通販一覧

ヒンメリ動画とライ麦のワラのこと

ようやくYouTubeにヒンメリの動画を投稿できました。

この画像クリックでYouTubeにとびます。よろしければ、チャンネル登録・評価などもいただければ嬉しいです! 

ヒンメリ用ライ麦のワラの収穫について

栽培地は関東平野の中央辺り。5月下旬頃~6月中旬くらい、色づいてくる頃、様子を見ながら少しずつ収穫してます。

麦は食用にしてないので、穂は翌期播種用とディスプレイ用に必要なだけ残します。

穂が未熟なうちにワラ優先で収穫するものも多いです。

畑の色づき始めたライ麦

穂の重みがかからない方があまりワラが曲がらなくていいかもしれませんが、実際どうなんでしょう…。穂が下向き加減になってきた頃からワラの色づきが濃くなってきてたような気もして、結構迷うところです。

ヒンメリ用ライ麦のカット

畑でカットする時は、だいたい節ごとにカットして持ち帰ります。

持ち帰ったら、乾く前に早めに、販売用として適当な長さにカット。このカットがけっこう難しいというか、ここも迷うところ。

基本的に配送用の箱に合わせているのですが、節の位置は様々だし、真っすぐ長くてきれいなワラでも箱に入らないものはカットせざるを得ず…。

カットするにしても、どこでカットするか、長さをどれに合わせるか、短いものが多くならないように…とかいろいろ考えてしまいます。まあ、あまり悩んでも時間ばかりかかって仕方ないので、ちゃっちゃとやろうと思いつつ、どうしてもね(汗)。

ヒンメリ用ライ麦の乾燥と保管

お天気によりますが、大体1週間程度、ベランダでひっくり返しながら乾燥させて、転がる時の音が軽くなったら、干し上りとしています。

干しあがったワラも、風通しよく保管しておかないとすぐ梅雨でカビてしまうので、こんな風に中空保管にしています。

これでも100本中1、2本は黒ずんで、中の方にカビが出ているようなワラが見つかりますが、以前箱に入れていた時よりはずいぶん少なくなりました。

おかげ様で、今年は収穫した分はもう残りわずか、Lサイズは完売です。M・Sサイズとお試しサイズもそれぞれ在庫が少なくなってきていますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ(CreemaSTORESへ)。

クリスマスや冬のちょっとした飾りつけ、オーナメントなどに!

+6

綿の種の無料配布・販売サイトまとめと選び方

私の独断と偏見で(汗)、掲載していますので、ご了承ください。もし載せないで欲しいなどの要請がありましたら、即対応いたしますので、お手数ですが、ご連絡いただけましたら幸いです(問合せページ)。

また、洋綿の白を配布しているサイトなどは含めていません。

洋綿の白は、法律で国内栽培を禁止されているタネである可能性が高いためです(詳細はこちら)。

洋綿と和綿の違いについてはこちらをご覧ください。

綿のタネを無料配布・プレゼントしているサイト

たいていは期間限定・品種限定(和綿の白)・送料は負担。また、栽培環境やタネの選別をしているかどうかなどは不明なところもあります。まあ無料ですからね。

有名どころ。私も30年位前に(汗)、送っていただいて、育てた覚えがあります(上手く育ったかは覚えていない)。リンク先は2020年の配布詳細ページです。

こちらも和綿では有名どころ。ページ下部にプレゼントに関して記載が有ります。栽培の様子などはブログからご覧になれます。

その他、綿の産地だった自治体や、布団屋さんでも配布しているところがありますので、検索してみてください。できれば、栽培地が近い方が育ちやすいと思いますので、探してみましょう。

余談ですが、無料配布してくれている方々には、発送作業だけでもたくさんの手間をおかけすることになります。できるだけ問合せなどは避ける、最小限にとどめる、申込内容に不備が無いように等、配慮が必要かと思います。

綿のタネを販売しているサイト

価格以外の比較できる要素として、栽培の様子などの情報を載せてくれているサイトのみ集めました。タネを仕入れて販売しているサイト・メルカリなどで安易に販売されている印象のサイトは省いています(独断です)。

こちらは栽培の様子・履歴なども詳しく、SNSからも情報発信があります。非遺伝子組換えであるという証明書も提示されています。

こちらも栽培の様子やタネの履歴、使用農薬など詳しく載せてくれています。栽培記録のブログやyoutubeチャンネル(綿打ちの動画が必見!)もあり。

木綿庵さんは、販売されている洋綿の白が遺伝子組換えかどうか不明なので、掲載を迷いました。が、他にも栽培・販売しているサイトを検索してみて、栽培にも販売にも情報提供にも、ある程度手をかけていると私が感じたのは以上2件でしたので…。

私はこういう方々に続けて欲しいと思っているので、ご紹介しました。もし私が見つけられなかった、皆さんご存知のおススメの販売サイトがありましたら、お知らせいただけると嬉しいです!

綿のタネの選び方

〇欲しい品種かどうか…ただし、植物は突然、違う特徴を見せることがあることも理解しておきましょう。

〇栽培方法などの履歴…自分が同じようにできるかどうか? できなければ、生長や収穫量なども異なってくると考えておくこと。

〇採種地…前述のとおり、できるだけ栽培予定地の環境と近い採種地で選ぶとよいと思います。環境が大きく異なる場合は、やはり生長や収穫量なども異なってくるかと。

と、細かい選び方を書きましたが、やはり欲しいものを手に入れるのが一番!

初年度からうまくいかなくても、2年、3年と選抜採種を続けていくうちに、環境に合うタネになっていくようです。

なので、はじめて、試しに育ててみようか、という感じなら、無料配布のタネなどで十分かと思います。

更に深い興味やこだわりが出てきたら、わたいとやのタネもご検討いただけると嬉しいです。

わたいとやの昨年収穫の実綿・綿値下げと来年の綿のタネ販売について

今の収穫状況からみて、今年2020年は、カラ付き綿花はもちろん、実綿、タネの販売も難しいか、できても少量かなと予想しています。

タネについては、昨年分の販売も、今年は少し時期遅れの販売となり、少量・短期間・品種限定でした。今年分の来年販売も同じような状況になりそうです。

昨年収穫分の実綿・一昨年収穫分の綿などは、在庫処分セール中です。

Creema  〇 STORES

また、つい先日、短い動画を投稿しました。こちらです。よかったらどうぞ!

+10

畑とベランダの綿の様子と通販関連のお知らせ

前の記事以降、綿は順調に開いています。

まだ主に和綿ですが、白い花が咲く方の緑綿は、例年通り早めの開絮となりました。

開花は和綿より1~2日遅れの8/1、開絮は(気づいたのは)9/11。

2枚目の画像のような状態で発見したので、開き始めたのは2~3日前かもしれません。

開花から開絮までの期間は、今が一番短いと思われます。

気温が下がる今後は、より長くかかる一方です。私はこの頃から少しずつ、蕾を摘み始めます。

木の大きさや、既についている実の数や、大きさを観察して。

実が開くまで、熟すことができそうな状態か予想しながら。

ただ、この間引き行為が、綿の木に対して、どの程度の影響があるかは、わかりません…。

今年は収穫量も少ないだろうし、木も小さいものが多いので、蕾摘みの作業も楽になりそうです。

ベランダでは、開花しては落ちる鉢と、全て実がついた鉢があって、何が違うのかなーと考えています。

この3枚目の画像の木は高さ50cm弱ですが、5つ、開花したすべての実が大きくなっています。

Creema で昨年分の実綿を値下げ予定

今年はスピニングパーティーが中止になってとても残念。でもHPをみたら、来年の日程が掲載されていました。2021年は10月2~3日です。

収穫が始まると、昨年分との混同を避けるために、毎年スピニングパーティで値下げ販売していた実綿ですが、今年は早々にCreemaでやるつもりです。

早ければ来週中、遅くとも今月中に開始予定ですので、よかったらCreemaにのぞきにいらしてくださいませ。もしかすると、繊維の方もまとめ売りするかも。

+2

ライ麦のワラ 販売はじめました

 

2020年収穫分のライ麦のワラ販売開始いたしました。ヒンメリの材料としても、他の手工芸にも使えます。

昨年と同じく、お送りする箱のサイズに合わせて、sサイズ・Mサイズに分けています。

さらに今年はお試し用のサイズとして、封筒で送れるサイズのものを約50本入りで販売することにしました。

お試しサイズはSTORESでの販売のみです。Creemaではお一人1回1個という限定設定ができないので。送料無料1000円ですので、よろしければ、お試しください。

STORES

Creema

STORESとCreemaではほんの少しだけですが送料の設定を変えたりしてます(汗)。

先日の大根は花を咲かせたすぐあとに折れてしまいました。力を使い果たしたか。

雨続きで畑に行けず、畑の大根はどうなっていることか。

以前採種して残っていたタネを、今年でほとんど播ききってしまったので、今年はたくさん採種しておきたいんだけどなー。

なんだかここ数日寒くて、発芽したばかりの綿たちも心配。

雨と寒さで葉が傷んだりしてないだろうか…と。

まあこの寒さの中、ベランダで発芽してきた和綿もあったけど。

残念ながらその画像はなくて、3枚目はベランダのマーガレットの花です。

先々月、もらった花束に、マーガレットがあって、強そうな茎だったので挿してみたら根付いてくれたよ。

でも、前にも開花までいって、その後すぐ枯れたことがあったので、まだまだ安心できないのでした。

+2

【綿の簡易糸紡ぎキット】

先日、過去記事を読んでいて、短いながらもこの品の歴史を感じ(笑)、ちょっと振り返ってみたくなりました。もちろん、宣伝の意味もあり^^ でももし購入を検討中の方は、お読みいただいてから決めてくださいね。

初心者向け糸紡ぎキットのこれまでの経緯

イベント出店の際や通販で販売している、
綿を紡いでみたい初心者・挑戦者向けの品です。

販売開始は2012年で、2枚目の画像みたいなモノ。
その頃の記事はこちら

1枚目の画像は現在のものです。

キットのなかみごとの歴史

中身の構成は現在まで変わらず。

  • しの綿
  • 手紡ぎ糸見本
  • 簡易スピンドル
  • 説明書

○ しの綿(篠綿)

初期は機械製綿のシート綿から巻くだけ(なので値段もたしか千円前後)。

翌2013年からは自分の畑産の和綿白茶を使って、自分でカードをかけて作った篠綿。これは現在まで継続中(画像1枚目)。篠はもちろん初心者向けに考えて作っていますし、当然、初期より現在の方が向上していると自負。

○ 手紡ぎ糸見本 

これも初期からずっと入れています。あった方が絶対いいなと。初心者が最初の段階で目指すといいと思う糸の見本として。太さ、撚り加減などの参考にね。

○ 簡易スピンドル 

なぜ簡易にしているかというと、ちょこっとお試しというだけの方でも気軽に手に取れるように。これなら収納も破棄もさほど負担にならないから。

それにこちらに原価をかけるよりも、説明書をより詳しくすることに重きをおきました。

竹製のかぎ針は最初からずっと購入品。円盤は厚紙で作ってましたが、けっこう大変だし仕上がりも微妙だったので(スイマセン)、2018年から外注。齋藤紙工さんにお願いしました。

お金はかかるけど、そのぶん楽になるかなと思ったら、どうしてもレーザー加工の際に汚れがつくらしく、それを落とすのが少し手間(汗)。でもさすがに仕上がりは美しいです。加工焼けが目立つ物は、柿渋を塗ってごまかしています(スイマセン)。

かぎ針も太さが微妙に違うし(自然物だから)、穴に差し込んでも緩かったりキツ過ぎたりと相性があるので、そこはまた調整というか、合うモノを選びながら。

○ 一番力を入れている説明書 

都度細かな変更・改善をしていますが、2013年に1回目の大改訂。この改訂した時の記事はこちら2回目の大改訂は2017年。

その時の記事はこちら。この改訂はよくよく考えて、できるだけ初心者の方のかゆいところに手が届くようにと書き直しました。

特に綿の紡ぎ方、手順や問題の対処についてはかなり詳しく、細かく項目を追加したつもりです。結果的に字数が多くなり、字が小さくなってしまいました。

でもおかげさまで、Creemaでは良い評価やレビューをいただいています。Creemaの残っている集計データをみただけでも60名以上の方に、その他の通販サイト、スピニングパーティなどのイベント販売を含めると計100名以上の方にお求めいただきました。

感想や作品の画像を投稿してくださる方もいらして、感謝カンゲキですm(_ _)m

今後の改善予定

今後も気づいた点は改訂・改善し続けていく予定です。ご購入いただいた皆様も、何かお気づきの点等ございましたら、お気軽にお知らせくださると嬉しいです。

以前から考えていた、購入者のみ限定動画の案内も早いうちにできればと思っています。動画の編集がなかなか難しくて進んでいませんが…(汗)。

(追記・2020年11月頃の改訂を予定しています)

販売ページへのリンク

↓Creemaへのリンクです。
綿の簡易手紡ぎキット 自家栽培和綿の篠10g付
綿の簡易手紡ぎキット 自家栽培和綿の篠10g付 スピンドル無し

STORES.jpでも同じように販売中。こちらでは簡易スピンドルのみの販売もあります(Creemaでは販売できないっぽいので…)

一応、マーケティングといいますか、似たようなキットを販売しているところはチェックしています。でも、私はうちのキットが一番説明書も詳しく、初心者向きなのではないかと自負しております。

さらに裏話のようなもの

通販記録のカテゴリを追加したので、今回のような開発秘話?出品秘話、いや単なる記録?のような記事も残しておくことにしました。

通販サイトの作品説明文には載せきれないお話がいろいろあって、知って欲しいこともいろいろあります。作品と共に楽しんでいただけましたら幸いです。

<追記> ちょうどCreemaのブログで紹介されていました(こちら)。この記事の準備を始めたのはもっと前からなので、たまたま偶然(汗)。

+2

通販記録 記事タイトル 最新50件

0

綿の手紡ぎキット

説明書を改訂しました。これまでより、字を小さくし、情報量・画像を増やしました。読みにくくなるので、字は小さくしたくなかったのですが、それより今回はこれで紡げるようになることの方を優先してみました。

改訂前のキットをcreemaからご購入の方で、ご希望の方には、改訂後の説明書をPDFにしてお送りします。wataitoya@yahoo.co.jpへご連絡下さい。他でご購入の方も、ご希望の方はメールでご相談下さい(改訂前説明書の提示など、購入の証明要)。

 

0

冬ごもり

畑でクモやテントウムシが綿の実に潜り込んでいる様子は、時々見かけます。で、見かけちゃうと、収穫はできず、そのまま放置となります^^;

この時期、もうほとんど収穫は終わって、未熟な実をつけた木が残っているだけで、画像のように比較的にきれいに開いている実は珍しい。この貴重な棲家で越冬して、来年もまた畑で活躍してくれたら嬉しい。あれ、でもこのクモは越冬する種類なのかな?(汗)

今年はあまりできなかったのですが、来年はもう少し綿つむぎの会や出展の機会を増やしたいと思っています。とりあえず1月の綿つむぎの会は25日、開催決定です。2月は平日に場所の予約ができず、今のところ4日土曜日です。早々に人数が集まれば開催になりますが、変更可能性有り。詳細はこちら

今年収穫分のネット通販は、1月中旬からを予定しています。タネの販売は遅くとも2月中の開始を目指したいと思っています。寒い地域の方、早めに播きたい方向けに。昨年の配送料から変更し、これまでのレターパック360からゆうパケット(250円~)にする予定です。販売方法も、少し変更予定。何かご希望があればご意見をお知らせください!

では、来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

0

綿の手紡ぎキット

最新の綿の簡易手紡ぎキットに関しては、こちらの記事をご覧ください(2020.10)


数年前からイベント出店の際に販売し、ネットでも購入頂いている綿の手紡ぎキット。先日のozoneクラフトでお買い上げのお客様が、紡いだ画像を見せてくださいました。

こちらこちら。お二方とも立派に糸になってます。私がはじめて紡いだ糸(?)はもっとボコボコでした…(汗)。

ご報告&リンクのご承諾有難うございました。とっても嬉しかったです^^

ネットではクラパカクリーマで販売していますが、先日より、ハンズ・ギャラリー・マーケットにも登録いたしました。お値段はそれぞれ手数料などによって変動させています。支払い方法などの選択もそれぞれなので、ご都合の良いところでどうぞ。

ご近所についでがあれば出店先で購入いただくのが一番お得かと。お教えするのは有料になりますが、実演をご覧になるだけならタダですから、よく見て覚えて行ってくださいませ。

0