綿繰り具(綿繰り機)について・入手先情報などまとめ

綿繰りの疲れにくい使用方法についての動画を投稿しました→こちら

youtube投稿を始めた頃から撮りたかった動画の一つで、今年の初めから少しずつ進めていたんですが、公開まで半年もかかってしまいました(汗)。

綿繰りキの漢字 「器」と「機」

動画のなかでも少しお話したのですが。「機」と「器」の違いについてはgoogleで検索してみてくださいね。

ずいぶん前に糸紡ぎつながりの友人が「器」の方が合ってそう、というようなことを言っていて、私も「器」の字の方が似合うような(?)気がして、そちらを使うことが多かったです。

今回のサムネも最初「綿繰り器」にしたのですが、動画内の最後で紹介した参考文献『綿繰り具の調査研究』にならって変更してみました(その書籍のなかでは「器」だったような不確かな記憶もあり…)。

今回あらためて『「機」と「器」の違い』で検索して10サイトくらい見てみましたが、説明されている違いを読んでも、どちらにもあてはまるような気がしてきてしまったり。それに現在はあまり厳密に使い分けはされていないような記載も。

まあ工場で使われるような綿繰り機や電動の綿繰り機はやっぱり「機」だろうなと思いますが、それ以外、普通の手動の綿繰り道具は、結局どっちでもいいのかな、と(汗)。

google検索して出てくる販売サイトでは、「綿繰り機」が多いようです。「綿繰り器」でググっても勝手に「綿繰り機」で検索されるし!(「綿繰り器」で指定して検索すると12,400件、「綿繰り機」で検索すると25,800件でした)

ちなみに、Wikiの「綿繰り機」では、最初読み始めは使い分けされているのかなと思ったら、読み進めていくとそういうわけでもなさそうでした(他の内容もちょっと疑問な点があったり(汗)

動画・綿繰り具の疲れにくい使用法まとめ

  • ローラー同士の隙間の調整 こまめに
  • 道具の固定 自分にとって楽な姿勢で
  • やたらに回さない ローラーの全面を使って効率よく回す
  • 休憩を入れる ついでに手入れ
  • 使用中の注意 音・ハンドルからの手ごたえ

中古の綿繰り具の入手先情報 2020.7現在

中古の綿繰り具の入手先として、動画内で紹介しているのは、

  • オークション
  • 骨董市

私が時々チェックしているのは有名どころヤフオク。でもここは、「綿繰り」で検索しても、タグのせいか、関係ない道具も出てきますので、間違えて買わないように注意です(間違えないか)。

以前は、ネットオークションサイトをまとめて検索できるこちらのサイト を使うこともありましたが、結局ヤフオクメインでした。

最近は、メルカリにもあるようです。私、メルカリは使ったことが無いので、何となく…どうなんでしょう(汗)

骨董市情報は以前からこちらのサイトを参考にさせてもらってます。

参考になるかわかりませんが、10年前に川越の骨董市で購入した価格は4000円でしたが、サービスしてくれて3500円でした。持って行った実綿の綿繰りも試させてくれました。

新品の綿繰り器の入手先情報 2020.7現在

ググればまあ出てくるのですが、私の知っているところで、検索上位に出てこないところがいくつかあるので、とりあえず、知ってる限り集めてみました(綿繰り具のページにリンクしています・順不同)。

ちなみにわたいとやは、泉工房さんの綿繰り具以外は、体験程度の短時間ですが使用経験があります。他にも何か情報がありましたら、お知らせいただけますと嬉しいです。

綿繰りについての関連記事

綿のタネをとる方法・手でとる手順と綿繰り器と

綿繰り動画の補足 洋綿の綿繰り

実綿の繊維とタネを手で分ける動画

綿とタネを分ける方法による繊維の違い

綿繰りの前に

綿繰りの時間

B級実綿の綿繰り

新旧?綿繰り器

綿繰りしない猫

 

+7

綿の苗の移植について補足

先日投稿した動画では少し判りにくかったかなと思ったので、新たに画像だけ撮影しました。

先週畑に行った際にまた少し移植をして、その時に。

動画撮影時は、移植するには土が若干乾き気味でしたが、今回はよい状態。

画像のように、苗とほぼ同じ大きさに掘り上げて、周囲の土を丸ごと崩さないように移動させています。

動画でもスコップについて少しお話していますが、私のこのスコップは一般的なもので、ホームセンターで500円ぐらいだったかと思います。

裏側にこんな感じの補強がついていて、厚みもそれなりにあって安定しています。

畑を始めた頃、これがついていない100均のスコップを2本くらい折ってしまって、その後、無印の700円くらいのよさそーなものを奮発して使っていたけど、その頃借りてた区民農園に忘れたら盗まれてて(汗)、その後、購入したもの。

もしこれから購入される方は、この補強がついているかどうかだけでも、チェックしたほうがよいと思いますよ~。

+4

地機布14 糸綜絖作りから織り始め

(2020.9 動画サイズをギリギリまで落としました。これまで重くて見られなかった方がいらしたらスイマセンでしたm(_ _)m)

糸綜絖を作っている動画です。最初の頃は、書籍などを参考に、二本の棒のあいだに綾を作るだけの糸綜絖を作っていました。

が、数年前に教えてもらった方法があって、それがこの動画に近い方法。近いというのは、この動画の方法は、それよりさらに変更を加えてみたからです。

…って、動画を撮ってから、youtube動画を検索してみたら、こういうやり方の動画がいくつかありました(汗) なんだ、こっちのやり方が本来の方法だったのかな? 

以前に綿つむぎの会で糸綜絖の作り方をお伝えした方々には、この方法もお伝えしたいな~と思って、動画を公開しました。

見てくれているといいのですが。

たくさん作るのでなければ、綾を作るだけの糸綜絖でも、それこそ輪にするだけでもいいのかなと思いますが、私は今はこの方法がおススメ。

また将来、別の方法をやるようになるかもしれないけど…。

そんなわけで、糸綜絖も作り終わって、織り始めました。地機は織り始めるまでに、三次元的に(?)経糸と道具を揃えるのが難しいです…。

糸綜絖は左右の高さが揃っているかとか、腰に巻く側の棒が奥側の棒と平行になるように経糸は結べているかとか。

ここでズレているとそれがずっと響いて、誤魔化すのに(汗)苦労するので、できるだけいまのうちにキチンと揃えておきます。

腰で糸を張るので、姿勢によっては目視でも気づけないことに、撮影するとわかることもあるので、ちょいちょい補正のために撮影しています。

この画像でも糸綜絖がまだすこーし右下がりな気が…(汗)

+9

動画「綿の移植の仕方・ポイントと菜花類のカンタンたねとり」

今回公開した動画は、綿の苗の移植・植え替えについてです。あと、後半でいわゆる菜花類、アブラナ科の多くに使える、タネとりの簡単な方法。

苗の植え替えについては以前の記事「綿の育て方1」もありますので、そちらもどうぞ。

この動画では、苗の移植のポイントとして3つ語っています。

  • 天気と土の状態
  • 道具 もろくない小さめスコップ
  • 苗の大きさ 小さすぎず大きすぎず

 

それと動画の中で紹介していた本は、読書ブログの方の記録を見ると、2008年に読んで、購入した本でした。

初版は1978年。あっちのブログにも書いていましたが、ホントに昔の本の方が価格と比較して内容が濃い気がします。まあ昔と今の本を一括りにするのもなんですが。

この本は「図説」というだけあってイラストは多いけど、全然薄っぺらくなくて、どちらかというと学術的な雰囲気でとっつきにくい人もいるかもしれません。でも植物好きな人はきっとワクワクすると思います!

ニンジンの葉とかぼちゃの葉の形状の違い、役割の違い、光合成効率の違いとか、巷に溢れてる家庭菜園本には載っていない情報がたくさん載っています。こういう本が埋もれて欲しくないな。

理屈がわかれば、自分で応用が利くというか、工夫ができるし、問題への対処もできる。糸を紡ぐことも織ることも一緒かなと。

 

+4

綿畑のキクラゲとライ麦の穂

…キクラゲ、であってると思うのですが。

生えてきているのは昨年栽培していてた綿の木です。

綿の木の利用方法についてはつい先日記事(こちら)にしましたが、まさかこんな副産物までもたらしてくれるなんて!

キクラゲ好きなので、めっちゃ嬉しいんだけど、ホントにホントにキクラゲかどうかが問題ですね(汗)

雨が降り続いてしまう前にと、ライ麦の穂を収穫し始めています。

ウチでとれるライ麦の穂はだいたい15cm前後が多いのですが、今年はやけに長めな穂があるのに気づきました。

いちばん長い穂で、20cm以上あるかな? 

ライ麦の穂もディスプレイ用として販売していますので、よろしければご覧ください。

STORES ライ麦の穂 20本 自家自然栽培(2020産) ディスプレイ用

Creema ライ麦の穂 10本 自家自然栽培(2020産) ディスプレイ用

 
+3

最近のベランダ 虫とか綿とかライ麦とか

ベランダの矢車草で、ヒラタアブの幼虫らしきものがアブラムシを食べています。虫が苦手な人は見ないでね(汗) 風も吹いてたりでピントが合わず見えにくかったらスイマセン。

ググってみたらヒラタアブは刺さないとのこと。こうやってアブラムシの体液を吸うのだとか。抜け殻みたいな白いものがいくつか矢車草の茎についていました。

アブラムシは植物の汁を吸って、ヒラタアブはそのアブラムシの体液を吸うのですね。ちなみに、テントウムシの幼虫もいて、これまたアブラムシを食べてました。こっちは丸々。

ヒラタアブは今ベランダで蛹。下の画像は鉢に播いた和綿の茶の発芽の様子。タネの殻をつけたまま地中から出てきた場合、その殻をすんなり脱げない芽が時々あります。この画像のは、双葉が少し破けてしまってる。

これまで見てきたなかには、脱げないまま枯れてしまうモノもあったので、殻をつけて発芽するのはあまり綿にとってよろしくないのかと思うのですが…。

播き方が影響して、殻をつけたまま出てきやすくなるのではないかというのは、何年か前に浸水播き実験をした時からなんとなく考えていた仮説。この時、殻をつけて出てきた芽が多かったのです。

ご自身も綿栽培をされている方がその実験の記事を読まれて、コメントで「いつもほぼ全部殻をつけたまま発芽してきたような」と話されていて、もしかして?と。その傾向が現れやすい原因などが何か播き方にもあるのかな、と。

でも今年はちょっともう無理なので、また来年実験できたらいいな~と思ってます…が、まあ忘れなければ、ですね(汗)。ラグラスはタネが熟すと穂の色が変化。いまはベランダで乾燥中。花が咲く前に刈って干したものは薄い緑を保っています。

ライ麦も穂がずっしり重くなって、収穫・乾燥。10本から販売中です。20本以上は少しお得!

Creema ライ麦の穂 10本 自家自然栽培(2020産) ディスプレイ用

+3

地機布14 機巻き

「機巻き」でよいのか、少し自信が無いのですが(汗) たぶんこれも地方や人によっていろいろ言い方が違うのでしょう。

これから織るための経糸を巻く作業です。

できるだけ均等な張り具合で巻き取るために、これから巻く糸側をしっかり固定する必要があり。

以前は夫に持ってもらってたのですが、前回やったときの綿工房さんのアイディアで、ベランダの手すりから紐を張って、そこに縛り付けて糸を張っています。

やってる最中はベランダを開けっぱなしにする必要があるので、虫が多くなる前、暑くなる前に終わらせることができてよかった。

今回から機草も変更。以前はテキトーなカレンダーやポスター、梱包資材などを巻いていたけど、これも綿工房さんから厚めで短いものを勧められ、方眼の厚紙を購入。

今までも、巻始めの結び目の大きな辺りは厚紙を使ってたんだけど、今回方眼厚紙にしたのは、私の考え。

どうも巻いてるうちに右にズレやすいので(汗)、気づきやすいように。

15cmぐらいでカットしたので巻きやすいし、糸にもさほど負担にならない感じ。

このあとは、手前側に経糸を結んで、糸綜絖を作って織り始められるはずだけど、果たして6月中に始められるかな? 緯糸まだ足りないし…(汗)

 

+5

種まき動画第3弾 綿の本葉登場と追い播き2回目

昨晩また動画を投稿しました(早速見てくださった方、イイネくれた方ありがとうございます!)。

追い播きの2回目。たぶんこれで最後かな。…いや、6月1週目ぐらいまで播いちゃうかも?(汗)

今回の動画は少し語ってます。水に浸すこと・浸さないことの話。別にどちらが正しいというのではなく、動画でも言ってるけど、赤一色より、いろんな色がある世界のほうが好きだなぁと思うのですよ。

動画後半にはアリとハチがいますので、苦手な方はご注意を!

+3

地機布14 整経と筬通し

5月はいろいろ忙しくて、全然進まないかと思っていたけど、なんとか6月中に織り始めるために、できることをやっています。

整経は大体このスタイルで定まってきました。

今回はちょっと綾の取り方を変えたので、それがこの先どうなるか…と、まだドキドキ。

自分の記録用・覚書用に、ところどころ動画にも残しているので、もしお試しでやった方法が上手くいったら、また投稿するかも。

無かったらダメだったということで(汗)。

筬通ししてから、延長するための糸を機結びするところまで終了。本数少なくて楽。

次は昨年の5月に綿工房さんに教えてもらった方法で機巻き。ちゃんと覚えているだろうか…。

+3

畑で焚く線香 蚊に刺されて蜂窩織炎になったので

「蜂窩織炎」は「ほうかしきえん」と読みます。めっちゃカンタンにいうと、皮膚の傷から菌が入り込んで炎症を起こす病気。詳しくはググってください~。

二度目です。初めてなったのは、2、3年前の秋。畑で蚊に刺され、まあ、それはいつものことと、さほど気にしてなかったのですが、その後、どんどん圧痛と腫れが酷くなって。

左のこめかみだったのですが、眼鏡をかけられないくらい腫れてきて(お岩さんみたいな)、さすがに不安になり、アトピーでかかっている皮膚科に行きました。そこで初めて蜂窩織炎という病気を知り、処方された抗生剤を飲んでスッキリ治りました。

で、また同じ顔左側、今回は眉間近くです。今回の腫れは前回ほどではないのですが(ものもらいぐらい)、目の近くなのでやはり一応いつもの皮膚科に行き、抗生剤服用中。

綿の双葉についたミノムシ?

二度とも、蚊に刺された箇所をたぶん土の付いた手で無意識にこすってしまって感染し、今の私の免疫が勝てなかったのですね…。

通常でも、蚊に刺されると赤く斑点ができたり、いつまでも痕が残ったりするので、蚊だけは速攻退治。

基本、畑にいる生き物は放置、下手に介入しないことにしているのですが、蚊は明らかに私を苦しめるので。

ただ、私に近寄ってこなければ、わざわざこちらから退治に行くことはしなくて済むので、もちろん蚊よけの線香を焚きます。

わたしが使用しているのはこれ。これを焚いて腰か首から下げておけば、ほぼ、蚊は寄ってきません。畑の生き物にもそれほど害はなさそうだし、そもそも殺虫成分は入っていないようだし。

まあ、長袖長ズボンと軍手は必須だし、それでも稀に刺されることもある。それでも焚いてないよりは、だいぶ刺されなくなるし、ほとんどの蚊は遠巻きにしてるから、顔の周りを飛ばれるわずらわしさも減るのです。

前々回畑に行った時から蚊が活動を始めたことに気づいてたのに、準備を忘れていたので、こんなことになってしまうメンドクサイ体。今は畑用バッグにしっかり入れてあります。

+1