キット一覧

綿の実ひとつから糸を紡ぐ動画と道具付キット

「綿の実ひとつから糸を紡ぐ」という動画を投稿しました。

7、8年前始めた「綿つむぎの会」で、初めての方にしていただいていたコースです。

種取りも、まずは手でやって貰って、その後綿繰り機を使って、その素晴らしさを実感してもらうという流れでした(当時おつきあいいただいた方、ありがとうございました!)

クリックするとYouTubeへ

会の時は、場所と時間の都合で、撚り止めはしたりしなかったり。撚り合わせる双糸の一本は私の紡いだ糸を使っていましたが、動画では全て紡いだ糸で出来るようにしています。綿の実ひとつ分という少量だからできる方法。

種取りも篠づくりも体験できるキットの内容

今回新たに作ったキットも動画も、ミニブラシ版と、綿打ち弓版があります。キットはどちらも綿の実1つ分付。オプションで紙の説明書と綿繊維3gも追加予定。

…紙の説明書はこれから作成します(汗)。とりあえず動画をよーく見て、指の動きやタイミングなど真似してみるだけでも充分かと思いますが、動画は無理という方もいらっしゃるかもしれませんので…有料ですいませんm(_ _)m。

ペット用ブラシで綿のカーディング

綿つむぎの会で初めての方用に使っていた100均のペット用、スリッカーブラシ。

何しろ少しずつしかカード出来ないので、より大量にやりたい、続けていきたい人には向きません。

が、カーディングの動作に慣れる最初のとっかかりにはとてもよいと思います。

針同士の当りが柔らかいし、軽くて小さめなので動かしやすいのです。

特にお子様や、体が小さめ、力が弱い方におススメ。

ちなみにキット販売にあたって、念の為、メーカーに問い合わせました。2次利用については問題なし、ただし本来の用途ではないので自己責任で…といった回答をいただきました。使用の際はご注意くださいm(_ _)m

といっても、刺さらないような加工がされていて、本格的なハンドカーダーのように使用中に流血することはありません(汗)。針が折れたり抜けたりすることはあるので、その処分にはお気をつけください。

細くて柔らかい針なので、かみ合わせて保管などはしないほうがいいです(これって普通のコットン・短繊維用ハンドカーダーも同じなんだけど、時々かみ合わせた状態の画像を見かける(汗))。

もちろん、ご近所の100均にあればそちらをご購入ください。たぶん同じ品です。

ウチのご近所には無かったのでネットでまとめて購入してキットにしているため、送料その他をプラスした価格にしていますこと、ご理解くださいm(_ _)m

こちらのキットはブラシの分、厚みがあるので、レターパックプラスでお届けします。配送方法について、追跡ができることは最低条件にしているので、スイマセン。

ちなみに、100均ではなく、日本製のスリッカーブラシも販売されていました。やはり質が違いそうなので、そちらをご希望の方は検索してみてくださいね。

自作・綿打ち弓

いくつか弦の張り具合や竹の長さなどを変えて使用してみて、半分ぐらい折る(汗)などしながら、この大きさ、テグスの長さになりました。

テグスが外れにくいように両端に少し溝を作り、一方だけ固定、一方は取り外せるようにします。簡単なので、作れる方はいろいろご自身で作って試されるとよいかと。

ただ、やはりブラシよりも綿の繊維は舞いますし、ブラシの方が均しやすいかな。

綿打ち弓の場合は…

  • 昔の人がやってた方法を体験できる
  • 簡単に自作できる
  • ブラシよりは収納も処分も楽?(汗)
  • 平たいので送料が安くて済む

この辺を魅力に感じる方におススメです。

綿打ち弓版+オプションの繊維3gの場合

簡易スピンドル

これまでの簡易糸紡ぎキットに入れているスピンドルと同じものです。こちらの記事に詳細を書いていますので、よろしければご覧ください。

先日、過去記事を読んでいて、短いながらもこの品の歴史を感じ(笑)、ちょっと振り返ってみたくなりました。もちろん、宣伝の意味もあり^^ でもも...

おまけの綿の実と見本の糸とオプションの繊維

基本的にその時に在庫のある綿の実を、約ひとつ分お付けします。希望の品種がある方はご注文時に備考欄にご入力ください。ない場合はこちらで適当に選びます。オマケなので、ご希望に沿えないこともあります。

オプションの種取済みの繊維3gは、各販売ページがありますので、まずそちらで在庫を確認いただけると確実です。

もしくは、ご注文前にお問い合わせくださいm(_ _)m 綿の実と繊維で色が違ってもOK。

STORESではオプション設定ができない為、Creemaをご利用いただくか、繊維10gからのご購入を検討ください。

見本の糸は、お送りする綿の実か繊維と同じ綿を紡いだ糸を少しだけ。

以前から簡易手紡ぎキットにも、導き糸としてだけでなく、強度や柔らかさの基準になるかな…と考えて入れています。

どれも和綿の実1つ分
品種や糸の太さ等によって一つ分で紡げる長さは様々

でも見本にとらわれず、ご自身の使いやすい、好きな加減を見つけていただけるとよいかと思います。

【綿の簡易糸紡ぎキット】との違い

【簡易糸紡ぎキット】は篠綿から紡ぎます。糸を紡ぐ過程について詳しい説明書・動画付。

今回の【綿の実ひとつから糸を紡ぐキット】は文字通り、綿の実から、篠綿を作る過程も、動画をご覧いただきながら、実際に体験できます。

糸を紡ぐ部分の解説は【簡易糸紡ぎキット】の方が詳しくなるかと思います。

なので…

  • 収穫した綿の近い道に悩んでいる
  • 続けるとか考えてないけどとりあえず体験したい
  • 綿製品が作られる過程の最初からやってみたい
  • 高価な本格的な道具を購入するまでの足掛かり

今回のキットはこんな方向け。更にいえば、ご自身で綿や道具を自作、入手できない方向け。道具も綿もある方は動画をご覧いただいて、何か参考になりましたら、「いいね」や「チャンネル登録」いただければ嬉しいです!

Creemaのギャラリーページ

STORESの道具カテゴリー


初心者向け 綿の簡易糸紡ぎキットの動画 無料公開(追記あり)

以前からお話していたキットの動画ですが、有料予定から一転、無料で公開することにしました。こちらです。

長さは30分強ある(後日目次追加)し、内容は有料級と自負しています。

ただ動画として有料にできるほどのクオリティかどうか、ビミョーだなとの思いもありますし(汗)、他にもいろいろと悩みに悩んで、思い切って無料公開。

まあちょっとした挑戦というか、わたしのなかの試行錯誤。

基本的にはキット購入者向け

キットの説明書はA4 2枚

ただ、こちらは、主に簡易キットを購入いただいた方向け、綿の紡ぎ初心者の方向けの動画です。

内容もキット付属の説明書に沿っているし、スピンドルに関してもしかりです。

情報量としては動画の方が多いですが、若干まとまりがないかもしれません。説明書の方が整理されています。

動画をご覧になって、キット未購入の方から判りにくいとご意見をいただくかもしれませんが…スイマセン、ご了承ください。ご意見は次回に生かせれば。

初めて綿を紡ぐ方も

もちろん、説明書が無いとまったく判らないのかといえば、そんなことはなくて、初めて綿を紡ごうとする人に判るように、かなり丁寧に解説したつもりです。

大まかな内容は、篠綿から糸を紡いで、綛上げ、撚り止め、双糸にするまで。

あとは初心者向けの紡いでいる最中の注意、撚り加減についてのカンタンな解説や、切れたとき、綿が出てきにくいなどの原因と対処など。

紡ぎ慣れている方には「?」という点もあるかも

初心者を卒業して、繊維の繋がる感覚が掴めてしまえば、都度強度を確認したり、篠の出口を押さえたり…などの動作は不要になってくると思います。

撚り加減も、この動画では、切れにくいように少し強めにしていますが、私は通常ここまで撚りをかけません。

あえて、よくない例などもだしています。慣れてしまえば大丈夫でも、初心者の方は避けた方がいい…そんな点も。

それぞれ人によってやりやすい方法があるでしょうから、この動画は基本的な理屈、方法と考えて、これに自分なりのアレンジを加えてみていただければ。

基本的なといっても、私の考える基本です。紡ぎ方は人それぞれ、様々ですし、要は自分が納得する方法で自分の必要な糸が紡げればいいのだと思います。

人にお伝えする際の内容確認にもどうぞ

私も10年以上前、綿工房さんに習って、それから試行錯誤してきました。そうして工夫してきた方法を、数年前から教室のような形態で多くの方にお伝えしましたし、キットという形にして販売もしました。

そのなかで、初めて紡ぐ方が、どこにつまづきやすいのか、どうしたら理解しやすいのかを考えて、蓄積してきた情報を詰め込んでいます。

人によって受け取り方や理解の仕方も違いますので、個別教室のようにそれぞれの方に合わせて…ということはできませんが、基本としてはそれなりの情報かと。

今後、人に教える予定があるなどの方にも、伝える事項の確認などにも使っていただけるかと思います。

改訂版キット販売は11月から・数量限定おまけつき

ご希望の方に、この簡易スピンドルに合う太めのライ麦の麦わらを数本、数量限定でおまけとして同封します。

無くなり次第終了です。ご注文時に、備考欄からお知らせください。

ライ麦のワラはスピンドルに差し込んだ時に、少し割れ目が入るくらいだと動きにくく丁度良いです。

チャルカの錘と同じですね。ライ麦のワラがある方はやってみてください~。

これまでのキットの歴史について、まとめた記事はこちら。

【綿の簡易糸紡ぎキット】

(2020.10.30追記 これまでのキットの説明書との違いですが、画像はほとんど変更、内容も追加・レイアウトも新たにしています。

これまでにご購入いただいた方にも、お持ちの説明書を見ながら動画をご覧いただいて、情報を更新していただければ幸いです。

これまで綿つむぎの会などにご参加いただいて、紡ぎ方法をお伝えした方々も、復習がてら、情報更新がてら、懐かしんでくださるとうれしいです^^)

(更に追記 無料にしたのは、YouTubeで有料動画を販売することができないという理由もあります。

限定や非公開にして、購入者にアドレスを教える、又はメルアドでアクセスできるようにするという方法もありますが、YouTubeの規約違反のようです。特にクラフト系はこの違反が多いらしいので、ご注意ください。

Googleドライブを使って、特定の人に動画を共有するようにもできたけど、なんか、そういうことしても売れなかったらなんだかなぁとか考えてしまって…疲れた(汗))


綛(かせ)あげのポイントとその意味

8月中旬に素手で生葉染めをしてしまい、染まっていた爪もほとんど目立たなくなったので、ようやく綿の簡易糸紡ぎキット向け動画を作り始めました。

その中で、綛上げについてどの程度くわしく説明するか、少し悩みました。綛上げは、後々の作業に響く大事な作業だと私は思っています。でも、最初に紡ぐ糸の量はさほど多くないでしょうし、初心者向けですから、あまり詰め込み過ぎてもね…と。

というわけで、説明動画、説明書では簡単内容になっていますので、この記事で補足していきます。

「綛(かせ)」とはなにか

綛とは、一本の糸が、一定の円周で、輪の状態になっているもの。

円周×本数で糸の全長がわかります。織物の必要量の目安を計算するのに便利です。

精練・染色・糊付けの際にも、この状態でやるほうが、紡いだ錘(つむ)の状態よりも、浸透・乾燥しやすいわけです。

手紡ぎ綿糸の綛(かせ)

糸を紡いだら必ずといっていいほど、紡いだ糸を綛にする「綛あげ」という作業が必要になります(私は錘のまま撚り止めして緯糸に使うこともありますが(汗))。

独学だけでは気づかなかったかも

私自身は糸紡ぎを綿工房さんに習い、その後はほとんど独学。他の様々な作業や「綛上げ」についても、検索して調べたけど、当時は今よりも情報が少なかったです。

そんなわけで綛上げもほぼ我流でしたが、こちらの講座で綛上げや糸の扱いについて、気づけなかったことをいろいろ教えていただきました。

その後も、その行為の意味を考えたり、それに合わせて自分で工夫を加えたりしています。綛上げの出来は、その後の作業に影響が大きく、なかなか奥が深いです。

綛を保管しやすいようにねじった状態

で、キット用は、綛上げについては最低限の情報にして、より深く紡ぎにハマった人には検索してもらおうかと思って、一応検索してみたら…今でもあんまり情報が見つかりませんでした。

数は増えてる気がするけど、…うーん、それほど詳しくはない。まあ無料で公開されている情報だからそんなものでしょうね。

綛あげのポイント3点

  • 糸の巻き方
  • あみそ糸またはひびろ糸
  • 裏表を意識する

検索でほとんど出てこないのは巻き方。あみそ糸またはひびろ糸については検索するとある程度情報が出てきます。裏表については、これも…ほとんど出てきませんな(汗)。

でも、こちらの記事の画像は、巻き方、振り方の参考になりそうです。動画はこちらとか。

糸同士の接点が小さくなるよう、糸同士の摩擦が少なくなるように巻きます。

平行にせず、斜めに。大まかに言うとそんな感じ。

前述の記事や動画のように、そういう巻き方ができる道具がありますが、私は持っていないので、手動。

あまりキレイに揃ったダイヤにはできません(汗)

ただ、多少でも、接する部分が面・線ではなく点であるほうが、染色や糊づけ、乾燥の際にも、ムラが少なくでき、効率もよいのは確かでしょう。

手紡ぎの糸の綛あげはこの巻き方がおススメ

手紡ぎの糸は摩擦で毛羽立ちやすいので、この巻き方にするのは手紡ぎの糸に優しい方法だと思います。

前述の講座受講以前は、特に何も考えず、ただグルグル巻くだけの綛を作っていました。

染色の際などに揉まれたためか、糸同士の繊維が絡み合うこともありました。

が、この方法にして、干す際も、糊付けの際にも、はるかに糸をさばきやすいく、乾きやすくなりました。

糸を繰る、別の管などに巻きなおす作業などの際も、糸を引き出しやすく絡みにくいです。

以上、綛あげのポイントのほんの一部ですが、今されている綛あげに満足できていない方の試行錯誤の一助になれば幸いです。

…でもまだまだ、私も気づけていないことがあるかもしれません。また何か改善点などが見つかったら更新していきます。

キットの動画はあと半分ぐらい。できるだけ判りやすくと、なんだかんだ詰め込んでいたら、30分くらいの動画になりそうです。見るのは30分でも作るのは結構な時間がかかります(汗)。当然ですが。

販売は動画とキットのセット予定。動画無しのオプションを作るかもしれませんが、説明書も改訂予定なので、どちらにしろ今より値上げすると思います。

今の価格で、今の内容でご購入希望の方は、Creema または STORES でお早めにどうぞ。


綿つむぎ用のスピンドルの選び方~初心者向けの紡ぎ方

(2021.5.9 追記 スピンドルを選ぶとき、作る時に参考になるかもしれない動画をYouTubeに投稿しました。その際、この記事も多少書き換えが必要と感じ、少しまとめ直しました。「初心者さんには、手で支えて、手で回すサポート式紡ぎが、どのくらいの撚りを加えたかを認識しやすいという理由で、おススメ」と考えていることに変更ありません)

私はコレクターではないので、使ったことのあるスピンドルはこれだけ。右から、

始めた頃は菜箸で手作りしたのもあったりしました。

動画作成の際、他に2本発掘されました(汗)

綿に向いてるのは?

紡ぐ方式にも道具にも、その紡ぐ繊維に向いたものがあると思います。

ちなみに私が持っているスピンドルは、すべて綿や短繊維向き。

これらのスピンドルで羊毛も紡げないことはありませんが、カギ部分からはみ出るような太めの糸は難しいです。

太めの糸を紡いでも、あっという間に糸がたまって、巻くことができなくなりますから、あまり実用的な使い方ではないかと思います。

サポートとドロップ

基本的にスピンドルで糸を紡ぐ方法は、その紡ぎスタイルによって、大まかに2種類に分類されるようです。

  • サポート式 … 主に床やテーブルなどに置いて、コマのように回す・手で回す
  • ドロップ式 … 主に空中に吊るして回す

よく「サポートスピンドル」と言われる道具は、円盤とカギ部分が遠いもの、「ドロップスピンドル」は近いものという理解がわかりやすいかと思います(カギ状の部分がない場合は、尖っているか、くぼみがある)

  • 「サポートスピンドル」はサポート式で紡げますし、ドロップ式でも紡げます。
  • 「ドロップスピンドル」はドロップ式で紡げますが、テーブルや床に置いて回すサポート式はできません。ただ、手で支えて(サポートして)回すことはできます。

どうです、ややこしくなってきたでしょう(笑)

この「紡ぐ方式」と、「道具の名称」とがごっちゃになって、ややこしいというか、わかりにくい(んー?という記述も時々見かけるので、私の理解が間違ってるのかなと、いつも不安になる)

でも、これでたぶん合ってると思います。間違ってたら教えてください(汗)。

道具の名前は、「スピンドル」で統一した方が、間違いがない気がします…ということで、上記、修正しました。サポートでもドロップでもどちらでも使えるものもあるし…私はもう今後「スピンドル」でいきます!

初めてスピンドルで綿を紡ぐなら

わたしのおススメする初心者向けの綿の紡ぎ方は、手で回すサポート式の紡ぎ方。

その理由は以下2点。

  • 撚り加減のコントロールがしやすい
  • どれくらい撚りをかけたかを自覚しやすい

受け皿などでコマのようにエイヤっと回すサポート式だと、はじめは撚り加減がわかりにくいかと思うのです。慣れてくれば、手に伝わる加減で判ってきます…カンのいい人はすぐできるかも(汗)。

でもやはり初めて紡ぐとき、感覚をつかみやすいのは、手で回しやすいスピンドルを使って、手で一回転ずつ回す方式だと、私は思っています。

なので、手で回しやすいスピンドル、持つ部分が細すぎず太すぎず、自分の手に合う大きさ太さ、長さのものがよいかと思います。

紡ぐ感覚に慣れてきたら

繊維の繋がる感覚と千切れる感覚に慣れてきたら、その頃に糸の強さも安定してくると思います。

すると空中に吊るすドロップ式で、一気にたくさんの撚りをかけられるようになります。

その時のためにも、あまり重すぎないスピンドルを選びましょう。重すぎると、最初、手で支えて回すときに疲れます。

また、それなりに糸を強くしないと、吊るしたときの重みによって切れてしまいます。重みに耐える強い糸を紡がなくてはなりません。

強い糸だけを紡ぎたければそれでもいいのですが、いろんな糸を紡ぎたければ、軽めのものを選んでおき、後から重しになるものを工夫して付け足してはいかがでしょうか。

綿の紡ぎ初心者向き・オススメのスピンドル

ということで、私の綿の紡ぎ初心者向けのお勧めスピンドルは、

  • 手で一回転ずつ回しやすい
  • よく回転する程度の重み、大きさの円盤があって、でも疲れない軽さ

細い糸、太いふんわりした糸など、もし作りたい糸のイメージがあるなら、それに向いたスピンドルを選ぶのももちろんよいと思います。

ただ、それらで上手くできなかった、または最初から自信がないという場合は、上記のようなスピンドルで始められると、上手くいきやすい、紡ぎがスムーズにはじめやすいかもしません。

スピンドルを手作りする時に大事なこと

手作りするにしても、最初は軽いものをおすすめします。

それこそ、自分で重さはカスタマイズできるし^^

手作りする時に大事なことは…

  • きちんと円の中心に軸棒がくるようにする
  • 円盤がぐらぐら動かないように固定させる

スムーズによく回転するように作りましょう^^

羊毛用のスピンドルで綿を紡ぐときは

繊維の長めな羊毛用のスピンドルは、比較的重めのものが多いので、繊維の短めな綿をドロップ式で紡ぐのは難しいです。サポート式で紡ぐなら特に問題はないかと思います。糸にかかる重みが問題にならないからです。

ただ、羊毛の経験者ならともかく、紡ぎ自体の初心者が、綿をはじめて紡ぐのに適しているかというと、ベストではないかなと、個人的には思います。

理由は、前述のとおり、撚り加減のコントロール性です。

タクリの優れた点とは

タクリはサポート式でもドロップ式でも紡げます。金属なので結構重め。でもこれは錯覚。大きさや見た目との関係でそう感じるだけみたいです。

もともとは、繊維長めな綿を、細く紡ぐのに適した道具なのではないかと思います。

でも、和綿もふつうに紡げるし、太めの糸も紡げないことはないし、なにより、コンパクトで安くて入手しやすい道具(最近は入手困難らしい)。

タクリのいいと思うところは、最初の糸づくりが楽にできるところです。

綿から引き出す最初の糸は、指で撚って作りますが、時々、それがちょっと難しいという方がいらっしゃるのです。

でもタクリなら、カギ部分を綿に引っ掛けて撚ることで、カンタンに糸を引き出せるので、指が上手に動かない方にもおススメかなと思います。

カギがS字上部型ネジフックのスピンドルでもこの方法は可能だと思いますが、個人的にあのカギネジフックが好きではない(汗)ので、使ったことはありません。

タクリもいいなぁと思うのは最初の糸づくりと、下に置いてよく回転する点。ただ、手で支えながら回すのはイマイチ回しにくいし、私にしては重めだし、回転させるときに糸に触れてしまうのが、私的には気になります。紡いだ糸を巻くのも、巻きにくさを感じたけど…これは慣れかな(汗)

入手先例

タクリは国内ではこちらが一番安いのかな? → アナンダさん


カギ針でできた簡易スピンドルは、CreemaやSTORESで販売している「初心者向け「綿の簡易糸紡ぎキット・スピンドル付」に入っています(キットについてはこちらの記事もどうぞ!)。

紡げる綿はあるけど…という方には、お試し用に簡易スピンドルのみも販売しています。STORESでどうぞ。

綿の糸紡ぎ用 簡易スピンドル

 

前述の、スピンドル動画についての記事はこちらです。

以前スピンドルについての記事を書いた時の3本。その後、見つけだされた2本。それらにチャルカのスピンドルを加え、計6本のスピンド...

スピンドル・チャルカ・紡ぎ車など、道具による撚りのかかり方の違いについての記事もよろしければご覧ください。

綿の糸紡ぎは2008年にスピンドルで習って、半年後ぐらいにチャルカを購入、回しすぎで肩が痛むようになり(汗)、足踏み式の紡ぎ車を購入したのが...


【綿の簡易糸紡ぎキット】

先日、過去記事を読んでいて、短いながらもこの品の歴史を感じ(笑)、ちょっと振り返ってみたくなりました。もちろん、宣伝の意味もあり^^ でももし購入を検討中の方は、お読みいただいてから決めてくださいね。

初心者向け糸紡ぎキットのこれまでの経緯

イベント出店の際や通販で販売している、
綿を紡いでみたい初心者・挑戦者向けの品です。

販売開始は2012年で、2枚目の画像みたいなモノ。
その頃の記事はこちら

1枚目の画像は現在のものです。

キットのなかみごとの歴史

中身の構成は現在まで変わらず。

  • しの綿
  • 手紡ぎ糸見本
  • 簡易スピンドル
  • 説明書

○ しの綿(篠綿)

初期は機械製綿のシート綿から巻くだけ(なので値段もたしか千円前後)。

翌2013年からは自分の畑産の和綿白茶を使って、自分でカードをかけて作った篠綿。これは現在まで継続中(画像1枚目)。篠はもちろん初心者向けに考えて作っていますし、当然、初期より現在の方が向上していると自負。

○ 手紡ぎ糸見本 

これも初期からずっと入れています。あった方が絶対いいなと。初心者が最初の段階で目指すといいと思う糸の見本として。太さ、撚り加減などの参考にね。

○ 簡易スピンドル 

なぜ簡易にしているかというと、ちょこっとお試しというだけの方でも気軽に手に取れるように。これなら収納も破棄もさほど負担にならないから。

それにこちらに原価をかけるよりも、説明書をより詳しくすることに重きをおきました。

竹製のかぎ針は最初からずっと購入品。円盤は厚紙で作ってましたが、けっこう大変だし仕上がりも微妙だったので(スイマセン)、2018年から外注。齋藤紙工さんにお願いしました。

お金はかかるけど、そのぶん楽になるかなと思ったら、どうしてもレーザー加工の際に汚れがつくらしく、それを落とすのが少し手間(汗)。でもさすがに仕上がりは美しいです。加工焼けが目立つ物は、柿渋を塗ってごまかしています(スイマセン)。

かぎ針も太さが微妙に違うし(自然物だから)、穴に差し込んでも緩かったりキツ過ぎたりと相性があるので、そこはまた調整というか、合うモノを選びながら。

○ 一番力を入れている説明書 

都度細かな変更・改善をしていますが、2013年に1回目の大改訂。この改訂した時の記事はこちら2回目の大改訂は2017年。

その時の記事はこちら。この改訂はよくよく考えて、できるだけ初心者の方のかゆいところに手が届くようにと書き直しました。

特に綿の紡ぎ方、手順や問題の対処についてはかなり詳しく、細かく項目を追加したつもりです。結果的に字数が多くなり、字が小さくなってしまいました。

でもおかげさまで、Creemaでは良い評価やレビューをいただいています。Creemaの残っている集計データをみただけでも60名以上の方に、その他の通販サイト、スピニングパーティなどのイベント販売を含めると計100名以上の方にお求めいただきました。

感想や作品の画像を投稿してくださる方もいらして、感謝カンゲキですm(_ _)m

今後の改善予定

今後も気づいた点は改訂・改善し続けていく予定です。ご購入いただいた皆様も、何かお気づきの点等ございましたら、お気軽にお知らせくださると嬉しいです。

以前から考えていた、購入者のみ限定動画の案内も早いうちにできればと思っています。動画の編集がなかなか難しくて進んでいませんが…(汗)。

(追記・2020年11月頃の改訂を予定しています)

販売ページへのリンク

↓Creemaへのリンクです。
綿の簡易手紡ぎキット 自家栽培和綿の篠10g付
綿の簡易手紡ぎキット 自家栽培和綿の篠10g付 スピンドル無し

STORES.jpでも同じように販売中。こちらでは簡易スピンドルのみの販売もあります(Creemaでは販売できないっぽいので…)

一応、マーケティングといいますか、似たようなキットを販売しているところはチェックしています。でも、私はうちのキットが一番説明書も詳しく、初心者向きなのではないかと自負しております。

さらに裏話のようなもの

通販記録のカテゴリを追加したので、今回のような開発秘話?出品秘話、いや単なる記録?のような記事も残しておくことにしました。

通販サイトの作品説明文には載せきれないお話がいろいろあって、知って欲しいこともいろいろあります。作品と共に楽しんでいただけましたら幸いです。

<追記> ちょうどCreemaのブログで紹介されていました(こちら)。この記事の準備を始めたのはもっと前からなので、たまたま偶然(汗)。


スピパ準備2 

例年どおり、包装材で悩み中。画像の糸紡ぎキットは使い捨てにならないようシール付の丈夫な袋を使ってきたが、今年は紙箱入りを考えてみた。

箱のほうが袋より綿もつぶれにくいし、出し入れもしやすい。どちらも価格はCreemaと同じにする予定。

数量限定なので、紙箱入をご希望の方はできれば事前にご連絡を。キットに限らず、他の品も事前に連絡くだされば、持込み量の検討が楽なので、よろしくどうぞ。

…これもお願いで、これも例年どおりですが、飲食物等差し入れは、恐縮ですが、お断りしています。荷物は増やすより、減らしていただけると有難いですm(_ _)m

もちろん土産話は歓迎。播いたタネの様子や作品の話など、時間と混雑状況の許す限りはお聞かせくださると嬉しい~。

2枚目の画像は、ライ麦の藁でアンギン編み風な展示物を作成中。これでライ麦も染織材料として販売できるかなと(汗)

追記>例年通り、共同出店の綿工房さんはスピンドルで綿を紡ぐWS開催予定。詳細は綿工房さんのブログへどうぞ!


綿の手紡ぎキット

説明書を改訂しました。これまでより、字を小さくし、情報量・画像を増やしました。読みにくくなるので、字は小さくしたくなかったのですが、それより今回はこれで紡げるようになることの方を優先してみました。

改訂前のキットをcreemaからご購入の方で、ご希望の方には、改訂後の説明書をPDFにしてお送りします。wataitoya@yahoo.co.jpへご連絡下さい。他でご購入の方も、ご希望の方はメールでご相談下さい(改訂前説明書の提示など、購入の証明要)。

 


篠と糸と布と

先日久しぶりに拝島のWSに参加してきました。

かせ糸や織りについての疑問に応えて頂き、次回のスピパや格安スマホ移行についての相談をし(笑)、最後に、WS中に紡いだ糸で服を作るとしたら、どれがいいと思うかと質問。布にしたほうがわかりやすいかも、とのお言葉に、メンドクサイなあと思いつつも(汗)、帰宅してから織ってみました。使ったのは昔ボール紙で手作りしたミニ織り機。まあとりあえず肌との色あわせができればいいかと、適当に織りました。糸が細すぎたので、二本取り。本格的に紡ぐときはもう少し太めにしなくては。。

篠の一番左が、茶と薄めの緑を1:1で混ぜたもの、それに割合を変えて白を混ぜたのが右3本。中二本はあまり違いがないようなので、布は3種類のみ試し織り。

やっぱり一番薄めの白っぽい布のほうが私の肌にはいいかな。濃い方は、どうせならもう少し濃いほうがよさそう。。悩みます。

 


綿の手紡ぎキット

最新の綿の簡易手紡ぎキットに関しては、こちらの記事をご覧ください(2020.10)


数年前からイベント出店の際に販売し、ネットでも購入頂いている綿の手紡ぎキット。先日のozoneクラフトでお買い上げのお客様が、紡いだ画像を見せてくださいました。

こちらこちら。お二方とも立派に糸になってます。私がはじめて紡いだ糸(?)はもっとボコボコでした…(汗)。

ご報告&リンクのご承諾有難うございました。とっても嬉しかったです^^

ネットではクラパカクリーマで販売していますが、先日より、ハンズ・ギャラリー・マーケットにも登録いたしました。お値段はそれぞれ手数料などによって変動させています。支払い方法などの選択もそれぞれなので、ご都合の良いところでどうぞ。

ご近所についでがあれば出店先で購入いただくのが一番お得かと。お教えするのは有料になりますが、実演をご覧になるだけならタダですから、よく見て覚えて行ってくださいませ。


作ルノススメ

自然栽培フェアの日程は台風の影響で27日のみの開催となりました。綿の実からの糸紡ぎ体験ができればと考えていましたが、強風が予想されますので、篠綿からの糸紡ぎ体験(1000円)にする予定。でも当日の天候によってまた変更するかも?(追記・体験は糸紡ぎのみです。織りは場所のその他に余裕があれば、キットご購入の方対象で…)
持って行くのは、今年収穫の棉、種取りした綿、種、綿の糸紡ぎキット、篠のセット、糸と巻物や編み物少し、ボール紙織りのキット「原始機のタマゴ」の予定。それぞれ少しずつしか持って行きませんので、ご希望の方は事前に連絡下さいませ。

「原始機のタマゴ」はたて糸をかけて、糸ソウコウも作った状態での販売です。よこ糸を入れるだけの一回目が終わったら、二度目はたて糸をご自分でかけて、糸ソウコウも作られるよう、説明書に方法を記載しています。といってもこのボール紙機限定のやり方なので、これを発展させてモノヅクリにハマってくれたら面白いな~と思っています。