収穫高一覧

2021年の収穫高

夏の終わりには不作予想を立てましたが、数字にすると笑っちゃうくらいの量。

和綿の白と茶は、作付面積を昨年より1.5倍拡げたにも関らず、収穫量は変わらず。

トルファン・タナ他洋綿は逆に狭くして、まともに育ったのは1~2本になった品種もあったけど、それにしても少ない。

栽培してる主な綿の収穫量(実綿/g)

不作の原因は正確には判らないけど、天候と成長のタイミングなど以外で思いつくこととしては、腰痛による雑草管理不足。当時の記事は呑気な感じですが(汗)

雨と腰痛のため、2週間以上ぶり。 予想通り、雑草がなかなかすごいことになっていました。畝と通路の判別が私でも難しいくらい...

ちょうど雑草が元気で、綿もこれから成長という時期に2週間以上畑に行くことができなかったんですね。

地上部より、地下、根の成長への影響があったのかもなーと。

でもこれだと赤茶の収量の多さは説明できないので、やはりいろいろ複合的な要因があるはず。

播種を早めたことによる影響はとくに何もなかったような。

初期は播種の早い株の成長が早く見えたけど、夏に近づく頃には揃ってきていたし。

やっぱり充分に暖かくなってから安心して、タイミングをずらしつつ播種するかなーと2022年作付計画を検討中。

ここ数日の暖かさにそそのかされて、播種用のタネの量に余裕があるものだけ、タネ播きしてみました。 綿の播種は大体5月頃から...

ただ、2022年はちょっといろいろムズカシイ。それは実家の畑を2021年で終了したから。

落ちた実から3本並んで発芽した緑綿

この収穫分が減って、2022年は自宅から自転車30分の畑だけ。今、もう少し近隣で探しているけど…どうなるかな。

自宅周辺は23区のわりに空き地や空き畑があるけど、なかなか簡単にはいかない。

もう10年以上借りてる遠い畑の時は、探していることを話していた知人の知人という縁があって紹介してもらえた。必要があればまたそんな偶然があるハズ!と期待したい…まあ必要がなければ仕方ない。

そんなわけで今年もタネの販売はありません。実綿も m(_ _)m どうしても、という方は問合せてみてください。

あと、タネの配布や販売サイトについては、こちらの記事も参考に。

ちなみに昨年までの収穫量は、タグ「収穫高」で見られます。

2008年から栽培していますが、記事として残っているのは2010年から。

私の独断と偏見で(汗)、掲載していますので、ご了承ください。もし載せないで欲しいなどの要請がありましたら、即対応いたしますので、お...

さて、このあと、2021年の綿栽培の様子を動画にまとめます。

では、本年もよろしくお願いいたしまーす!


2020年の収穫高

予想通り、昨年と比較すると少ないのですが、品種によってずいぶん差がありますね。

やっぱりそれぞれの品種によって、それぞれの生育サイクルがあって、その年の気候と合うと収穫量に現れるということなんでしょう。

栽培している主な綿の収穫量(g)
あんまり参考にはならないグラフ

グラフも作ってみましたけど、昨年の緑が異常な感じですね(汗)

そもそも栽培面積が各品種で違うので、品種の比較も、年ごとの比較も、単純にはできないのですが。

ただ、2019年と2020年は品種ごとの面積はさほど変わっていません。

2019年は梅雨明が平年より少し遅くて、雨が多く、日照時間も少なかったと思ったのですが、このくらいがウチの畑の一部の品種には、合っていたのかも(収穫量的には)。

2020年の梅雨明けは、2019年より更に遅れ、日照時間も少なく、木が成長できなかったようで。

2019年の様に大きく育つ木が少なかったです。

気象庁の梅雨入り/梅雨明け/梅雨日数データ

梅雨明けの遅れ、というより日照時間不足が不作の原因という方がしっくりくるかもしれません。本当の所はわかりませんけどね。

「リーチング(leaching)」を植物や葉などの言葉と一緒にググると、結果の多くは、葉面散布肥料の販売元。 中立な情報...

成長期に雨は必要だけど、多すぎてもよくない(葉からの流亡についての記事はこちら)し、日照りばかりでも、やっぱり木が大きくなれないまま、実をつけ始めるし。

まあでも、気候はどうしようもないから、植物が気候に合わせていく、これまでもこれからも。

あまり余計なことをしてそれを邪魔しないようにしつつ、観察していこうと思います。

少なめだったので、綿繰りも早々に終わりました。それでも自分の播種用のタネは、まあまあ充分な量が確保できたので、少し販売用にもまわせると思います。品種によるのですが(汗) いましばらくお待ちくださいませ。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします!


2019年の収穫高

綿繰りはまだ残っているし、畑にもまだ少し実はあるけど、ひとまず今ある残りを実綿で量って集計。数字は実綿の総量(g)。良い実もそうでない実も含む。

今年は梅雨明けが平年より約2週間遅れて、どうなることかと思ったけど、綿繰りが嫌になる(汗)ほどの量が収穫できた。各品種、2018年と場所も面積もほぼ変えていない。

特に緑綿が木の生長もよく、収穫した実も濃くてしっかりした実が多い。10年かけて、ようやく土と綿がなじんできたのかも?場所による成長のバラつきも目立たなくなってきた。

こうしてみると、植物というのは2~3年続けたくらいでは判らないなあと思う。まあウチの畑が浮き沈みが激しいだけかもしれない。農薬はもちろん、施肥も水遣りもビニールマルチもしないので、ほぼ自然任せ。だから、その年の天候に大きく左右されやすいのかも。

そんな中でも、シソ綿は比較的安定しているといってよい数字。印象だけではなかった。寒い地方の方には挑戦してみる価値があるかも。

2016年以前の数字は過去の記事をどうぞ。検索BOXか、「収穫高」のタグから。


2018年実家畑の収穫高

ようやく帰省して、遅い種まきを終えてから、昨年分の綿繰りの残りも済ませた。

(実綿で保存している分もあるので、それは繊維量を大体の割合で換算した合計)

和綿白 663g
和綿茶 450g
洋綿緑 962g

白は発芽後の生育が芳しくなくて心配していたけど、収穫量を見るとそれほど悪くなかった。今織っている布が終わったら次は白を沢山使う予定なので、今年も白多めの種まき。でも、実家のほうはあまり期待せず、ある程度収穫できればそれでいい。

帰宅したらスピパのDMがきてた。サイドバーでは少し前から告知してたけどね(汗)。イベント詳細はリンク先をどうぞ。受付の必要なWS希望の方は、申込み受付開始日の確認を!

画像のDMの下に敷いてあるのは、地機布13の試し織りの布。

 


2018年の収穫高

まだ畑には開いていない実が結構残っていますが、今年は一旦締め切りって綿繰り。

※実綿の総量 ()内は2017・2016年分
和綿白   163g ( 37g  338g)
和綿茶   105g ( 91g  347g)
和綿シソ  212g (170g  338g)
和綿大島  92g
洋綿緑   933g (501g 1,394g)
洋綿茶   728g (223g  937g)
洋綿赤茶  413g (230g  407g)

梅雨が短く早くから猛暑が続いた今年。昨年と同じように満足いく成長がみられず、木が小さい頃から開花が始まりました。暑さのおかげか実は沢山つきましたが、小さい木でそれだけ賄えるのかという心配もあり、昨年並みの収穫量になることを覚悟していましたが、12月の初めまで比較的暖かい日が続いたせいか、思ったより多く感じていました。数字を見ても確かに、でした。

早く綿繰り器を梱包したかったのに、なかなか終わらず。ありがたいことなのですが。ま、これで引越し準備が進みます。引越しが終わって落ち着いたらまた実家分の綿繰り(汗)。