栽培記録一覧

2024年6月の綿畑の様子

6月の作業は移植と摘芯と草管理。

といっても、これまでも記事や動画で記録してきたことをやっているだけ。

なので今回の動画では、前半で過去の摘芯その後をまとめ、後半は花特集💦

【自然農・綿栽培2024】2024年6月の作業・畑の様子 摘芯&綿畑の花

畑で栽培している・残している花は主に…

  • 勝手に生えてくる
  • 背が低めか這性
  • 細めの草姿なら背が高くてもOK

あとはやはり自分のその時の好み!花があると和めるし、周りの人も同じだと思う…


一方で綿の花、今年初開花は7/2和綿の茶。

【綿栽培2024/自然農】7/2 和綿の茶の開花 まだ30cm程度の木 花も小さい

昨年と一昨年と比べると約10日早い。

で、毎年のことだけど、木がまだ小さいうちの蕾は小さめで、この先なる実も当然小さかったり、開いた房が歪だったりする。

実を形成するにはまだ栄養不足なうちについた蕾なのかなと。

Opening Asian Cotton boll. The first boll is often incomplete 20220829 河内木綿の開絮 第一果は不完全な実になる傾向あり
2022/8/29 河内和綿の第一果

開花が盛んになる頃にも蕾や花、実が落ちることがあって、綿の木自身による生理落果もあるのかと思っていたけど、ならばそれより前に人口摘果をしてみようかと。

最初につく実は小さいことに加え、木が育つにつれ陰になり、日も当たりにくい。

高さ・葉の数も同等に見える2本を選んで比較

それらの実を先に落としておいたら、その分、後の生理落果は減るかも??と。

基本的にあまり手をかけたくないのだけど💦 数年前からいつか一度試してみようと思っていたことだし。

今年はうちの畑にしては全体的に生育が少し早いので、試して観察してみようと思う。

7/2 白花緑 摘芯後・脇芽登場・蕾も続々

〇 7月中旬までは蕾の生成よりも木の成長に勤しんでもらう木を選抜し、蕾を落とす。

〇できるだけ人口摘果の有無を比較できる木があるものを選ぶ。

…でももうかなり蕾がチラホラしてきたので、間に合えば、ね💦


動画内で紹介した、摘芯有無比較、その後の実を数えた追記のある記事は左記(下記)。

動画内で紹介できなかった移植についてもその下の記事からどうぞ!

摘芯についての私の考えは以前の記事と変わらず、必ずしも一概に、摘芯した方が収穫量が増すとは言えないと思っています。 ...
先日投稿した動画では少し判りにくかったかなと思ったので、新たに画像だけ撮影しました。 先週畑に行った際にまた少し移植をして、その時に。 動...

2024年綿の播種はじめ・4~5月の綿畑の様子

今年は少し早めの4/11に一部播種を開始。

綿の種播きは大体5/10前後と言われることが多いから、暦では丸ひと月早い。

でも4月の高温予想、タネも余裕があったので、多少ダメになってもいいかなと考え。

【自然農・綿栽培2024】2024年4月~5月の作業・畑の様子(虫注意)。地温と気温予報から播種時期を決め、播種。発芽確認したら草整理など&沖縄ソラマメ収穫のタイミングを調べる(声無し)

予報通り高温の日が多かったようで、かなりの芽が残り、播種2回目以降や欠株の追い播きも、いつもの年よりのんびりできたような慌ただしかったような。

今現在(5月末)、もうカエデ葉が出ているモノもあって、これまでの年からすると、半月~ひと月くらい先の姿。

5/30 これ以上大きくなると移植が難しくなる

ただ、これ以上大きくなってしまうと移植ができないので、今度は移植で慌ただしくなるかも💦。

4月の高温のおかげで播種期間が長く、ひと月ぐらい差が出来た株もあり。

この成長差は縮まるか、広がるか?も、忘れず観察したい。

5/30 中央4/11播種 左右は2回目以降&追い播き

ラグラスも自然生えが少しずつ見られるようになった。穂が開く前のふわふわの肌触りがたまらない。

春はベランダのフリージアにはじまり、今は畑の矢車草がさかり。この後、少しすると桔梗が咲き始める。

乾燥中のラグラス

3月はほとんどダメだったご近所畑でも、遅ればせながら収穫物が渋滞中。

4月はホウレンソウ、その後はカブ、そして今はレタス・水菜。

野菜、高いからありがたいけど…やっぱり飽きる💦。

カブの収穫期はけっこう長い…

ライ麦の色づきも少し早いような気もするけど、雨も多いので、傷みも早いかと思いきや、それほどでもない。

キレイそうなワラを収穫して持ち帰り、半乾きの時に皮をむいてカットして完全に乾燥させる。

雨が多いと乾きも時間がかかる

結構ここまで手間かかる。でも、もう今更、こんなキレイなモノをそのまま畑に還すのもモッタイナイような気がして販売を継続中。

この時期だけの色つやは1~2ヶ月経過すると無くなってしまう。

その後も普通にキレイなストローではあるんだけど、この変化の様子も楽しみたい方はお早めにどうぞ!


4月の天気予報と播種計画と綿のない3月の綿畑

ベランダのフリージアも咲いてようやく春らしい気分になってきた、ということで天気予報とにらめっこ。

4月は記録的に暖かくなるという予報もあるけど、この2週間予報をみると、最高気温はそれほど高くない。

最低気温はほぼ10℃以上なので霜も降りそうにない。

ただ、これまでがイマイチ暖かくなかったので、地温はまだ低いのではないかと。

今年の春は雨も多いし、仕事もあるので、畑に行ける日が限られる。

今の所、4月2週目に行けそうなので、予報と当日の地温によって、その日に一回目の種まきしてみようか…種が多くあるものだけでも。

次行ける日が不確かなので、行ける時に播ける時に播いた方がいい気もするけど、やっぱりまだ早い気もして悩む💦

soil temperatures essentially vary rather slowly 20240328 地温は気温より基本的にゆっくりと変化する

冬の間、ブロッコリーやミニキャベツは鳥のエサ。でも食べられるところは食べる。

ブロッコリーは、茎を残して葉をほとんど喰われても、ヒトが食べる分もそれなりに残ってる。

鳥は花蕾を食べないのかな。

鳥だと思うけどハクビシンとかの可能性も?

ブロッコリーは数年前から自家採種を続けたタネ。

これまで特に交雑は見られず、ブロッコリーと言える形状のものがちゃんとできていた。

でも昨年は芽キャベツや他のアブラナ科もタネ採りしたので、交雑を覚悟していたんだけど。

頂花蕾収穫後に出る側花蕾の方が調理しやすくて好き

特に面白い(?)結果はこの葉ボタン風ブロッコリーくらい。何かの交雑か、先祖返りか。

一応花蕾も食べてみたけど、特に変な味はしなかった💦

そしてこの葉は鳥にあまり喰われていないようす。美味しくないのかな??

ハボタン?ブロッコリー?

2023年綿収穫高と販売予定

2023年綿収穫高集計

まだ綿畑には実がだいぶ残っているけど、ちゃんとキレイに実が開くものは少ないだろうということで12月末で計量・集計。

2009~2023年の綿畑の実綿収穫高

表注釈

  • 実綿販売可能な美品~自家用にするしかない状態の綿まで全て含む
  • 「その他和綿」は大島と河内茶、「その他の綿」はタナ・トルファン・敦煌の計
  • 概算年は実綿の数値ではなく、綿(繊維)の数値しか見つからなかったので×3で計算
  • 各品種、栽培面積は年によって違うので、品種ごとの単純比較は不可

2023年綿栽培の振り返り

もうとにかく2ヶ月の渇水猛暑…と思ってたけど、他にもいろいろやってたわ💦

積算温度についてはまた別にまとめる予定。ちなみに、9/20開花以降の実は小さかったり未熟だったり欠けていたりが増えた。2023年は11月中旬に早くも降霜があったせいかも。

まあウチの畑では9月中旬までに開花した実は、ほぼ確実に結実開絮まで行けるだろうと、積算温度を調べ始めた記事の予想通りに。。

発酵促進材などは3月散布が最後。前年に少し撒いた綿実油粕の影響があるかもしれないと思ったが、特に施肥無施肥の畝で違いは見られず。

実験用畑の綿

交配実験の記事にも書いたように、後期の生育があまりよくなくて、2022年の施肥畝を思い出す感じの状態だった。

実験用畑といっているけど、メインは野菜類のご近所畑の一角。残った綿実油粕を施すこともあったので、やはりツルボケか…前年前々年の使用者の分もあったのかも。

2023年、実験用畑での綿の開花は7月中旬~8月上旬が盛んで、それ以降は極端に開花が減り、できた実もわずかでした。 交配...

画像の白花緑の木は、根を抜いてみると同じ様な状態。でも北側の木はほとんど収穫できなかった。

南側が先に大きくなって北側は少し成長が遅れたせいもあるかもしれない。

けど、木や根の立派さのわりに収穫量はさほどでもない。綿畑の木の方が木と実のバランスがよい傾向。

南←→北

これまで10年以上無施肥で栽培してきたので、ウチの綿は、土の中に自然にある肥料分を吸い込む力が強くなっている可能性もあるかもと思ったけど…

【収穫量南←→北

…それだとここ数年前の不作の理由もつかないし…やっぱり何かしら天気や水分の影響なのか、施肥のタイミングなのか。やっぱメンドクサイな💦 何もやらない方が楽。

ベランダの綿

発芽実験のタネをいくつかそのまま育てた中で、調子が良かったのは和綿の茶。

記録した開花日、確認できている分は10/2分まで開絮済。残る実はあと3つ。

ベランダのプランターには霜が降りないけど、前の空き地に家が建ってしまって日照時間がかなり減ってしまった。。

Asian brown cotton on veranda after 10/2 flowering 20231231 開花10/2以降の実の様子

今後の栽培方針・2024年は栽培や販売の品種を整理する

これまでも自然農で育つ強いタネ、人があまり手を入れなくても育つタネを求めてきたけど、前の交配記事&動画も踏まえて、私が欲しい綿の性質を整理してみた。

  • 乾燥気味で草や虫の多い畑でそれなりに育つ
  • 収穫できる実は綿繰りしやすい=和綿くらいのボリューム
  • 繊維の長さは和綿程度で十分=機械紡績向きでなくてよい
  • 木がコンパクト。実の数と木の大きさはバランスよく。多収でなくてよい

つまり和綿は今のままで充分、洋綿の色綿が木も実も和綿に似てくるといいなと。

こじんまりした和綿のような洋綿の色綿なら綿繰りのストレスも少ないし、畑もこれまで通り、無施肥・草虫共生で充分だろうと。

小さめの実なら開絮までの期間も短くすむ…?というのは過ぎた期待でしょーかね💦

綿繰りがストレスな赤茶は、2023年産を最後に販売は中止。タネを継ぐための栽培は数年ごとに。繊維販売は溜まったら。

茶綿はカーキ茶を選抜栽培。タネ販売分も薄い色でボリュームのある綿は除外。実綿・繊維販売分には特に問題なければ含めるかも。

和綿の白も、今年の収穫高を比較すると、白も茶も30~40本の木だったのに対し、それより少ない木だった和綿シソの多収量。

草木も綿もそっくりで見分けがつかないくらいだけど、明らかにウチの畑向きなのはシソ綿だということかと…。なので、こっちに絞ろうかと考え中。

2023年産の実綿は販売中

既にSTORESで販売中ですので、よろしくどうぞ!

Creemaでは在庫の設定などが少し手間な部分があり、一部のみ出品。今後どうするかは検討中。

茶綿の繊維と、色の薄くなっている緑綿の繊維は、特売予定なので、ご興味のある方は時々STORESをチェックしてみてくださいませ。

タネの販売も予定していますが、実綿の方がオススメ。先日の交配の記事などでもわかる通り、親になる綿とそのタネから採れる綿、共にその目で見て触って楽しめます!

綿のタネの販売開始は2月以降の予定

前述の通り、ウチのタネは手作業の手紡ぎ用に選抜していってます。大きくて見栄えのいい綿、機械紡績にかける予定の綿をお求めの方には向かないと思います。

もちろん植物なので、必ずしも選んだタネと同じものができるわけではないけど、一応傾向はそうであること、その特徴などをご理解ご納得の上で、ご検討ください!


2023綿畑のひとまずまとめ&寄付報告

今年は猛暑渇水で木も大きくならず不作予想でしたが、予想は外れてそれなりの収穫量になりそうです。

でも暖冬予報なのに11月中旬に初霜、以降月の半分以上霜が降りて。12月初めにはほとんどの葉が枯れ落ちていました。

雨で大変な地方もあった一方、こちらは雨不足。6月初めの大雨の後、ほぼ降ってなくて、降ってもパラパラ。10mm以下。 ...

まだ木も実も畑に残っていますが、もうこれ以上良い実の収穫は多くなさそうなので、一旦締め切って、正月休み中に収穫高を記録する予定。

綿繰りは…終わらせたいけど終わらないだろうな💦

積算温度の記録や実験用畑の標本などもまとめて動画か記事にする予定💦

【自然農綿畑】タネ・実・木から翌年播種用のタネを選ぶ・自分の育てたい綿、好みの畑風景を目指してタネを選ぼう(声無し)
11月から編集していた動画ようやく(汗)

こちらもギリギリですが、今年の寄附報告。

昨年と同じどうぶつ基金と、アニドネ自然農法センター、YouTubeで活動をみたJVCジャーナリスト等など。

布団に入って寝られるだけで幸せだなぁと思える出来事も世界で多々あった今年は、少し寄付先を広げてみました。

もやいは「日本の貧困問題を社会的に解決する」ために活動しているNPOです。

それぞれホントにホンのわずかな額ですが、それでも今年もこうした寄附ができるのは、STORESCreema等での購入、YouTube視聴やアフィリリンクなど様々な形で、私を支えてくださる皆様のおかげでもありますm(_ _)m 今年もありがとうございました!

とはいえ、いまのところ経理の仕事が続けられているのが大きい💦まぁ、続けられる間は続けていこうと。税金を喜んで払える国になるまでね…