その他の綿1 タナ綿

タネの出所

入手は2013年春、出店中に、お客様から譲られました。

詳しくは当時の記事をご覧ください。

その方の話では、タナローンという生地の原綿とのことでしたが、真偽は不明です。

和綿以外の綿・洋綿の白としてまとめてもよいのですが、便宜上、私はタナ綿として分類しています。

本日井の頭公園アートマーケッツ出店中、ご自身も綿を紡がれるというお客様に、白い洋綿の種を頂きました。種はたくさんあるのでお断りしようと思った...

実の大きさ・繊維の長さなど

個体差がありますが、ボリュームのある実。長い繊維は3cm以上、繊維は細めで、量も多めに見えます。

譲られたのは白いタネでしたが、栽培継続数年後、茶が現れるようになりました。それを分別して栽培し、3~4年ほど経過しますが、その間ずっと、茶のタネからは茶ができています。

紡げる糸

白も茶も、長さや細さ、つや、柔らかい肌触りなど繊維の特徴はほぼ同じように見えます。違うのは色だけ。

天然の撚りも結構しっかりしていて、コシは和綿ほどではありませんが、ふんわり太めの糸も紡げました。

細め・普通・太めと意識して紡いだ糸

繊維自体が細いこともあり、細い糸が紡ぎやすい繊維です。

画像の糸・白は50番手、茶は43番手。

タナ綿の成長の様子

和綿ではない綿・いわゆる洋綿の茶や赤茶の成長とほぼ同じです。

木や葉は緑でがっしり。花は白。

私が栽培している他の洋綿と違いがあるとすれば、開絮が遅いこと。

個体差はありますが、基本的に洋綿の茶や緑は、和綿より多少遅れ気味。

それでも結実してある程度膨らんだ実の半分以上は、霜の降りる前に、収穫できる状態まで熟してくれていることが多いです。

対してタナ綿は、半分以下という印象。他はキレイに開かず、歪だったり未熟だったりする実が目に付きます。

タナ綿・洋綿の白についての断り書き

洋綿の白には全般、遺伝子組換え綿の疑いがあり、検査を受けました。

詳細は過去記事をぜひご覧いただければと思います。

2017年に販売を止めたタナ綿(当時の記事はこちら)ですが、諦めきれずに時々検査機関を探していて、この度ようやく検査をお願いすることが出来ま...

一応、問題の遺伝子組換え綿ではないことは判り、一安心でしたが、それまでに収穫していてたタナ綿が、今も結構な量、残っています。

今度の地機布15の細い糸用に、自分で使うつもりでしたが、それでもかなり余りそうなので、繊維を販売することにしました。

販売予定は、今のところ白のみで、無くなり次第終了です。

https://www.creema.jp/item/12924500/detail

https://wataitoya.stores.jp/items/618fb7187d5d8164f01cefcb

———- 何かお役にたてましたら、コメント・リンク・ご紹介 ———-
投げ銭など、ご支援お待ちしております
【Amazonギフト券(Eメールタイプ)15円から】 
wataitoyaアットマークyahoo.co.jp へよろしくどうぞm(_ _)m
スポンサーリンク