スピニングパーティ一覧

スピパ終了

今年もご来場有難うございました!おかげさまで小冊子も予想よりご購入いただき、嬉しい限り。ですが、感想が気になる…お時間ありましたら、ご意見などお待ちしておりますm(_ _)m

緑綿の起源について何人かの方から質問がありましたが、このような記事が見つかりました。以前は無かったと思うので、ここ数年でできたページなのかな。

綿工房さんとの話では、記事の地に限らず、茶綿の変種としてあちこちで多少はあったのではないか…ということに。

<追記 Natural Green Cotton Fiber などで検索すると日本語のページより多くの情報が出てくるので、どうぞご参考に。そのうち別記事にしたい…>

さて来年の出店はどうなるか判りません。わたいとやと名乗って約10年、いろいろ思うところもあり。でも、スピパは一年に一度の発表、再会の機会でもあり、前向きに検討したいと思ってはいます。

そして今年の収穫がはじまるので、昨年分の在庫の棉や綿をCreemaで特売予定。ご興味のある方はチェックしてくださいね。<在庫処分特別価格にて販売開始しております>


スピパ搬入

スピパ搬入終了して帰宅してから思い出した殻付き棉の存在(汗)。2018年産実綿と一緒に販売します。殻付のままがよければそのまま計量。10g 300円/ 20g 500円。

例年通り、実棉もタネも昨年収穫分。Creemaより値下げして販売。

今年は緑綿が結構残ってるので、実棉と種取済み綿も半額ぐらい、多分おまけも多めかも?灰色がかった緑綿などもお選びいただけます。

緑綿は既に少し色褪せてきてるけど、糸にして湯で撚り止めしたり、アルカリ水に浸水したりすると緑色が戻ります。

残念ながら、種取済み綿はやはりポリ袋入り。ちゃんと処分されますように。また、ブースは広くないので譲り合ってご覧くださいね。あと差し入れお断りもお忘れなくm(_ _)m

共同出店の綿工房さんのスピンドルで綿を紡ぐWSについては綿工房さんのブログへどうぞ!お会計は別です。わたいとやは基本現金のみですが、PayPalやジャパンネット送金は対応可能なハズ(汗)。ご相談ください。

スピニングパーティーの入場パスなどの注意点は公式サイトをご覧ください。では、明日明後日、お待ちしております!


スピパ準備3とCreemaのお知らせ

綿の収穫から篠綿作り(ジンキ巻き)までという、チョー猫の額的な小冊子を作ってみました。

一応経験者向けに書いたので、かなりマニアックな内容(汗)。

まあ意識してる人は少なそうな事柄について言及したつもり。たとえば…

  •  綿繰り器の効率的な使い方
  •  繊維の向きだけじゃない篠(ジンキ)の巻き方
  •  篠巻の状態と紡げる糸の関係

などなどについて。一部ブログの内容と重複部分あり。

綿つむぎの会で伝えきれなかったこと、近年の考察等、
字数の許す限り詰め込めたかなと思うので、ご興味のある方はぜひご一読を。
スピパで試読可能(常識の範囲内で)。

全カラー12ページ・1冊1,000円、今回のスピパでは限定10冊。

デジタル版も、印刷経費分は価格を下げて、来年春までには販売開始予定

<後日追記>

PDF版800円

STORES.で販売中!

冊子はCreemaでも販売中です。

スピパ出店に伴って、19日木曜日から23日までCreemaでの販売はお休みm(_ _)m。再開は23日午後か24日予定。


スピパ準備2 

例年どおり、包装材で悩み中。画像の糸紡ぎキットは使い捨てにならないようシール付の丈夫な袋を使ってきたが、今年は紙箱入りを考えてみた。

箱のほうが袋より綿もつぶれにくいし、出し入れもしやすい。どちらも価格はCreemaと同じにする予定。

数量限定なので、紙箱入をご希望の方はできれば事前にご連絡を。キットに限らず、他の品も事前に連絡くだされば、持込み量の検討が楽なので、よろしくどうぞ。

…これもお願いで、これも例年どおりですが、飲食物等差し入れは、恐縮ですが、お断りしています。荷物は増やすより、減らしていただけると有難いですm(_ _)m

もちろん土産話は歓迎。播いたタネの様子や作品の話など、時間と混雑状況の許す限りはお聞かせくださると嬉しい~。

2枚目の画像は、ライ麦の藁でアンギン編み風な展示物を作成中。これでライ麦も染織材料として販売できるかなと(汗)

追記>例年通り、共同出店の綿工房さんはスピンドルで綿を紡ぐWS開催予定。詳細は綿工房さんのブログへどうぞ!


スピパ準備

地機布で作る服も少しずつ増えてきて、スピパでの着用お披露目も限界があるということで、こんなものを作ってみた。

一応展示用に作って、昨年のポストカード同様販売用もほんの少し余計に用意。

昨年の前後の記事を読み直してたら、今後、布になるまでのカードも作るようなことを書いてて、あーそれやってな^^;と気づいてしまった。どうしようかな(汗)。


ゆっくりのんびり丁寧に

会といっても最近は一対一で対応している綿つむぎの会。お伝え忘れも少なく済んでいるのではないかと(汗)。質問等ございましたら、後日メールででもm(_ _)m。

先日は、以前スピニングパーティでスピンドルの紡ぎ体験をされた方が、チャルカで紡ぎに。画像は、スムーズに紡ぎ終え、撚り止めした2本の手紡ぎ糸を双糸にしているところ。

細めの糸だったので少し時間はかかったけど、そのおかげか、帰り際に届いたスピパのチラシをお渡しできました。

スピパのA4チラシはこちらで見られます。ワークショップへご興味のある方は申込み開始日をチェック!


新作?

説明と資料の展示用に、画像を印刷する上質な紙を探していたら、はがきサイズの用紙を発見。印刷してみたら、それっぽく見えなくもないなぁ~といい気になって、ポストカードとして販売することにしました。需要があるかは不明ですが…まあ、とりあえずお試し。デザインに悩んで、少し文字の位置が違うだけとか(汗)、いろいろあります。タネはいつもどおり、昨年2017年産のものです。小袋に入るだけ、50粒前後で¥300。残っている和綿白・和綿茶・洋綿緑のみ。1年古いことをご了承の上でどうぞ。

で、ようやく明日明後日で綿と篠の準備。長いこと袋に圧縮して詰めこむと繊維がへたったり、クセがついたりということもありそうなので、できるだけ開催近くにと考えていたら本当にぎりぎりになってしまった。

 


スピニングパーティ

今年は行こうか悩んでいたのですが、ちょうど都内へ行く用事が入ったので、ちょっと足を伸ばして行くことにしました。

昨年も購入した無臭柿渋。昨年の残りが固まってしまったことを話したら、それを布に塗りつければいいと教えていただきました。なるほど、糸の状態で染めることばかり考えていました。さっそく何かに・・・と思ったけど、そういえば、もう支柱に塗りつけてしまって空なのでした。

今まで使っていたハンドカーダーはいただきもののウール用で小さめ。もう少し大きめで・・コットン用も使ってみたい・・・と探しましたが、売っているところがあまりなくて、結局ルエのものを購入。一応試用させてもらったけど、・・・どうかなぁ。

紅花餅。今年は紅花を育てて、収穫して乾燥した花びらを少量保存してありますが、本来の紅花染めがどんなものかを知りたくて買ってしまいました。この薄っぺらい紅花餅一枚で、花100個分ぐらいだとのこと。大事に使わないと。

そのほか、いろんなところでいろんなお話を聞かせていただいて、たいへん勉強になりました。