リメイク一覧

夏の畑用ズボン タイパンツ改造

真夏の畑でも長ズホンは必須。だからできるだけ薄くて涼しく感じられるモノに。

3~4年前にそれまで履いていたズボンに穴が開いてしまって、つくろって使っていました。が、何年も履いて洗濯して、生地も弱ってきていたのでしょう、穴はどんどん増えていき。

さすがに微妙な感じになってきたので、昨年、高島縮の生地でズボンを作りました(その時の記事)。画像のこの生地ですが、ずいぶん前に松本クラフトで買ったもので、薄手で生地もたっぷりお買い得で、スカートや部屋着をいろいろ作りました。

この生地は縫い目の乱れもさほど目立たず(汗)、伸縮性もあって、ピタっとした服が苦手な私のお気に入りでした。

で、まあその残りで作ったズボンを今年も履いていたのですが、手縫いなこともあって、座りこんだ時など心配になったり、生地の量がギリギリだったので少し丈が短いなどの不満もあり。

部屋着には十分なのだけど。動きの激しい畑用には不安かなぁと、真夏に涼しく履ける長ズボンを探して見つけたのが、タイパンツ。そんなに高くないし、構造が知りたかったのもあって、買ってみたのがこちら。

(私が買った時より値上がりしてる(汗))

届いたものを着てみると…

  • やっぱり生地は高島縮のほうが涼しく感じる
  • 腰ひもでの着脱が手間
  • 裾が広すぎて自転車乗る時危険

ということでリメイクしました。画像は改造後。

腰はゴムを入れ、裾は腰についていた紐を通して、少し調節可能に。紐以外は生地にハサミをいれずにできました。

裾がすぼまっているモンペ風は暑くて苦手なので、裾を絞るのは自転車乗る時だけになるかな。

畑の服は洗濯回数も多くなって、消耗が激しいので、いつまでもつかわからないけど。

 


最近作ったものとか

これは作ったものではなくて、解体中の竹筬。春に川越の骨董市で入手した、ちょっと筬羽が斜めにクセがついていたもの。立てて保管するとこうなるらしいけど、本当にそのせいかどうかはわからない。

一枚一枚割らないよう解体して、順番通り並べ、椿油で拭いて紙でまとめておく。少しでも癖が戻るように。が、1cmに筬羽20枚入っていて、なかなか終わらない。この記事は息抜きに書いている(汗)。
1cmに20枚ってすごいよね。しかもこの筬、全体的には斜めにかしいでいたけど、羽自体は形もよく揃っているし、割れも少なくて、巻きもしっかりしてて、解きにくい(汗)。どんな布を織ってたんだろうなあ。

2枚目の画像は夏の畑用ズボン。数年前に松本クラフトで購入した高島縮の布で。シャツ2枚は無印のダブルガーゼの長袖だったのをリメイク。色と形のバランスが私には微妙で。しばらく上着でごまかしていたけど、思い切って夏向けに。