和綿一覧

和綿 大島

2020年収穫2021年撮影

タネの出所

確か4~5年前のイベントで、綿の糸紡ぎを実演されていた方からいただきました。

が、同時期に友人からも同じ「大島」のタネを貰っていて、しばらくどちらもベランダで栽培、特に違う特徴もなかったので、いつの間にかごっちゃに、一緒になってしまいました。

どちらも大島であることには変わりないのですが、それまでの栽培方法等は違ったかもしれません。まあそれもウチのベランダで2~3年、畑でも同じくらい栽培しているので、現在はその影響はほぼないと思います。

大島和綿の繊維

実の大きさ、繊維の量、質などは個体差がありますが、他の和綿とほとんど変わりありません。

繊維の長さはやはり測るのが難しく、正確ではないのですが、長いところで約20mm強ありました。

これは私の主観でしかないのですが、若干、シソ綿や松江の綿にくべて、繊維が柔らかい・コシが強くない感じがします。

(画像の実はたまたま繊維量が少し少なめ。後程、標準的なものに差し替えます)

2020年収穫2021年撮影

大島和綿の成長の様子

双葉や本葉の形は他の和綿と同じ。違うのは色。

(左)和綿大島 (右)和綿茶

赤の色素が、他の和綿に比べて少ないので、ウチで栽培している綿のなかでは、ある程度判別できます。

他には、花も実のなりかたも同じ。この点だけを見ていると見分けがつきません。

夏の間は葉も茎も緑で、秋になってくると他の綿と同じように紅葉するので、それこそ判別できなくなります。

和綿の草姿の色の違いについては、別の記事を書いています。

大島は、これも主観ですが、シソ綿と逆に適応力が低いように感じます。

シソ綿は寒暖や雨の多少に関わらず、毎年そこそこ成長して収穫もできるのですが、大島は結構その年の環境や気候に左右されやすいような。

緑色の木と赤みがかった木 2012年8月1日の紫蘇(シソ)綿の画像。 この畝は全て紫蘇綿なのだけど、手前は赤みがかった木、その奥は赤みのない...

たいてい、収穫後期に増えることの多い成長不良の実が、収穫前期から多かった年もありました。

もしかすると、栄養や水分を取り込む力が、シソ綿より弱いのかもしれません。

ネットで大島を栽培している方の様子をみると、黒マルチや施肥を行っているらしき畑では普通に育っているようなので。

この畑+私の栽培方法では合わないのかもしれないと思いつつ、もうしばらく育てて観察していきたいと思います。

わたいとやが栽培しているその他の綿については以下の記事をどうぞ

2021年現在、わたいとやが栽培している綿の一覧です。 画像は収穫した実のなかで、大きめで充実した感じの実を選んだもの。収穫...

畑とベランダの綿の様子と通販関連のお知らせ

前の記事以降、綿は順調に開いています。

まだ主に和綿ですが、白い花が咲く方の緑綿は、例年通り早めの開絮となりました。

開花は和綿より1~2日遅れの8/1、開絮は(気づいたのは)9/11。

2枚目の画像のような状態で発見したので、開き始めたのは2~3日前かもしれません。

開花から開絮までの期間は、今が一番短いと思われます。

気温が下がる今後は、より長くかかる一方です。私はこの頃から少しずつ、蕾を摘み始めます。

木の大きさや、既についている実の数や、大きさを観察して。

実が開くまで、熟すことができそうな状態か予想しながら。

ただ、この間引き行為が、綿の木に対して、どの程度の影響があるかは、わかりません…。

今年は収穫量も少ないだろうし、木も小さいものが多いので、蕾摘みの作業も楽になりそうです。

ベランダでは、開花しては落ちる鉢と、全て実がついた鉢があって、何が違うのかなーと考えています。

この3枚目の画像の木は高さ50cm弱ですが、5つ、開花したすべての実が大きくなっています。

Creema で昨年分の実綿を値下げ予定

今年はスピニングパーティーが中止になってとても残念。でもHPをみたら、来年の日程が掲載されていました。2021年は10月2~3日です。

収穫が始まると、昨年分との混同を避けるために、毎年スピニングパーティで値下げ販売していた実綿ですが、今年は早々にCreemaでやるつもりです。

早ければ来週中、遅くとも今月中に開始予定ですので、よかったらCreemaにのぞきにいらしてくださいませ。もしかすると、繊維の方もまとめ売りするかも。


つぼみ発見

約10日前、7/3の大島和綿と緑綿です。

これで大体20~30cmですかね。葉もほぼカエデ葉になって立派になってきました!

この時、小さなつぼみを発見していましたが、10日後の7/13は、こんな感じ(3枚目)。

上2枚の大島とは別の和綿です。大島はほぼ緑だけど、こちらの島根からきた、伯州綿と思われる和綿は、赤みがあります。

でも若干赤みが薄いような気がするのは、昨年同様、やはり日照不足なのかな?(当時の赤みがかった木の記事)

昨年は梅雨が長くて、このまま摘芯もしなくて済んじゃうかもしれないなー、と思ったけど、梅雨明け後の8月以降、まだまだけっこう大きく育ったのでした。

今年はどうかな~。摘芯については「綿の摘芯と選定」の記事もどうぞ。

次回、畑に行く頃には開花しているかどうか、微妙なつぼみの大きさ。梅雨が明ける前、ギリギリに(汗)、もう一度行く予定。


和綿のつぶつぶ

和綿の実から見つかる枯れ葉じゃないもの

矢印の先にあるもの、なんだかわかりますか?

虫ではないのでご安心を。

和綿以外の綿からも似たようなものは見つかるのですが、同じ性質のものなのかは判りません。

和綿で見つかるこのモノも、たぶん…だろうとは思っていましたが、確信は無かったんです。何しろ小さすぎて。

画像はクリックで拡大します

でも今日たまたま気まぐれに、以前購入してしばらく使っていなかったクリップ型マクロレンズを使って撮影してみました。

すると肉眼ではよく判別できなかった、産毛のようなものが一部に生えているのを発見!

やっぱりタネのなりそこない

モノによって形や産毛の生え加減?も若干違いますが、タネのなりそこないのように見えますよね。
タネのなりそこないで判りやすいのは、一枚目の画像の白抜きの矢印のようなものだったのですが、それもこの小さな粒々と同じように、様々な成長過程で止まったものがあります。

タネにも短い産毛しか残らないものや、ふっくらした産毛が残るものがあります。

もしかしてタネのうぶ毛の生え方の違いも、成長過程の違いもあるのかな?でもどちらも発芽はするしなぁ。

緑綿についている同じような黒い粒々とは…

緑綿のつぶつぶは黒っぽくてここまで産毛がついていなかったような。こちらはまだupで見てません(汗)。

でも緑のソレはピンセットでスッと取り除きやすいのに対して、和綿のこの粒々は他の繊維を一緒に引きずってくることがあります。

この小さい粒々の短い繊維でも引っ掛かっていたということね。和綿繊維の天然の撚りの強さか、コシの強さか…。

気づかないうちに糸にもこんなふうに混ざり込んでしまうのです。気づけば外します。

後日「緑綿の黒いつぶつぶ」という記事を書きました!
和綿のつぶつぶとは違うモノでした^^ 上のリンクからどうぞ。


しなる和綿

台風後の畑で傾いた棉の木を起こしながら、あらためて和綿とそれ以外の木の違いを意識する。

和綿の実は下を向く傾向がある。それは和綿の実と枝を繋いでいる部分がしなやかで、実の重みでしなるから(必ずしもそうならない株や実もあるし、和綿以外でも下向き加減な実をつける綿はある)。

結果的に雨に濡れることが少なく、雨の多い日本に向いていると言われているようだが、このしなる木も、台風の多い地域に強いといえるのだろう。

実の根元の枝と同じように、和綿の木の幹もしなやかで風に吹かれると曲がりはするが、折れることは少ない気がする。
2枚目の画像は緑綿。少しは曲がるけど、和綿の木に比べると、柔軟性に欠ける、体の堅い人みたい。

根と木の境目、木の倒れた方向に土がえぐれて、根も一緒に少し傾いてしまう。

雨で土が柔らかくなるせいもあり、根も動いてしまうので、木を起こしたら、土を寄せたりして周囲を踏み固める。

時間がないときは、とりあえず木の倒れた反対側の土、えぐれてない方の土を、木を起こしながら踏み固めるだけでしっかり立つ木もある。

和綿全ての木が同じようにしなやかさを持っている、それ以外はすべて柔軟性が欠けているとは言えないが、その傾向はある、くらいには言えるのではないかと思う。

まあ、これもだからどうということもないのだけど…今後も観察を続けます。


感動した―田畑さんの冊子

綿好きなら知らない人はいないと思う鴨川和綿農園さん。以前発行されていた冊子『わたわたコットン』の創刊からの4冊は、私が畑をはじめた10年近く前に知人から譲り受け、当時一通り読んでいました。そしてつい先月の綿つむぎの会の際、参加者さんが『わわたネット21』の創刊号を貸してくれたのです。

和綿の地方品種30以上について、栽培した経過、品種の特徴などが書いてありました。茎や花の色、実のつき方、繊維の長さ、太さ等々。もちろん、その年の、その栽培環境でのデータであるのでしょうが、それでも私の疑問だったこと、推測していたことに関しての情報が沢山載っていて、読んだときは本当に興奮しました。そして、これだけのデータを集め、まとめるのがどれだけ大変だったことかと…。

改めて『わたわたコットン』も読み直してみると、和綿の地方品種特性について簡易版の表も載っていました。でもまだその頃の私にはピンと来なかったのでしょう。昨年大島を栽培して、松江の綿(たぶん伯州綿)との本当に明らかな違いに気づくこともでき、ようやく私の準備(?)が整ったということなのかもしれません。

そうして、まだまだ知らないことが沢山あるなあ、もっと綿のことが知りたいなぁと思ったのでした。


和綿茶の色 

収穫後の色の変化とは別に、収穫時から色の違いが見られることがあります。

一番多く収穫できるのは画像中央の色。薄い茶です。左は少し緑がかって、茶と混ざってカーキのような色合い。右は茶が少し濃い。繊維の感じもそれぞれ違うような気もしますが…「気もする程度」で確かなところは不明。

繊維の色が平均されずに残るようにと、カードをかけずに紡いだ糸の画像です。

右から赤茶、茶、基本の和綿の茶、カーキっぽい和綿の茶。

和綿茶カーキのタネを栽培しても、同じ色にはなりませんでした。これも緑綿の色の違いと同じく環境要因によるのかもしれません。今後も毎年観察を続けます。

追記・茶に緑が混ざるのは、緑綿との交雑かと思われるかもしれませんが、和綿は、和綿以外の綿とは染色体数が違うため、交雑は起きないと一般的には言われているようです。でも絶対に有り得ないことなのかどうか、私にはワカリマセン。



和綿と洋綿の違い・特徴

<Ⓒ2014 旧わたいとやHP>
 

ひとことで言えば、「和綿」と「洋綿」という言葉は、「日本人」と「外国人」という言葉と似ています。

歴史は未だはっきりと判っていないようですが、5~6百年前に日本で根付き、受け継がれたアジア綿を「和綿(又は日本綿)」、それ以外を広く「洋綿」と区別された記述を多く見かけます。

「外国人」という言葉が日本人以外の多様な人種を指すように、「洋綿」という言葉も、和綿以外の様々な特徴のある多様な綿全般を意味しているようです。

便宜上、私もこの意味でこの用語を使っています。

綿の歴史についての参考文献はこちらをどうぞ。今回の記事も、一部、参考文献の書物を参考に書いています。

『ワタの絵本 (そだててあそぼう) [ 日比暉 ]』はけっこう読みやすくて詳しいのでおススメです。

植物学上の違い

和綿洋綿、どちらもアオイ科ワタ属。衣類に利用されているのは4種。

  • 旧大陸起源で二倍体のヘルバケウムアルボレウム
  • 新大陸起源で四倍体のヒルスツムバルバデンセ

ヘルバケウムは現在ほとんど栽培されていないとのこと。和綿はアルボレウム。出回っているいわゆる洋綿はほぼ四倍体と思われます。

和綿と洋綿の間では交雑は起きないと言われているのは、この染色体数の違いのためです。

わかりやすい見た目の特徴

わたしの栽培している綿のそれぞれのカテゴリーを見ていただくと、たくさん画像がありますので、そちらでも確認してみてくださいね。

〇 実の付き方

よくいわれているのは、和綿は下向き加減、洋綿は上向き加減。でも実際はかならずしも全部がそういうわけでもなくて、いろいろ。個体差があります。傾向としては…という感じ。

洋綿
和綿

ただ、和綿のほうが、全体的に幹や枝、実の付け根の枝がしなやかで、実が重くなるにつれて下に垂れやすい傾向はあるようです。でも洋綿も、実が重ければ下向きになりますし、和綿でも上向きに開いている実もありました。

〇 花

和綿の花はクリーム色で、中央がえんじです。一部違うモノもあるようですが、滅多に見かけません。洋綿の花は白一色だったり、緑綿はピンクのような赤紫だったり。

左・洋綿  右・和綿

最近、和綿は下向きに花が咲くと話されている場面も見聞きします。実の向きと勘違いしているのか、もしくは、吹いた棉を「綿花」という花としてお話されているのかもしれません。

実際は、花の向きはあちこちいろいろです。栽培されている方は、ぜひよく観察してみてください。

〇 葉・草姿・草勢など

綿の葉は紅葉葉といって、モミジの形ですが、和綿の葉と洋綿の葉では、和綿の方が切れ込みが深いです。

(葉の形についての考察記事も、よろしければどうぞ)。

「リーチング(leaching)」を植物や葉などの言葉と一緒にググると、結果の多くは、葉面散布肥料の販売元。 中立な情報...

枝振りなどは洋綿の方がガッシリ強い印象ですが、これも全部が全部というわけではなくて、和綿でもしっかりしてみえるものもあるし、もちろん栄養状態などにもよるし、個体差があります。

洋綿
和綿

見慣れた人にはすぐに判る程度の違いですが、画像だけだと難しい場合もありますね。

〇 タネの大きさ・形

これも個体差があるとはいえ、慣れた人が見ればわかるくらいには違います。洋綿の方が大きめ。形も少し長細い。和綿はこぶりで丸みがあります。

左・洋綿  右・和綿

〇 繊維の長さ・太さ・強さなど他

洋綿は品種によってさまざまです。和綿は、基本的に太めで、コシの強い繊維と言われています。触ってみると、しっかり弾力があることが判ると思います。

繊維の画像は各品種のカテゴリーをご覧ください。記事下にもリンクがあります。

成長速度なども違いがあると感じていますが、目に見える特徴としては以上です。

和綿の種類

和綿のなかでも、栽培地の名前をとって、会津・三河・河内・大島など、たくさんの種類があるといわれています。でも基本的に栽培地ごとに名前をつけているだけのようです。

各地の和綿で、大きな特徴の差はありませんが、東北地方では河内綿より会津綿の方が育ちやすいといった程度の差はありそうです。

ただし、和綿のなかで、おおまかに2種類、葉の色・茎の色などに違いのあるものはありました。詳細は和綿のカテゴリーをご覧ください。

和綿の種類については、参考文献にもある『わたわたコットン 鴨川和綿農園』が詳しかったです。でも絶版みたいで、とても残念。

ちなみにその地方で栽培を続けた「在来種」とか、「古くから日本で…」などといっても、たかだか5~600年の歴史しか判明していません。ですから、「和綿」は、数百年前に日本に持ち込まれ、栽培が広がった「外来種」ともいえます。

洋綿の種類

洋綿の種類については、前述の学術上分類もあるし、色の違いもあるし、世界各地にどれだけの種類があるのかわかりません。

日本だけでもそれぞれの栽培地で名前をつけていることでわかるように、世界各地で、その土地でいろいろ受け継がれてきたタネがあるのだと思います。

商業的理由で選ばれた綿は登録品種として、どこかに記録があるかもしれません。ただ、ほとんど遺伝子組換え処理をされて栽培されているものが多いようです。

特にアップランド系の白綿はその可能性が高いみられるため、検査をお勧めしています(日本では遺伝子組換え綿の栽培は法律違反になります)。

出所不明の和綿以外の白綿を栽培している方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

巷の綿が遺伝子組換え綿である可能性 以前も書いたとおり、緑や茶のカラードコットン&在来と言われている和綿は、商業的効率的な面から考えてみて...

色綿の色、茶綿や緑綿の色は、品種によっても個体によっても、色合いが違う実のなることがあります。

そうした不安定な面からも、商業的に遺伝子組換処理をされるほどの価値があると思われず、処理された綿が出回っているとは考えにくいです。

私が育てているのは、主に以下の品種です。

葉や花の違い、繊維の違いなど、詳細はそれぞれのカテゴリの記事をご覧ください。


和綿の白・和綿の茶

(私の栽培している綿についてのデータです。同品種でも栽培地・方法・年によって質の違いがあると思います)

タネの出所

島根県松江市の親戚から2007年に譲り受け、栽培を続けています(わたいとやの栽培方法はこちら)。

地理的にも、鳥取県境港で知られている伯州綿と思われますが、土質や栽培方法の違いのせいか、繊維の質は多少変化したように感じます。

和綿の実


ひとつの綿の実は3室から4室に分かれていて、一室に一房、一房に5~9つ程度のタネが含まれています。実の大きさ、繊維の量、質などは個体差がありますが、大きいもので一房約1.7~2.6g、内タネは約1.0~1.6g、繊維は約0.6~1.2g程度でした(2013収穫分)。繊維の長さは測るのが難しく正確ではないのですが、長いところで約15mm強~20mm。

縮れが強く、弾力のある繊維です。コシがあって繊維内の中空を保ちやすいので、ふんわり太目の糸を紡ぐのに向いているように思います。

和綿茶は、糸紡ぎの先生である綿工房さんから2008年頃に譲りうけたタネ。たぶん真岡産。綿工房さんは日下田氏のもとで修業されたのとのことで、そちらからかと。

房の数タネの数などは白と同じようです和綿の茶は繊維が短いとよく言われているのですが、実際、ウチの綿もやはり少し短いようです。といっても長いところで約15mm弱。本当に、気持ち、白より短いという感じです。

和綿茶の色の変化

紫外線、または酸化のためか、ぶらさがった実の外側の色が濃くなっているのを畑でよく見かけます。収穫時、薄い色に見えても、徐々に色は変化しているようです。

上の画像は2016年産の和綿の白・和綿の茶。下の画像右は2017年産の和綿の茶、左は2009~2010年産の和綿の茶(2018年1月撮影)。野外出店時などによくディスプレイしていた実です。
一方、和綿茶で紡いだ糸の巻物はそれほど変わらないのですが、タオルの方は使用と洗濯を繰り返すうちに、茶の色はだいぶ薄くりました。

畑の目印に使っていた茶綿も風雨に曝されると色が褪せていくので、濃くなり続けるというわけでも、色を保持し続けるわけでもないようです。

和綿茶の色の違いについては、こちらの記事もどうぞ。緑っぽい、カーキがかった茶の話。

和綿の成長の様子

この和綿は、白か茶か、発芽から成長中だと私には見分けがつきません(汗)。他の品種の和綿は判り易いものもあります(木の赤みが少ないものなど・後述)。

葉はモミジの葉に似た形で、和綿は五裂。本葉2、3枚目までは切れ込みのない楕円形の葉が出てきます。幹、枝、葉脈は赤みがかっていて、収穫が終わった後にこの木や根で染めることも可能なようです。

赤みのない品種もあるようで、シソ綿には時々緑の木ができます。2017年にいただいた大島綿のタネからも赤みの少ない緑の木が育ちました。

和綿の花

花はクリーム色で中央がえんじ色、花びらの先にほんのり赤みがさしているものもあります。花びらは5枚。ガクに見えるものは3枚、実は3室又は4室。どういう仕組みで室数が変わるのか、不思議です。

一日花なので、夕方にはピンク色に染まってしぼんでいきます(関連する実験記事)。

和綿の結実・収穫時の注意

花後の実は丸みのある三角錐、または四角錐。外皮は少しざらついているように見えます。

実が下向き加減になるのが和綿の特徴、雨の多い地域でタネが出来るだけ濡れないよう守る為なのだといわれています。

タネを包む繊維が中空で空気を含み乾きやすいのも、繊維の油分が多いのも、その為と考えられています。油分たっぷりな繊維で、下向き加減な性質を持った種が生き残ってきたのでしょう。日本の湿度の高い気候に耐える性質は、そこに暮らす際の衣服に使用する繊維として最適なのかもしれません。

実が開いて房がぶらさがるようになったら、汚れないうちに房を収穫します。ほうっておくと、白より茶のほうが、地面に落ちやすいです。

和綿の手紡ぎ糸

左から
和綿白(細め)
和綿白
和綿白と和綿茶
和綿茶

繊維が短いとはいえ、細めの糸も紡げないことはありません。

ただ、太めのふんわりした糸を紡ぐ方が、和綿のコシの強い繊維を活かせるのではないかと思います。