地機布4一覧

茶綿ズボンとチュニックと

タネから育てて紡いで織って縫い終った茶綿のズボン。今日の井の頭公園出店に穿いていって、出店仲間に写真に撮ってもらいました。

ゴムを入れて簡単に作ってしまおうかと思ったものの、やはり自家製100%にこだわって、紐を作って結ぶことにしました。ポケットをつけて、腰周りの縫い目裏に当て布をして。やっぱりズボンはメンドクサイ、次回は素直にスカートにしようと思いました(汗)。

ちなみに画像の上衣も今年作った茶綿混じりのチュニックで、靴下と巻物も自作。しかし残念ながら、下着はなかなか納得いくものができず、市販のもの。

追記) いつも通りハギレ無しです~。長めに余裕を持って織ったので、45cm四方くらい残りましたが。何にしよう。


綿玉

地機で織った白い上衣、袖口に毛玉ができていました。綿の毛玉。

先日、雑司が谷に着用して出展していた際、チャルカの紡ぎ実演で、ちょうど何度も擦れる場所だったものと思われます。布は着々と変化中。

今週土曜日8/9綿つむぎの会開催予定です。まだ定員に余裕がありますですので、興味のある方、どうぞお気軽にご連絡ください。また、9月はナシの予定でしたが、8月下旬の予定がなくなりまして、9/6にできそうです。こちらもお問合せお待ちしてます。(wataitoya あっとまあく yahoo.co.jp)


地機布その4で の2

これも地機布その4。同じ経糸で、よこ糸を経糸と同じ和綿白にしたほうの布で。

裁ち方や形は変えたけど、これもハギレはでないようおさめました。

茶混のより、着脱しやすいです。でも角度をつけて袖をつけたせいか、腕を動かすと少ーしつる感じ。


地機布その4で

ようやく織り上がった地機布第4段で、シャツのようなチュニックのようなものを作りました。

経糸は和綿の白、よこ糸は和綿の茶と白を混ぜた糸。15番手前後の糸をメインに、組み直した竹筬で、1cmに約14本の経糸を入れたのですが…。予想よりスカスカの透け透けで、残念。まあ、着ていくうちに多少変わっていくかも?

いつもどおり直線裁ちでハギレが出来ないように仕立てたら、やっぱりちょっと古代の人みたいな雰囲気に。とりあえず刺繍でもしようかなと。

まだまだとてもアップに耐えられるような織り目ではない気がして(汗)、小さな画像でスイマセン。


進み進まず

他の物事が突然動きだして、そちらに時間がかかって、地機布第4段がなかなか出来上がりません。

ホントは今週中に織り終る予定だったのに…まだ半分もいってない。しかも歯医者通いが始まり(汗)、ばたばた。いろいろ予定を忘れないようにしなくては。