかに2種類、葉の色・茎の色などに違いのあるものはありました。詳細は和綿のカテゴリーをご覧ください。

和綿の種類については、参考文献にもある『わたわたコットン 鴨川和綿農園』が詳しかったです。でも絶版みたいで、とても残念。

ちなみにその地方で栽培を続けた「在来種」とか、「古くから日本で…」などといっても、たかだか5~600年の歴史しか判明していません。ですから、「和綿」は、数百年前に日本に持ち込まれ、栽培が広がった「外来種」ともいえます。

洋綿の種類

洋綿の種類については、前述の学術上分類もあるし、色の違いもあるし、世界各地にどれだけの種類があるのかわかりません。

日本だけでもそれぞれの栽培地で名前をつけていることでわかるように、世界各地で、その土地でいろいろ受け継がれてきたタネがあるのだと思います。

商業的理由で選ばれた綿は登録品種として、どこかに記録があるかもしれません。ただ、ほとんど遺伝子組換え処理をされて栽培されているものが多いようです。

特にアップランド系の白綿はその可能性が高いみられるため、検査をお勧めしています(日本では遺伝子組換え綿の栽培は法律違反になります)。

出所不明の和綿以外の白綿を栽培している方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

巷の綿が遺伝子組換え綿である可能性 以前も書いたとおり、緑や茶のカラードコットン&在来と言われている和綿は、商業的効率的な面から考えてみて...

色綿の色、茶綿や緑綿の色は、品種によっても個体によっても、色合いが違う実のなることがあります。

そうした不安定な面からも、商業的に遺伝子組換処理をされるほどの価値があると思われず、処理された綿が出回っているとは考えにくいです。

私が育てているのは、主に以下の品種です。

葉や花の違い、繊維の違いなど、詳細はそれぞれのカテゴリの記事をご覧ください。