収穫高一覧

2020年の収穫高

予想通り、昨年と比較すると少ないのですが、品種によってずいぶん差がありますね。

やっぱりそれぞれの品種によって、それぞれの生育サイクルがあって、その年の気候と合うと収穫量に現れるということなんでしょう。

栽培している主な綿の収穫量(g)
あんまり参考にはならないグラフ

グラフも作ってみましたけど、昨年の緑が異常な感じですね(汗)

そもそも栽培面積が各品種で違うので、品種の比較も、年ごとの比較も、単純にはできないのですが。

ただ、2019年と2020年は品種ごとの面積はさほど変わっていません。

2019年は梅雨明が平年より少し遅くて、雨が多く、日照時間も少なかったと思ったのですが、このくらいがウチの畑の一部の品種には、合っていたのかも(収穫量的には)。

2020年の梅雨明けは、2019年より更に遅れ、日照時間も少なく、木が成長できなかったようで。

2019年の様に大きく育つ木が少なかったです。

気象庁の梅雨入り/梅雨明け/梅雨日数データ

梅雨明けの遅れ、というより日照時間不足が不作の原因という方がしっくりくるかもしれません。本当の所はわかりませんけどね。

「リーチング(leaching)」を植物や葉などの言葉と一緒にググると、結果の多くは、葉面散布肥料の販売元。 中立な情報...

成長期に雨は必要だけど、多すぎてもよくない(葉からの流亡についての記事はこちら)し、日照りばかりでも、やっぱり木が大きくなれないまま、実をつけ始めるし。

まあでも、気候はどうしようもないから、植物が気候に合わせていく、これまでもこれからも。

あまり余計なことをしてそれを邪魔しないようにしつつ、観察していこうと思います。

少なめだったので、綿繰りも早々に終わりました。それでも自分の播種用のタネは、まあまあ充分な量が確保できたので、少し販売用にもまわせると思います。品種によるのですが(汗) いましばらくお待ちくださいませ。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします!

+10

2019年の収穫高

綿繰りはまだ残っているし、畑にもまだ少し実はあるけど、ひとまず今ある残りを実綿で量って集計。数字は実綿の総量(g)。良い実もそうでない実も含む。

今年は梅雨明けが平年より約2週間遅れて、どうなることかと思ったけど、綿繰りが嫌になる(汗)ほどの量が収穫できた。各品種、2018年と場所も面積もほぼ変えていない。

特に緑綿が木の生長もよく、収穫した実も濃くてしっかりした実が多い。10年かけて、ようやく土と綿がなじんできたのかも?場所による成長のバラつきも目立たなくなってきた。

こうしてみると、植物というのは2~3年続けたくらいでは判らないなあと思う。まあウチの畑が浮き沈みが激しいだけかもしれない。農薬はもちろん、施肥も水遣りもビニールマルチもしないので、ほぼ自然任せ。だから、その年の天候に大きく左右されやすいのかも。

そんな中でも、シソ綿は比較的安定しているといってよい数字。印象だけではなかった。寒い地方の方には挑戦してみる価値があるかも。

2016年以前の数字は過去の記事をどうぞ。検索BOXか、「収穫高」のタグから。

+1

2018年実家畑の収穫高

ようやく帰省して、遅い種まきを終えてから、昨年分の綿繰りの残りも済ませた。

(実綿で保存している分もあるので、それは繊維量を大体の割合で換算した合計)

和綿白 663g
和綿茶 450g
洋綿緑 962g

白は発芽後の生育が芳しくなくて心配していたけど、収穫量を見るとそれほど悪くなかった。今織っている布が終わったら次は白を沢山使う予定なので、今年も白多めの種まき。でも、実家のほうはあまり期待せず、ある程度収穫できればそれでいい。

帰宅したらスピパのDMがきてた。サイドバーでは少し前から告知してたけどね(汗)。イベント詳細はリンク先をどうぞ。受付の必要なWS希望の方は、申込み受付開始日の確認を!

画像のDMの下に敷いてあるのは、地機布13の試し織りの布。

 

0

2018年の収穫高

まだ畑には開いていない実が結構残っていますが、今年は一旦締め切りって綿繰り。

※実綿の総量 ()内は2017・2016年分
和綿白   163g ( 37g  338g)
和綿茶   105g ( 91g  347g)
和綿シソ  212g (170g  338g)
和綿大島  92g
洋綿緑   933g (501g 1,394g)
洋綿茶   728g (223g  937g)
洋綿赤茶  413g (230g  407g)

梅雨が短く早くから猛暑が続いた今年。昨年と同じように満足いく成長がみられず、木が小さい頃から開花が始まりました。暑さのおかげか実は沢山つきましたが、小さい木でそれだけ賄えるのかという心配もあり、昨年並みの収穫量になることを覚悟していましたが、12月の初めまで比較的暖かい日が続いたせいか、思ったより多く感じていました。数字を見ても確かに、でした。

早く綿繰り器を梱包したかったのに、なかなか終わらず。ありがたいことなのですが。ま、これで引越し準備が進みます。引越しが終わって落ち着いたらまた実家分の綿繰り(汗)。

 

0

2017年実家綿の収穫高

実家栽培分の綿繰りが終わりました。

和綿白 綿 104g
  (+実棉 440g 綿にすると約120g)
和綿茶 綿 170g
  (+実棉 745g 綿にすると約200g)
洋綿緑 綿 135g
  (+実棉1915g 綿にすると約440g)

実綿のまま残している分も多くて単純に比較できませんが、緑・茶はそれほど天候不順の影響は無かったよう。ただ白は若干予想より少なかったです。

いつも緑多めの作付けで、緑2~3:白1:茶1くらいの面積ですが、今年は白を少し増やす予定。

画像は実家で採ったのびる。味噌をつけて食べるのが好きでね。

 

0

2017年の収穫高

少ないだろうと思っていましたが、「2015年収穫高」よりはマシだったようです。昨年の数字とは比べようもありませんが(汗)。

※ 実綿の総量。()内は2016年分
和綿白    37g (338g)
和綿茶    91g (347g)
和綿シソ  170g (338g)
洋綿緑    501g (1,394g)
洋綿茶   223g (937g)
洋綿赤茶  230g (407g)

昨年は特に和綿の成長期・開花期・開絮期の雨が影響したように思います。発芽後からの成長期に雨が少なく、夏になるとしばらくして冷夏、残暑も無いまま、秋の日照不足、長雨。ちょうどウチの和綿の成長のタイミングと合わなかったのかもしれません。開花・開絮期の天候も大事ですが、成長期の十分な雨と日照が、木を丈夫にするためには一番重要なのでしょう。

実家の畑は水田地帯にあるので、土の保水性が高いようです。成長期の乾燥などの影響はほとんど無く、天候の影響で一昨年よりは少ないものの、それなりの収穫がありました。なのでまだまだこれから綿繰りです(汗)。

タネの販売は1月下旬から少しずつ開始の予定です。

 

0

2016年実家綿の収穫高

昨日帰省して、2016年に実家で収穫できた綿の綿繰りを済ませてきました。といっても、実綿で残しているものも多いのですが。

和綿 白  綿 247g (+ 実棉 432g)
和綿 茶  綿 199g (+ 実棉 902g)
洋綿 緑  綿 393g (+ 実棉 396g)
実家の栽培割合は 和綿白1:和綿茶1:洋綿緑2 くらい。3~4年同じ場所で栽培し続けています。私の畑と同じく、一昨年よりずっとたくさんの量が収穫でき、形や色のよい実棉が多かったと思います。

画像は実家の春の雑草と、東京のベランダの季節感の無い亜麻。

 

0

2016年の収穫高

2016年の我が畑の収穫高です。今年は木の成長もよく、実付きもよく、きっとこれまでで一番よいと予想していましたが、綿繰りしながらつけた記録は、期待以上でした。
※ 実綿の数値です。
和綿白  338g
和綿茶  347g
和綿シソ 338g
洋綿緑 1,394g
洋綿茶  937g
洋綿赤茶 407g
タナ綿   923g

各作付面積は2015年とほぼ変わらないのですが、2015年の収穫高との差はどんだけ?というオドロキの数字です。

乾燥しがちなこの畑で、綿の成長に丁度合うタイミングで降雨、日照があったのかもしれません。もしくは約10年の自然栽培、又は連作で、ようやく畑が慣れてきたのかもしれません。ホントのところはワカリマセン。

いただいたタイの綿のタネは、木は順調に大きく育ちましたが、花芽はなかなかつかず、やはり気温が足りなかったものと思われます。11月に入って小さな花芽を見つけましたが、時既に遅しで、珍しい11月の雪が降ったこともあって木自体が早々に枯れました。

画像はタナ綿です。HPに追加予定の情報のヒトコマ。今週中にcreemaでの新タネ、新ワタの販売も開始予定です!

 

0

2015年収穫高

遅くなりましたが、昨年の綿畑の収穫高です。予想以上に少ないです(汗)
(一昨年までの収穫量をお知りになりたい方はサイドバーの検索BOXで「収穫高」と入れてみて下さい)
タネ採り後の綿の数値です。
和綿白・シソ 17.6g
和綿茶 13.2g
洋綿緑 56.4g (+種付約50g)
洋綿茶 6.3g 
洋綿赤茶 5.7g
タナ綿 26.0g (+種付約50g)

成長期、開花期など、それぞれの時期に必要な雨、日照などのタイミングが、昨年は上手くかみ合わなかったのだろうと推測しています。夏が短かったせいか、雨が続いたせいか、いつも安定的に採れていたシソ綿が昨年はほとんど収穫できず。一方で、緑やタナ綿は長く続く秋に多少助けられていたように感じました。

実家の収穫量も少なくて、帰省中に綿繰りが終了。

和綿白 53.6g (+種付約250g)
和綿茶 85.4g (+種付約150g)
洋綿緑 192.6g (+種付約140g)

緑の数字は、白混じりやグレーの緑も含めています。緑の綿として販売できそうなものは、この三分の一くらい。薄い緑もキレイな色なのは変わりないし、それはそれで販売しようと思います。今週末くらいにはcreemaにup予定です。

販売できる種も今年はそれほど多くなさそうです。3月下旬頃から販売開始予定です。それより前に欲しい方、綿つむぎの会などで購入されたい方などはお問合せください。

1/26の綿つむぎの会へお申し込みいただいた方には返信をしております。届いていないようでしたらご連絡下さい。引き続き参加者募集中です~。

0

2014年実家の綿収穫高

和綿白 150g
和綿茶 178g
洋綿緑 190g

これまでで一番少なかったです(栽培面積は昨年の3/4くらい。かなり間引いたので本数は少なめ)。綿繰りはこの帰省中に終了。やはり開く時期が遅かったせいか、中途半端に開いた未熟な綿が多く、種はつぶれたり皮がはがれたりするし、緑は白まじりが多かったし…というわけで、自分用に使う綿がほとんどかな。

畑ではまだこんな状態の綿の実があって、繊維まで凍ってました。

0