栽培記録一覧

冬の綿畑作業

いつもどおりウチの畑の場合のお話。つまり一般的ではありません(汗)。

1~3月にすることは…

  •  畑にタネを還す
  •  綿の木を折る
  •  土に還らないゴミ拾い

大体このくらい。大したことはしてません(汗)

他にも虫いるけど素早過ぎて撮影が…(汗)

自家播種用にも販売用にもできない綿のタネ

畑で採れたものはできるだけ畑に戻します。持ち込んだり持ち出したりは最低限。この土地だけでサイクルできるように。

畝の方はできるだけ手を入れたくないこと、万一発芽してきてしまっても、判別がつくように等の理由もあって、不要なタネを埋めるのは、畝と畝の間、通路にしている場所。

実際は40~50cmくらい掘って埋めるので、発芽してきたのを見たことはありません。

一度にたくさんの量を入れすぎると、分解に時間がかかると思われるので、厚くならない程度の量ずつ、数か所に埋めています。

土を戻すときは、できれば掘った順に戻すとよいようです。

土を掘り返すことで、虫や微生物の層を崩してしまったので、できるだけ元通りに近いように。

とはいえ、完璧には難しい(汗)ので、表面にあった土の塊だけは、最後、上の方にくるようにしてます。

土がむき出しにならないように、掘る前によけておいた枯草などを戻しておしまい。

自然農・自然栽培については、こちらのリストにある本を参考に、アレンジしている点もあります。

綿の木を折る

初冬に折れなかった太い綿の木を折る…でもまだ折れない太さのものもあります。

木の上の方や途中から折るのはできそうなんですが、できれば根元近くから折って、長さをいかして使いたいんですよね。こんなところでも貧乏性(汗)

小さいけど一応ブロッコリー(汗)・無事冬越し出来そうなさやえんどう

飛んでくるゴミ拾いと…

来年の畑の賃借料の支払い。忘れずに。まあできればもっと近くに畑を借りたいんだけど(毎年言ってる)。でもこちらの畑はかなり自由に使わせてくれるし、何しろ周辺に比べると安めなのがありがたい。

もう10年以上経つし、土も育ってるし…もし近くに借りられても、この土地も離れがたいな。

+6

綿の仕分けと 実綿とタネの販売について

収穫した綿は、各品種、ザっと仕分けしています。

綿の仕分け方法

主に、収穫する時と、綿繰りする時。

収穫する時は、木の大きさや実の付き方、実の大きさ、房の数、繊維の色、質などを見て。

綿繰りする時も、房の数、房の大きさ、繊維の質を見ます。

乾ききって、繊維の状態が、収穫時と変わっていることもあるので。

といっても、主観で判断しているだけ。明確な基準を設けているわけではありません(汗)。

予想通り、昨年と比較すると少ないのですが、品種によってずいぶん差がありますね。 やっぱりそれぞれの品種によって、それぞれ...

基準を作っておきたいなぁとは思うのですが、まだまだ収穫量などが不安定なので、相対的に判断せざるをえず。

それでも10年栽培してきたなかで、タネの数や、繊維の量などから、ある程度の基準以上のものを選んで、播種用・販売用にしています。

昨年収穫分の実綿は通販無し 

実家で栽培してもらった綿も送られてきましたが、昨年は種まきを父に任せたので、ちと不安があり(汗)、販売用からは外します。

そしてウチの畑で収穫できた量からすると、CreemaやStoresでの実綿販売はできそうもありません。

もしわずかでもよければ、メールか問合せページからご相談ください。

昨年収穫分のタネの通販は…

すいません、まだちょっと考え中です(汗)。

今年は量もそれほど多くないので…。

販売するにしても、まだ先になりそうなので、以前書いたこちらの記事をどうぞ!

私の独断と偏見で(汗)、掲載していますので、ご了承ください。もし載せないで欲しいなどの要請がありましたら、即対応いたしますので、お...

…これまでもずーっと悩んでいるのは、説明文を読まない人がいることです。他店と比較して安くしないのは、もちろんそれだけ手をかけている自負もありますが、気軽にぽんぽん買えないように、という思いもあってのことです。

私としては、キチンと、全部ではないにしろ、ある程度読んでくれて、納得して購入してくれる方にお譲りしたい。そういう方を優遇したいのです。当然ながら。

メンドクサイやつだという自覚はあるんですが(汗)、それでも欲しいと言ってくれる人だけに、変に高くしたり安くしたりせず、双方納得いく交換ができる、そういうやりとりができる方法があればなぁと思っています。

たくさんあれば、まあ、そんなことまで考えないのかもしれないけど…。

+7

2020年の収穫高

予想通り、昨年と比較すると少ないのですが、品種によってずいぶん差がありますね。

やっぱりそれぞれの品種によって、それぞれの生育サイクルがあって、その年の気候と合うと収穫量に現れるということなんでしょう。

栽培している主な綿の収穫量(g)
あんまり参考にはならないグラフ

グラフも作ってみましたけど、昨年の緑が異常な感じですね(汗)

そもそも栽培面積が各品種で違うので、品種の比較も、年ごとの比較も、単純にはできないのですが。

ただ、2019年と2020年は品種ごとの面積はさほど変わっていません。

2019年は梅雨明が平年より少し遅くて、雨が多く、日照時間も少なかったと思ったのですが、このくらいがウチの畑の一部の品種には、合っていたのかも(収穫量的には)。

2020年の梅雨明けは、2019年より更に遅れ、日照時間も少なく、木が成長できなかったようで。

2019年の様に大きく育つ木が少なかったです。

気象庁の梅雨入り/梅雨明け/梅雨日数データ

梅雨明けの遅れ、というより日照時間不足が不作の原因という方がしっくりくるかもしれません。本当の所はわかりませんけどね。

「リーチング(leaching)」を植物や葉などの言葉と一緒にググると、結果の多くは、葉面散布肥料の販売元。 中立な情報...

成長期に雨は必要だけど、多すぎてもよくない(葉からの流亡についての記事はこちら)し、日照りばかりでも、やっぱり木が大きくなれないまま、実をつけ始めるし。

まあでも、気候はどうしようもないから、植物が気候に合わせていく、これまでもこれからも。

あまり余計なことをしてそれを邪魔しないようにしつつ、観察していこうと思います。

少なめだったので、綿繰りも早々に終わりました。それでも自分の播種用のタネは、まあまあ充分な量が確保できたので、少し販売用にもまわせると思います。品種によるのですが(汗) いましばらくお待ちくださいませ。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします!

+10

冬枯れの綿畑

綿の実の皮がひび割れたようになっています。

一度凍って解凍されたのでしょう。最低気温が0度を下回る日が増えました。

綿の木のほとんどが枯れて、残った実ももうあまりキレイに開きそうにありません。

いつもの年なら、まだまだふっくらした実が残っていて、持ち帰ろうか、畑で開くのを待とうかと悩むのですが、今年は不作。そんな必要もなく、ほとんどの木を倒しておしまい。

葉野菜や大根・カブなども、さすがに霜にやられて元気がありません。また来月か再来月に来る頃まで生き残れるか微妙。冬を越えられれば、春、早いうちから収穫できて助かるんだけど。

ベランダの鉢植えの綿たちは収穫後もそのまま。

冬越しして、また来年新芽をつけてくくれるかもしれません。

+5

12月のベランダと綿畑

私事でいろいろと気を散らされたり、チャルカの動画編集が進まなかったり、YouTubeチャンネルの登録者が100人超えた(ありがとうございます!)のに、何故かURL変更できなかったり、なんかいろいろ行き詰ってます。

そんな感じで12月に入りましたが、気づいたらもう2週間以上ブログも書いていなかったので、ちょっと畑の様子など記録しておきます。

ちなみにベランダでは緑綿の花が咲いています。実はつかないだろうけど。

画像の奥の方にぶら下がっているのは和綿の茶。

今年はまだ畑に霜が降りていません。乾燥した晴れも続いているし、本来なら今もたくさん収穫できていたのだろうけど、長梅雨が響いたためか、やはり今年の収穫量はいまいち。

タナ綿と落ちそうな和綿の茶

播き時期のずれた和綿の茶が少し残ってて、まだこれから開く実もあります。やっぱり時期が揃っていない方が、少しでも生き残る可能性を高くできるなと思います。

サヤエンドウの播種はたしか11/10。まあこんなもん。あまり大きくなったり、立ち上がってツルを絡ませ始めてしまっても、寒さや風でなどで傷んでしまう可能性があるので。冬の間は低めに。

サヤエンドウとライ麦

ライ麦もこのところの暖かさで冬の前に大きくなりすぎるかなと思ったけど、雨が降らないことが幸いしてか(?)、それほど大きくならず。これもちょうどいい大きさ。

津田かぶと収穫物

いい感じの津田カブになってくれた!のは上だけ(汗)。下のはたぶん他の菜花系の性質が混じってるタネだったようです。葉っぱにとげがあるし、根の形も大根っぽいし。今年購入したタネだったけど、まあこんなこともあります。

12月なのにやっととれたトマトと、葉物とカブが最近の収穫。右上の大きいブロッコリーは、畑からの道中、農家さんで購入したもの。ウチのブロッコリーは全然蕾の気配なし。

今年も畑に行くのはあと1回か2回かな。

+5

綿以外の畑の様子・冬野菜

綿が紅葉したり枯れたりしているなかで、畝間に植えたブロッコリーが少しそれらしく育ってきました。

でもねー、これ種まきしたの、3月か4月。

普通ブロッコリーの播種時期は、春か8月頃で、冬の収穫。又は春播きで初夏までの収穫らしいです。

でも、うちの畑は全般的に成長がゆっくりなので、春まきで6~7月収獲なんて無理で、夏を越えられた株が冬までに何とか収穫までいけるかな?ってカンジ。

10月頃、他の秋まきの畑とようやく揃ってくる(汗) それもすぐ抜かされるけど。

とはいえ、この大きさだと今年中の収穫はムリかも? 来年の春??

和綿・ブロッコリー・緑綿

このところ、ほぼずーっと晴れているせいか、他の秋まき野菜もそれなりに育っています。

綿があまり大きくならなかったり早く収穫が終わったりで、早いうちから空いたスペースに種まきができたせいもあるかも。

小松菜とザーサイ(とノビル)

いつの間にかザーサイの周りがノビルだらけになっていました。ザーサイはこの時期これぐらいだと小さめ。根元がちゃんと太りそうにない。

以前区民農園で栽培した時は、たぶん前年の利用者さんの肥料が残っていて大きく育ったんだけど…。とりあえずタネとりできればいいなと期待してます。

みやまこかぶと津田かぶ

右側は松江の名産・津田カブ漬け。以前、池袋のジュンク堂書店にある野口種苗コーナーに種があって、島根出身の夫が以前買ってきました。以来何度か種まきしているのですが、イマイチこちらの気候では育ちにくいのか、難しいです。

トマトとトウガラシ

夏野菜も成長の遅かったトマトとトウガラシがようやく赤くなってきています。でも霜が降りたらお終い…と思いつつ、なかなか今年は霜が降りないね?

晴れ続きで雨が降らないこと(約ひと月)も、ちょっと心配。まだそれによるダメージはなさそうで、どちらかというと、うちの畑にしてはよく育ってる冬野菜たち。

12月以降は畑に行く回数が減るので、あまり成長されても困るんだけど(汗)

+8

ヒンメリ動画とライ麦のワラのこと

ようやくYouTubeにヒンメリの動画を投稿できました。

この画像クリックでYouTubeにとびます。よろしければ、チャンネル登録・評価などもいただければ嬉しいです! 

ヒンメリ用ライ麦のワラの収穫について

栽培地は関東平野の中央辺り。5月下旬頃~6月中旬くらい、色づいてくる頃、様子を見ながら少しずつ収穫してます。

麦は食用にしてないので、穂は翌期播種用とディスプレイ用に必要なだけ残します。

穂が未熟なうちにワラ優先で収穫するものも多いです。

畑の色づき始めたライ麦

穂の重みがかからない方があまりワラが曲がらなくていいかもしれませんが、実際どうなんでしょう…。穂が下向き加減になってきた頃からワラの色づきが濃くなってきてたような気もして、結構迷うところです。

ヒンメリ用ライ麦のカット

畑でカットする時は、だいたい節ごとにカットして持ち帰ります。

持ち帰ったら、乾く前に早めに、販売用として適当な長さにカット。このカットがけっこう難しいというか、ここも迷うところ。

基本的に配送用の箱に合わせているのですが、節の位置は様々だし、真っすぐ長くてきれいなワラでも箱に入らないものはカットせざるを得ず…。

カットするにしても、どこでカットするか、長さをどれに合わせるか、短いものが多くならないように…とかいろいろ考えてしまいます。まあ、あまり悩んでも時間ばかりかかって仕方ないので、ちゃっちゃとやろうと思いつつ、どうしてもね(汗)。

ヒンメリ用ライ麦の乾燥と保管

お天気によりますが、大体1週間程度、ベランダでひっくり返しながら乾燥させて、転がる時の音が軽くなったら、干し上りとしています。

干しあがったワラも、風通しよく保管しておかないとすぐ梅雨でカビてしまうので、こんな風に中空保管にしています。

これでも100本中1、2本は黒ずんで、中の方にカビが出ているようなワラが見つかりますが、以前箱に入れていた時よりはずいぶん少なくなりました。

おかげ様で、今年は収穫した分はもう残りわずか、Lサイズは完売です。M・Sサイズとお試しサイズもそれぞれ在庫が少なくなってきていますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ(CreemaSTORESへ)。

クリスマスや冬のちょっとした飾りつけ、オーナメントなどに!

+6

紅葉してきたベランダの綿と動画の予定

ベランダの綿の葉、全体が赤みがかってきました。

実が落ち続けていた鉢の綿も、最終的に1株4つの実が残って、実も開いてきています。

直径も深さも15cm弱の一鉢で、8個の実が採れそう。小さな鉢の少ない土で、よく育ったほう? 肥料やってたからかな。

ヒンメリの動画を作成中。夏頃からクリスマス前に作りたい…と思っていて今頃になってしまったけど(汗) 

あとできれば年内にチャルカの動画を…と思っているけどー。どーなるかな。

地機布14も年内に織り終わって服にまでしたいけど…終わらせたらそれも動画にまとめたいけど。こんな感じで予定ばっかりいっぱい詰まらせてまーす。

動画に期待していただける方は、ぜひチャンネル登録お願いしますm(_ _)m 登録者100名になるとチャンネルのアドレスを短縮できるらしいのですヨ。

いまこんなに長いのです^^;

https://youtube.com/channel/UCwK_r_H4YyL-aA-xFQP7VcA

すでにチャンネル登録してくれている方、評価くださってる方、ありがとうございます。とても嬉しい。ブログ記事にイイネしてくれる方もありがとう!

+5

ライ麦の発芽・トンボのいる畑

昨年のライ麦の播種は11/1でした。昨年の発芽の記事はこちら

暖かい日が続いたとはいえ、やはり遅かったようなので、今年は早めに、10/6に1回目の播種。

何となく今年は10月に入って肌寒い日も多いし、日照時間も少ないので…まあ、これからどうなるか判らないけど。

ライ麦発芽・発根

ライ麦発芽

もしこの後、暖かい日が続くようなら、冬前に大きく育ちすぎてしまうかもしれません。

まあ、そしたら少しずつ播きなおすしかないですね。

ライ麦の芽は、その色合いが美しくて、ついついたくさん撮影しすぎてしまいます。

この色合いの時期は、発芽後長く続かないので、もしライ麦を栽培されている方は、ぜひ見てみてください!

オーツ麦も同時に播種しました。こちらは普通に麦の芽です。

根っこはライ麦と同じように、細かい根がたくさん出ていて頼もしいカンジ。

画像はクリックすると拡大画像が見られます。

燕麦(エンバク) オーツ麦

畑で交尾してたトンボ。どこで産卵するつもりなんだろう、少し離れた公園まで行かないと水場はないような…

と思って帰宅後、調べたら、土の上に産卵する種もいるらしい。

調べたサイト1(こっちだとヒメアカネ?)

調べたサイト2(こっちだとリスアカネっぽい?)

そういえば昨年もトンボの交尾は目撃してたので、もしかしたら子孫?(汗) この畑は高台で、乾き気味と思っていたけど、春先にはオケラもいたし、たしかに土質は変わったようです。土の接写画像を見ると、ちゃんと団粒構造になってるし。合わせて対応しなくては。


今年収穫し、ヒンメリ用に販売していたライ麦のわらは、大変ありがたいことに、残り少なくなりましたm(_ _)m

MLサイズは僅少、Sサイズ他麦の穂などはまだ少しありますが、クリスマスなどに向けて検討中の方は、Creema または STORES でお早めにどうぞ!

+6

畑とベランダの綿の様子と通販関連のお知らせ

前の記事以降、綿は順調に開いています。

まだ主に和綿ですが、白い花が咲く方の緑綿は、例年通り早めの開絮となりました。

開花は和綿より1~2日遅れの8/1、開絮は(気づいたのは)9/11。

2枚目の画像のような状態で発見したので、開き始めたのは2~3日前かもしれません。

開花から開絮までの期間は、今が一番短いと思われます。

気温が下がる今後は、より長くかかる一方です。私はこの頃から少しずつ、蕾を摘み始めます。

木の大きさや、既についている実の数や、大きさを観察して。

実が開くまで、熟すことができそうな状態か予想しながら。

ただ、この間引き行為が、綿の木に対して、どの程度の影響があるかは、わかりません…。

今年は収穫量も少ないだろうし、木も小さいものが多いので、蕾摘みの作業も楽になりそうです。

ベランダでは、開花しては落ちる鉢と、全て実がついた鉢があって、何が違うのかなーと考えています。

この3枚目の画像の木は高さ50cm弱ですが、5つ、開花したすべての実が大きくなっています。

Creema で昨年分の実綿を値下げ予定

今年はスピニングパーティーが中止になってとても残念。でもHPをみたら、来年の日程が掲載されていました。2021年は10月2~3日です。

収穫が始まると、昨年分との混同を避けるために、毎年スピニングパーティで値下げ販売していた実綿ですが、今年は早々にCreemaでやるつもりです。

早ければ来週中、遅くとも今月中に開始予定ですので、よかったらCreemaにのぞきにいらしてくださいませ。もしかすると、繊維の方もまとめ売りするかも。

+2