製作記録一覧

寒風と青空と糊付け糸

天気予報を見て、夜、小麦粉を溶かしたお湯に糸をつけて寝ました。朝、午前中しか日の当たらないベランダに干しても、この寒風とお日様のおかげでよく乾きました。

この糸を経糸にしてタオルやハンカチを織る予定です。

今回は小麦粉の分量を少なめにして、糊はうっすらにしようと思ったのですが、けっこうガチガチ。


手紡ぎ

先日また綿工房さんのワークショップに参加してきました。いつもいろいろと勉強になります。帰宅後と翌日、早速チャルカをぐるぐる。左手の、綿を引っ張る時の手応えを意識しながら100gを紡いだら、綿が残り少なくなってしまいました。しばらくは織るか編むかしようか、感覚を忘れないようにもう少し紡いでしまおうか…。


緑のマフラー

緑というよりオリーブ色というのでしょうか。マリーゴールドで染めました。鉄サビ媒染です。

これから糊を落とすのですが、そう簡単には落ちないんですよねえ。糊付けされた感じがあまり好きではないので本当は糊をつけたくないのですが・・・。

そしてもう一枚、始めました。


糊付け経糸

手紡ぎ糸を経糸に使用する際は、擦り切れにくくするために小麦粉などで糊付けするそうです。



写真では判りにくいですが、カチカチのごわごわ(笑)。



この綛を一旦糸玉にしてから、整経―経糸をセッティングします。


スピンドル購入

綿の糸紡ぎを教えていただいている綿工房さんから、先日のワークショップの際、スピンドルと和綿を購入しました。

チャルカを買うまでは、菜箸とダンボールで作ったスピンドルを使ってきましたので、ようやく、という感じです。
チャルカに比べたら、スピンドルは時間もかかるし、手も疲れるけど、やっぱりチャルカで紡がれる糸より丁寧な感じの糸ができる気がします(汗)。