ウスネオイデス一覧

ヒンメリとウスネオイデス3

昨年秋に購入したウスネオイデスというエアプランツ。

全部枯れてしまってはいませんが、ところどころ、枯れた感じの部分があります。

そこを切り離したりしていると、まとめて引っ掛けることができない小さな株ができてしまって、それらをまとめておける、籠のようなヒンメリを作ろうと試行錯誤中。

吊るせる長さで残っているものは2枚目の画像のように、エアコンのホースやコンセント隠しに少しだけ貢献中。

以前作ったものは予想通り壊れたので、その辺にあった木に引っ掛けていたんですが、ライ麦のワラも新物があることだし…と、新たに作りました。

ウスネオイデスの量が少し多くて、ヒンメリが隠れてしまってますが、3番目の画像のようなものです。

この構造だと、内側に隙間ができるので、蒸れなくていいかなと思ったのですが…

やはりウスネオイデスを浸水させた後の重みがヒンメリには良くなさそうなので(汗)、もう一つ作って、ふたつに分けようかな。

ヒンメリ材料のライ麦は以下で販売中です。

すでに徐々に色褪せてきていますので、色の変化を楽しまれたい方はお早めにどうぞ。

 


ヒンメリとウスネオイデス2

10月に購入したエアプランツはまだ健在。ただ、このまま、引っ掛けている大きなヒンメリごとバケツで浸水させるので、ちょっとヒンメリが崩れてきた(汗)。

重みもかかってるし、濡れたり乾いたりを繰り返すわけだからねぇ。とはいえ、ライ麦の藁はおかげ様で完売してしまって、残っているものは短いものばかり。また来年を待つしかない。

今年初めてお試し販売してみて、やはり収穫・調整・選別などに思ったより手間がかかると判ったので、来年は少し値上げするかも。綿と一緒だけど、業界(?)のためにも、むやみにモノの相場を下げたくないし。それなりにきちんと選んで、良いと思うモノを販売していくつもりですので、ご理解のほど宜しくお願い致します。


ヒンメリとウスネオイデス

ウスネオイデスとは画像でヒンメリに引っ掛かっているモサモサしたエアプランツ。

先日表参道まで出かけた際に、国連大学の青空マーケットで衝動買い。

以前から欲しいなぁとは思っていたけど、近所では置いてないし、通販は送料や大きさに不安があり。マーケットのテントから、結構なボリュームでぶら下がっていて、ついお買い得に見えてしまったのだ。

束ねてあったワイヤーを帰宅後に外したら少しかび臭かったので、一本一本丁寧にほぐし、いくつかのヒンメリに引っ掛けて、風通しを確保。とりあえず新たに枯れた部分はまだ無い。結構水遣りに気を遣うので、長持ちさせる自信がないな(汗)。

ヒンメリ用のライ麦ストローは、おかげさまで、残り僅かとなりました。クリスマスオーナメントなどの材料として使用される方はお早めにどうぞ。

Creema
STORES