ベランダと実験用畑の綿

残暑の続いた9月の綿畑の様子を動画にまとめました。

前回動画までの渇水・猛暑からの不作予想に反して、綿の実はそれなりに開いています。

ただ虫やケモノの影響は例年より多い気がします、という内容です。

【綿栽培】9月の自然農綿畑 綿の実の開絮のようす/綿の実を喰う虫/綿の木を倒すケモノ?

一方で今年のベランダ、発芽実験に使った苗が3株残っていますが、ようやく9月に入って開花が増え、調子が出てきた感じ💦

まあ開花しても落ちるものもあって、現在残っているのは20個ほど。

7月下旬に開花した2つは開絮済

今年は深さ15cm程度のプランター。高さ30cmくらいになったところで摘芯、今現在は高さ150cmを越えて、少し傾き気味。

摘芯した位置で2本に分かれ、その先でそれぞれ2本に分かれたので、主な枝は4本。

でもこれから咲きそうな蕾はもうなさそう。

Cotton in planters on veranda has about 20 cotton bolls 20231002 ベランダ和綿 今現在約20個 発芽実験に使った和綿の茶

実験用畑は順調に見えていたけど、収穫量は期待外れ💦まるで昨年の綿畑のよう。

開く実の数も少ないし、充実した実も少ないし、木は大きく育っていたけど…ツルボケ?

Thinning out buds 20230804 摘蕾 一枝に多すぎる蕾を間引く

まあ、こちらの畑は翌年1月に返却予定の為、早くから剪定したり蕾を落としたりしているので、収穫量が思ったより少ないのはそのせいもあるかも??

今年は実験用畑で交配実験を試みています。前回の記事の、開花から開絮までの積算温度調査は、こっちの実験の副産物のようなもの。

ただ、毎日は畑に行けないので、開花タイミングの合う数も少ないし、けっこう実も落ちてしまって…。

左)実の外側 右)実の内側

まあ時間がかかるのは承知の上。気長に、来年も挑戦予定。