綿花一覧

2019年産 綿のタネの販売はじめました 種類限定・少量のみ!

1月の初めの記事に、今年はタネの販売をしないと書きました。

スイマセン、考えを少し変えました(実綿の方が、量的にも楽しみ的にもお勧めなのは変わりませんが…)。

そろそろ種まきの日が近づき、タネの種類、数量などの確認、準備をしていたら、良いタネがかなり余ってしまいそうなことに気づきました。

まあ残ってしまっても、いつもならスピニングパーティーで値下げ販売するのですが、今年は…、うーん、開催もアヤシイような気もするし(何の心配もなく開催できる状況になってくれたら、そりゃあうれしいけどさ!)。

今みたいな状況のなかで、ベランダやお庭で、収穫後は家の中でも楽しめるものって、いくらあってもいいかなぁと。

そんなわけで、種類限定で、少量ずつですが、販売することにしました。

無くなり次第終了です。よろしくどうぞ!

Creema

2019年収穫 綿のタネ 3種各10粒セット(計約30粒)
2019年収穫 綿のタネ 和綿 白 15粒
2019年収穫 綿のタネ 和綿 茶 15粒
2019年収穫 綿のタネ 緑綿 15粒

STORES.

2019年収穫 綿のタネ 3種各10粒セット(計約30粒)

yahooの天気予報アプリで2週間予報をみると、
東京の播き時はやっぱり5月明けてからかな。気温的には。
ただ、雨マークが無いのが気になる。。

+1


赤みがからない綿の花

「赤みがかる」の記事で書いた実験をベランダの棉でやってみた。

赤みがからないその花は、実になり収穫できるのかが知りたくて。

前記事にリンクした実験ページの方にも質問したが、あまり記憶にないとのことで、やはり自分でやってみるっきゃないでしょ。

一枚目の画像は何もしない通常の、赤味がかって数日で落ちた花ガラ。比較のため。畑の花より若干赤みは薄い気もする。ベランダの日照時間の差のせいか?

2枚目の画像は、UVカットフィルムをかぶせていた蕾が開いてきたところ。

撮影のためにこの時は外しているけど、隙間はマスキングテープでとめて、できるだけ光が入り込まないようにしていた。

UVカットフィルムは窓ガラスなどに貼るような商品のお試し版を購入。こんなの

3枚目左が9/20、右が9/23。このUVカットフィルムが届いてから、全部で5個くらいの花で実験してみて、この画像のは3個目。

これより前の花はうまく撮れなかったり、フィルムを早くはずし過ぎたのか、しぼんだ後に赤みがかったり。3個目のこの時は、花が開きそうな2~3日前から被せて、開花してしぼんだ後も2~3日つけたままにできた。

4枚目左が9/25、右が10/4。ここまで大きくなれば結実と言っていいでしょう。

これで「赤くなること」と受粉は関係ないと言うことができるかな。

自家受粉できることが綿という植物にとって重要なのだとしたら、自家受粉できない個体の子孫は残らない方が自然なことなのかも。落果と未受粉に因果関係があるかはわからないけど…それを調べるには人工授粉しても落ちる実があることを確認すればいいのか。でもまた来年だね。

0

赤みがかる

綿の花は基本的に開花後、徐々に赤みがかって、一日で閉じる。これは私の栽培している和綿もその他の綿も同じ。

1枚目の画像の左下がこれから開く花で、右側が前日開花して閉じた花(タナ綿)。

ところが、そうでないこともあるらしいという興味深い実験ページを見つけた。結構前に書かれたページのようなのに、今まで発見できていなかったなんて、なんということでしょう!

畑の綿は毎日観察できていないし、ベランダの綿も室内にいれられるようにはしていないので、気づかなかった。紫外線カットフィルムとやらを買ってきて実験したくなったけど、それはひとまず置いといて。

これはもしかして、花だけでなく、綿の木全体に言えることなのかもしれないと思った。赤くなる木はやっぱり紫外線を浴びて、それに反応して赤くなるのでは、と。

だから今年の長梅雨で日照不足が続いた時、いつも赤みがかる木なのに、赤みが薄いなぁと感じたのかも、と。この記事を書いた頃。まあこれも仮説だけど。

今は赤みがからない緑の木と楽に区別がつく紫蘇綿。2、3番目の画像の左と右、判るでしょうか。画像は拡大可。

画像の緑木についている糸は緑だよーの印。今、赤味がからない緑の木も、秋になると紅葉して区別がつかなくなるので、今のうちに。

後日、花の実験をした記事はこちら

+3

松村豊吉というひと

来週、松江に行く予定になり、せっかくなので近くに綿に関する施設やらないものかと、少し検索していて見つけた人。前回数年前の帰省時に探した際、特にこれと言って見つからなかったのだが、その帰省と同年に企画展があったらしい。時期はズレてたけど。

山陰中央新報社 記事「日本で初めて陸地綿の栽培に成功 松村 豊吉(松江市ゆかり)」(お子様向け記事でふりがなが多く少し読みにくい。そのうちリンク切れするかも?)

すごい人みたいに書かれているけど、その割にはあまり情報がない。記録達成したほどの栽培方法について門外不出?なのか、全く判らず。

今も「松村豊吉」の名を出して栽培している畑はあるようだけど、その方法と結果については不明。もったいないね。

そういえば先日図書館で借りて読んだ『生活工芸双書・棉』にも記述は確か無かったような。

ネットも広く浅くな感じの情報は多いけど、深く突っ込んだ情報にたどり着くのがどんどん難しくなっている気が。

多収を一番に目指しているわけではないけど、栽培方法にはやはり興味がある。もし松村豊吉氏について詳しくご存じの方がいらして、教えてくださるなら嬉しいですm(_ _)m。

画像は記事とは無関係、チャルカで紡いだ錘を撚り止めするために水の入った鍋に入れたところ。弾いてる。

+1

綿の栽培方法・綿繰り 記事タイトル 最新20件

0