スピパ準備2 

例年どおり、包装材で悩み中。画像の糸紡ぎキットは使い捨てにならないようシール付の丈夫な袋を使ってきたが、今年は紙箱入りを考えてみた。

箱のほうが袋より綿もつぶれにくいし、出し入れもしやすい。どちらも価格はCreemaと同じにする予定。

数量限定なので、紙箱入をご希望の方はできれば事前にご連絡を。キットに限らず、他の品も事前に連絡くだされば、持込み量の検討が楽なので、よろしくどうぞ。

…これもお願いで、これも例年どおりですが、飲食物等差し入れは、恐縮ですが、お断りしています。荷物は増やすより、減らしていただけると有難いですm(_ _)m

もちろん土産話は歓迎。播いたタネの様子や作品の話など、時間と混雑状況の許す限りはお聞かせくださると嬉しい~。

2枚目の画像は、ライ麦の藁でアンギン編み風な展示物を作成中。これでライ麦も染織材料として販売できるかなと(汗)

追記>例年通り、共同出店の綿工房さんはスピンドルで綿を紡ぐWS開催予定。詳細は綿工房さんのブログへどうぞ!

+2