しなる和綿

台風後の畑で傾いた棉の木を起こしながら、あらためて和綿とそれ以外の木の違いを意識する。

和綿の実は下を向く傾向がある。それは和綿の実と枝を繋いでいる部分がしなやかで、実の重みでしなるから(必ずしもそうならない株や実もあるし、和綿以外でも下向き加減な実をつける綿はある)。

結果的に雨に濡れることが少なく、雨の多い日本に向いていると言われているようだが、このしなる木も、台風の多い地域に強いといえるのだろう。

実の根元の枝と同じように、和綿の木の幹もしなやかで風に吹かれると曲がりはするが、折れることは少ない気がする。
2枚目の画像は緑綿。少しは曲がるけど、和綿の木に比べると、柔軟性に欠ける、体の堅い人みたい。

根と木の境目、木の倒れた方向に土がえぐれて、根も一緒に少し傾いてしまう。

雨で土が柔らかくなるせいもあり、根も動いてしまうので、木を起こしたら、土を寄せたりして周囲を踏み固める。

時間がないときは、とりあえず木の倒れた反対側の土、えぐれてない方の土を、木を起こしながら踏み固めるだけでしっかり立つ木もある。

和綿全ての木が同じようにしなやかさを持っている、それ以外はすべて柔軟性が欠けているとは言えないが、その傾向はある、くらいには言えるのではないかと思う。

まあ、これもだからどうということもないのだけど…今後も観察を続けます。

+2