原始機の勉強-筬無しで経糸緯糸を揃える

原始機・腰機の経験者、又は多少でも織物について知識のある方向けの内容です。といいつつ、私自身もさほど詳しいわけではないので、難しい内容ではないと思いますが、織りの用語などの説明は省略しています(ちょっと長いです)。

以前、綿つむぎの会で、原始機の作り方・織り方をお伝えした方々、もし見ていらしたら、参考にしていただければ幸いです。

四方耳織

数か月前、ある方がとても嬉しいメールをくださいました。有難くて嬉しすぎて、文面にあった興味を引く言葉とお名前でGoogle検索してしまいました。

その方は原始機で四方耳織をしている鈴木かつ子さん(氏名等掲載許可受諾済)。

四方耳織とはその名の通りですが、すごくカンタンにいうと、整経時、織り始め織り終わり共に、輪になるようにして。

織り始めの端まで緯糸を入れ、織り終り側と位置を逆転して、同じように緯糸を入れ、その間を埋めていくことで、四方を耳にしていく織り方だそうです。

原始機による四方耳織作品 by 鈴木かつ子さん

(リンクは張りませんので、画像検索を。作品やイベント中の画像などあり)

四方耳織りについては、数年前に綿工房さんのWSで聞いたことがありました。経糸の無駄を減らせるし、耳が多いのはいいなと思ったけど、最後の隙間を綜絖無しで埋める作業は、根気の無い私にはムリ(汗)ということで、地機布15でも三方耳に挑戦しただけでした。

が、メールをいただいた後、検索した作品を拝見していて、あることに気づきました。

筬の無い織り

原始機やベルト織り・カード織りのような、筬の無い織りの場合、表に現れるのは経糸だけで、緯糸はほとんど織地に出てこない織り方がされることが多いなと思っていましたが、鈴木さんの原始機作品はそうではありませんでした。

カード織 by wataitoya…あまり良い見本では…(汗)

いわゆる畳織りのように経糸が隠れて緯糸がメインになったりもしていないし、経糸が中央に寄ってしまったりもしていない。

鈴木さんの原始機作品は、筬がなくても経糸緯糸がそれなりにバランスよく表面に現れていました。

耳もキレイで、中央と耳側で経糸の密度もほぼ同じに見えます。

by wataitoya 筬が無いと両端と中央で密度が不揃いに

何かコツがあるのでしょうか、教えていただくことは可能でしょうかと、図々しくもお願いしましたら、聞き入れてくださいました。

経糸緯糸の密度をできるだけ均すポイント

前置きが長くなりましたが、7月の初めにお宅に伺って実際に整経からある程度織り続けるところまで拝見しました。

以下が、教えていただいた点、気づいた点。

  1. 整経時、両端(耳左右)の2本(輪の1本)はキツメ
  2. 織り始め織り終りの輪を通す紐はよく張って、中央を広め、耳側を狭めに配置
  3. 整経時キツメにした耳二本も改めてキツメに調整
  4. 筒状の棒と釘で巾だしとする(伸子)
  5. 約5cm織るごとにの織り進み分を測る。斜めになっていないかチェック
  6. もちろん糸選びと密度も大事

たぶんまだまだいろいろあると思いますが、今の時点の備忘録としてこのくらいです。

この後まだ自分で実際に織れていませんが、上記のポイントに気をつけながら織ってみて初めて気づくこともあると思いますので、追記していきます。

筒と釘を使った伸子(幅出し)

原始機で伸縮性のある織り作品

ご自宅で見せていただいた鈴木さんの作品はどれもステキだったのですが、なかでも興味を惹かれたのがこれ。経糸が強撚の糸のようで、経糸方向にとてもよく伸縮します。

伸縮性があって服にも使いやすそうで、こんな布が織れたら…と思いますが、強撚糸で織りって大変そうなので、いつかね、いつか…。

久々の遠出、しかも帰路の電車を間違えたこともあり(汗)、そこそこ疲れましたが、見聞きしたことはとても勉強になったので、これから自分で試すのが楽しみです。

鈴木さんはじめ、お世話になった教室の皆様、ありがとうございました!

原始機で織ることは自分自身のアップデートかもしれない

最後に、織り方のコツやテクニックではないのですが、もうひとつ、鈴木さんの原始機の織りを見ていて感じたことなど。

緯糸1本1本の扱いがとても丁寧で、その割に慣れた動作ですいすい織っているようにも見え。

経糸の位置・隙間を決める(中央は広め・耳側は狭め)

ゆっくりでいい、急ぐ必要はないというようなこともおっしゃっていたのを耳にして、あ、そうだなぁと思いました。より早く・沢山作るための効率を求めて、時代が進むにつれ様々な道具が出来てきたんだろうけど、それらが無ければこれが当たり前なんだ、と。

道具が無くてもできるようになるなら、これも見方よってはアップデートかも。

ウチには地機も竹筬もあるけど、自分の寿命に向けて、大きな道具は徐々に処分して、最小限の小さな道具だけ残すつもりでいるので、その時何ができるか、今から考えたりしている。

筬を手放したら、経糸と緯糸が同等に現れて服地にも使いやすい平織は難しいかな…織物は限られたものだけになって、編物メインになるかな…と予想していた。

でも、今回のことで、こんな風にゆっくり織物も続けられそうだなぁと。

経糸を広げつつ緯糸を入れ押さえる(完成品は1枚目の画像)

世間はいろいろあるけど、できれば常に、自分にとって新しい楽しみを持ちながら生きられるといいなぁと思いました。最後はとりとめのない話で終わりです。お疲れ様でした!