綿畑一覧

12月のベランダと綿畑

私事でいろいろと気を散らされたり、チャルカの動画編集が進まなかったり、YouTubeチャンネルの登録者が100人超えた(ありがとうございます!)のに、何故かURL変更できなかったり、なんかいろいろ行き詰ってます。

そんな感じで12月に入りましたが、気づいたらもう2週間以上ブログも書いていなかったので、ちょっと畑の様子など記録しておきます。

ちなみにベランダでは緑綿の花が咲いています。実はつかないだろうけど。

画像の奥の方にぶら下がっているのは和綿の茶。

今年はまだ畑に霜が降りていません。乾燥した晴れも続いているし、本来なら今もたくさん収穫できていたのだろうけど、長梅雨が響いたためか、やはり今年の収穫量はいまいち。

タナ綿と落ちそうな和綿の茶

播き時期のずれた和綿の茶が少し残ってて、まだこれから開く実もあります。やっぱり時期が揃っていない方が、少しでも生き残る可能性を高くできるなと思います。

サヤエンドウの播種はたしか11/10。まあこんなもん。あまり大きくなったり、立ち上がってツルを絡ませ始めてしまっても、寒さや風でなどで傷んでしまう可能性があるので。冬の間は低めに。

サヤエンドウとライ麦

ライ麦もこのところの暖かさで冬の前に大きくなりすぎるかなと思ったけど、雨が降らないことが幸いしてか(?)、それほど大きくならず。これもちょうどいい大きさ。

津田かぶと収穫物

いい感じの津田カブになってくれた!のは上だけ(汗)。下のはたぶん他の菜花系の性質が混じってるタネだったようです。葉っぱにとげがあるし、根の形も大根っぽいし。今年購入したタネだったけど、まあこんなこともあります。

12月なのにやっととれたトマトと、葉物とカブが最近の収穫。右上の大きいブロッコリーは、畑からの道中、農家さんで購入したもの。ウチのブロッコリーは全然蕾の気配なし。

今年も畑に行くのはあと1回か2回かな。

+6

2月の畑

ひと月以上ぶりの畑。綿の実が開いて、繊維が吹いているけど、タネも繊維も未熟なのが混ざっているので、この時期の収穫物は全部自分用。

それにひと月の間に雨も当たっているだろうし、綿も埃で汚れてる。一見汚れているように見えないけど、触ると手触りでわかる。秋の収穫期に1週間ごと触る綿の繊維とは違う。

1枚目の画像は緑綿だけど、白。収穫後期の実のせいか、ひと月の間お日様に当たっていたせいか。でも、元々実が開く前から白色のようで、緑が褪せたクリーム色ではない感じ。

落ちた綿は、キレイそうなのだけ拾って、他はそのまま畑に還す。畝の位置にあると、春発芽した時に、選抜して播いたタネのものと混在してしまう心配があるので、畔に置くか、深く深く埋めてしまう。

でもオノレバエは発芽時期が一般論とずれることが多い気がする。落ちた実が畝で発芽してくるのは一般的な播種適期といわれる時期より早いか遅いような。ヒトが考える播種適期とは…と考えてしまう。

この日の畑作業は暑いくらいだった。春の花も咲いて、テントウムシも少し動き出している(私がいたから?)。雑草も残渣も、虫の冬越しに役立っているようだと思うとやっぱり嬉しい。私は余計な事をしないだけなんだけどね。

0

交雑対策

左からタナ綿、和綿の紫蘇綿、赤茶。

和綿と和綿以外の綿は染色体の違いから交雑しないと言われているので。

ちなみに交雑についてはこちら(真ん中辺り)にも書いています。

畑がもう少し広ければ畝間をもっと空けたい。
今年は成長がよくて、いつもに増して歩き難い。

0