綿の種まき動画とライ麦とラグラス

先日、綿の種まきの様子を撮影したので、
またYoutubeに動画投稿してみました。

タネも労力もなるべく無駄を無くしたい
と考え、水に浸さずに直播きです。

少ない水でも発芽する力を持つ種が
生き残ってくれた方が嬉しいし。

間引きしないで済むように、間隔も播種時から開けています。もし芽が出なかったり、喰われてしまって欠株になったところがあったら、追い播き。

播種から2週間待って、来週様子を見てからかな。もしそれでも育たなかったら、も一度追播。

もしそれでもだめだったら(汗)、仕方ないから諦めて、他の野菜でも播く。空心菜とかゴマ、枝豆などは6月過ぎてからの播種でもよく育ちます!

動画の中に、採種用の大根の花が出てきますが、ウチの台所でも切れ端の大根から花が咲きそう。買った大根だけど。

まあ、タネまではできなさそうだけど…以前も花だけでダメになってしまったし。

これも動画に出ていたラグラス。穂だけでなく、葉も茎も柔らかくてふわふわしてます。

とっても柔らかいビロードのような肌触り。動物の赤ちゃんの肌のような(?)。わき芽が出そうだったので、少し摘んでドライ中。

ライ麦のワラも先週少し干してみたけど、まだ水分が多いような感じで、けっこう黒ずみ(カビ?)が出てしまった。

昨年は5月中旬くらいに干し始めたようだけど、今年はまだあまり赤みがかってこないし、ほかの作物もあまりグンっとは大きくなってこない。いまいち温度が昨年より低いのか。梅雨になる前にある程度干したいんだけどなー。