地機布11 糸綜絖・試織

 
前回の記事、千巻きの残りの糸を整えて、腰に巻く側の棒に結び付けます。仮にざっと。糸綜絖を作って、織り始める直前でもう一度きちんと張って、もう少し少量ずつ結びつける予定です。

糸綜絖を作るための綾が筬の手前にあるので、筬の向こう側に綾を持っていきます。
 
ここでまたいくつかミスを修正。間違えてるなぁ。ひとつのミスも無く完璧に進められるのはいつの日か…。

糸綜絖を作っている最中の写真は撮れなかったので(汗)、一応できあがって一旦マスキングテープで仮止めしたところの画像です。

このマスキングテープは物差し柄。上から張るのではなくて綜絖のこの棒に張っておけばよかった、と綜絖の糸の間隔などを整えながら思いました。

綜絖の糸は市販の木綿の縫い糸。小学生の時に買わされたお裁縫箱に入っていた糸を繰り返し使っています。
 
仮止めしていた腰側の糸をきちんと結びなおして、張り具合を調整しつつ試し織り。

やっとここまできました。よこ糸もまだ紡ぎ終わってないのですが(汗)。

0