参考文献・リンク一覧

綿の種の無料配布・販売サイトまとめと選び方

私の独断と偏見で(汗)、掲載していますので、ご了承ください。もし載せないで欲しいなどの要請がありましたら、即対応いたしますので、お手数ですが、ご連絡いただけましたら幸いです(問合せページ)。

また、洋綿の白を配布しているサイトなどは含めていません。

洋綿の白は、法律で国内栽培を禁止されているタネである可能性が高いためです(詳細はこちら)。

洋綿と和綿の違いについてはこちらをご覧ください。

綿のタネを無料配布・プレゼントしているサイト

たいていは期間限定・品種限定(和綿の白)・送料は負担。また、栽培環境やタネの選別をしているかどうかなどは不明なところもあります。まあ無料ですからね。

有名どころ。私も30年位前に(汗)、送っていただいて、育てた覚えがあります(上手く育ったかは覚えていない)。リンク先は2020年の配布詳細ページです。

こちらも和綿では有名どころ。ページ下部にプレゼントに関して記載が有ります。栽培の様子などはブログからご覧になれます。

その他、綿の産地だった自治体や、布団屋さんでも配布しているところがありますので、検索してみてください。できれば、栽培地が近い方が育ちやすいと思いますので、探してみましょう。

余談ですが、無料配布してくれている方々には、発送作業だけでもたくさんの手間をおかけすることになります。できるだけ問合せなどは避ける、最小限にとどめる、申込内容に不備が無いように等、配慮が必要かと思います。

綿のタネを販売しているサイト

価格以外の比較できる要素として、栽培の様子などの情報を載せてくれているサイトのみ集めました。タネを仕入れて販売しているサイト・メルカリなどで安易に販売されている印象のサイトは省いています(独断です)。

こちらは栽培の様子・履歴なども詳しく、SNSからも情報発信があります。非遺伝子組換えであるという証明書も提示されています。

こちらも栽培の様子やタネの履歴、使用農薬など詳しく載せてくれています。栽培記録のブログやyoutubeチャンネル(綿打ちの動画が必見!)もあり。

木綿庵さんは、販売されている洋綿の白が遺伝子組換えかどうか不明なので、掲載を迷いました。が、他にも栽培・販売しているサイトを検索してみて、栽培にも販売にも情報提供にも、ある程度手をかけていると私が感じたのは以上2件でしたので…。

私はこういう方々に続けて欲しいと思っているので、ご紹介しました。もし私が見つけられなかった、皆さんご存知のおススメの販売サイトがありましたら、お知らせいただけると嬉しいです!

綿のタネの選び方

〇欲しい品種かどうか…ただし、植物は突然、違う特徴を見せることがあることも理解しておきましょう。

〇栽培方法などの履歴…自分が同じようにできるかどうか? できなければ、生長や収穫量なども異なってくると考えておくこと。

〇採種地…前述のとおり、できるだけ栽培予定地の環境と近い採種地で選ぶとよいと思います。環境が大きく異なる場合は、やはり生長や収穫量なども異なってくるかと。

と、細かい選び方を書きましたが、やはり欲しいものを手に入れるのが一番!

初年度からうまくいかなくても、2年、3年と選抜採種を続けていくうちに、環境に合うタネになっていくようです。

なので、はじめて、試しに育ててみようか、という感じなら、無料配布のタネなどで十分かと思います。

更に深い興味やこだわりが出てきたら、わたいとやのタネもご検討いただけると嬉しいです。

わたいとやの昨年収穫の実綿・綿値下げと来年の綿のタネ販売について

今の収穫状況からみて、今年2020年は、カラ付き綿花はもちろん、実綿、タネの販売も難しいか、できても少量かなと予想しています。

タネについては、昨年分の販売も、今年は少し時期遅れの販売となり、少量・短期間・品種限定でした。今年分の来年販売も同じような状況になりそうです。

昨年収穫分の実綿・一昨年収穫分の綿などは、在庫処分セール中です。

Creema  〇 STORES

また、つい先日、短い動画を投稿しました。こちらです。よかったらどうぞ!


陸地綿を調べて

松村豊吉氏の文献を調べていた流れで、洋綿、陸地綿についての文献を読んでいる。

といっても、図書館資料を検索、陸地綿の栽培について書かれているらしき部分を複写請求して読んでいるだけだけど。

これまた戦前の文章なので、かなり難解(汗)。

まあ何となく文脈で判断はできるものの、結構楽しく、スマホで漢字辞書を検索しながら読んでいる。

著者にとっては、いかに良い繊維の実を多く収穫するか、ということが優先事項なので、私の「ヒトがあまり手を加えなくても生き残るタネを残したい」目的とは少し違うのだが、それでも読んでいて面白いと思う事柄は多い。

摘心・間引きなど、いろいろ実験してみたいとは思うけど、今は、特に今年はタネを残すだけで精一杯かも。

1枚目の画像は先週の綿畑、一番花と思われる緑綿。幹から伸びる結果枝の様子を画像に残したくて、それがよく判る位置からと撮影したら逆光だった。

朝5時前に行っても草刈りやった後は暑くて長居して観察とかできないんだよね(汗)

2枚目は翌日咲きそうな蕾をつけた和綿。と蜘蛛の子。確か前にも記事にしたと思って検索したら、やっぱり同じ時期。今年は畑のあちこちで蜘蛛の子の巣?を見かけ、生き物も増えてるんだなと嬉しくなった。


松村豊吉というひと2

松江歴史館と島根県立図書館郷土資料室で見つけた本が『出雲木綿の歴史』。流し読みでは松村氏に関する記述は見つからず。

郷土資料室では、事前に所蔵しているのを確認していた、2014年の企画展(前の記事内に書いた)の図録(?)を無事発見。

更に司書の方にダメもとで「松村豊吉氏に関するもの」と聞いたら出してきてくれた、『素行』という冊子(?)のコピー集。松村豊吉氏に関する連載あり。

どちらも必要な部分はコピーをお願いして、ゆっくり読もうと思っていたが、コピー集は綴りの紐を外さずにコピーしたらしく、端の字が斜めになって読みにくい。その場で気づけず指摘できなかったのが失敗。

厚めの綴りだったから当たり前に外してコピーしてくれると思い込んでた。図書館コピー担当職員としては当り前じゃないのか??

まあ何とか読めないことはないが、加えて、昭和30年前半の文章のため、少し難解。漢字も文脈で何となく判るけど、いちいち確認したくなる(汗)。「愈々」とか「齎される」とか「態々」とか…。

とまあ、いろいろあったけど、とりあえず松村氏とその栽培法について少し知ることができた。まだほんの一部だけど。


松村豊吉というひと

来週、松江に行く予定になり、せっかくなので近くに綿に関する施設やらないものかと、少し検索していて見つけた人。前回数年前の帰省時に探した際、特にこれと言って見つからなかったのだが、その帰省と同年に企画展があったらしい。時期はズレてたけど。

山陰中央新報社 記事「日本で初めて陸地綿の栽培に成功 松村 豊吉(松江市ゆかり)」(お子様向け記事でふりがなが多く少し読みにくい。そのうちリンク切れするかも?)

すごい人みたいに書かれているけど、その割にはあまり情報がない。記録達成したほどの栽培方法について門外不出?なのか、全く判らず。

今も「松村豊吉」の名を出して栽培している畑はあるようだけど、その方法と結果については不明。もったいないね。

そういえば先日図書館で借りて読んだ『生活工芸双書・棉』にも記述は確か無かったような。

ネットも広く浅くな感じの情報は多いけど、深く突っ込んだ情報にたどり着くのがどんどん難しくなっている気が。

多収を一番に目指しているわけではないけど、栽培方法にはやはり興味がある。もし松村豊吉氏について詳しくご存じの方がいらして、教えてくださるなら嬉しいですm(_ _)m。

画像は記事とは無関係、チャルカで紡いだ錘を撚り止めするために水の入った鍋に入れたところ。弾いてる。


感動した―田畑さんの冊子

綿好きなら知らない人はいないと思う鴨川和綿農園さん。以前発行されていた冊子『わたわたコットン』の創刊からの4冊は、私が畑をはじめた10年近く前に知人から譲り受け、当時一通り読んでいました。そしてつい先月の綿つむぎの会の際、参加者さんが『わわたネット21』の創刊号を貸してくれたのです。

和綿の地方品種30以上について、栽培した経過、品種の特徴などが書いてありました。茎や花の色、実のつき方、繊維の長さ、太さ等々。もちろん、その年の、その栽培環境でのデータであるのでしょうが、それでも私の疑問だったこと、推測していたことに関しての情報が沢山載っていて、読んだときは本当に興奮しました。そして、これだけのデータを集め、まとめるのがどれだけ大変だったことかと…。

改めて『わたわたコットン』も読み直してみると、和綿の地方品種特性について簡易版の表も載っていました。でもまだその頃の私にはピンと来なかったのでしょう。昨年大島を栽培して、松江の綿(たぶん伯州綿)との本当に明らかな違いに気づくこともでき、ようやく私の準備(?)が整ったということなのかもしれません。

そうして、まだまだ知らないことが沢山あるなあ、もっと綿のことが知りたいなぁと思ったのでした。


参考文献一覧

順不同・随時更新・敬称略m(_ _)m

綿に関する書籍・冊子・リンク等

ワタの絵本(そだててあそぼうシリーズ)
木綿伝承―手紡ぎ手織り入門 佐貫 尹、佐貫 美奈子
続・木綿伝承  佐貫 尹
木綿口伝 (ものと人間の文化史) 福井貞子
事典 絹と木綿の江戸時代 山脇悌二郎
木綿再生 (ものと人間の文化史) 福井貞子
シルクロードと綿―糸と織物の技術史 奥村正二
綿繰具の調査研究 角山幸洋
考古学からみた古代日本の紡織 東村純子
もめんのおいたち―綿畑から家庭へ (1976年) 日本綿業振興会
棉・麻栽培法 (1951年) (新農業全書〈第8冊〉) 久保健一
やまずめぐる―30年の農的生活を通して 町田武士
きものという農業―大地からきものを作る人たち 中谷比佐子
木綿の本 (1982年) 読売新聞社
無農薬自然流 野菜づくり 他 徳野雅仁氏の著書
野菜の生育―本物の姿を知る 他 藤井平司氏の著書
自然の実りがわかる本 新田穂高、中村 顕治、城ノ内 まつ子
綿圃要務 大蔵永常
日本農書全集 宮崎安貞
わたわたコットン 鴨川和綿農園

「ワタの花色変化への紫外線の影響」生物実験室/実験観察館
綿の実が成長する過程の構造の画像が多いページ (時系列が少し判りにくい(汗))

織りに関する書籍・リンク等

暮らすように織りを楽しむ 福井雅己
手織りと手紡ぎ 彦根愛
弥生の布を織る 竹内晶子

機織り職人の仕事場から
HARU晴織物倶楽部

上記2サイトは、ほぼ独学で織りをはじめた初期から大変お世話になっておりますm(_ _)m

他 たくさんの先人の皆様

ありがとうございます

撮影協力した雑誌

週末田舎暮らしの便利帳

とてもバラエティにとんだ内容、実際にできなくても、読んでみるだけでも楽しいです。印税とか貰ってないけど(汗)お勧め。このお値段はお得だと思います!

発行した小冊子

『しの綿づくり』 2019.9 わたいとや 紙版・PDF版

CreemaSTORESで販売中

ちなみに過去に読んだ本などの記録は別ブログにもあります。すいません、リンクは事情があってしません。リストだけこちらにあります。


撮影協力・追記あり

夏前にお話をいただいて、以下の本の、撮影のお手伝いなどをしました。監修は有機農業で有名な金子美登氏だそうです。

[ 週末田舎暮らしの便利帳 ] 金子美登

「つくるを楽しむ」」項で綿の糸紡ぎを紹介しています。私がお手伝いしたのは綿を紡ぐページだけですが、栽培についてや、羊毛、染色なども広く紹介されているようです。ヤギを飼うお話とかもあるらしい。どうぞ機会があればご覧ください!

追記・現物届きました。ざっと見ただけですが、かなり多岐にわたってカバーしています。盛りだくさんで、この値段でいいの?という感じ。

最近はカッコばかりで内容スカスカなわりに高価な本が多いと思っていましたが(汗)。ぜひ一度見てみてください!印税などは貰ってないけど、おススメです。それぞれの世界へ深入りするきっかけになるかも。