道具一覧

綿繰り具(綿繰り機)について・入手先情報などまとめ

綿繰りの疲れにくい使用方法についての動画を投稿しました→こちら

youtube投稿を始めた頃から撮りたかった動画の一つで、今年の初めから少しずつ進めていたんですが、公開まで半年もかかってしまいました(汗)。

綿繰りキの漢字 「器」と「機」

動画のなかでも少しお話したのですが。「機」と「器」の違いについてはgoogleで検索してみてくださいね。

ずいぶん前に糸紡ぎつながりの友人が「器」の方が合ってそう、というようなことを言っていて、私も「器」の字の方が似合うような(?)気がして、そちらを使うことが多かったです。

今回のサムネも最初「綿繰り器」にしたのですが、動画内の最後で紹介した参考文献『綿繰り具の調査研究』にならって変更してみました(その書籍のなかでは「器」だったような不確かな記憶もあり…)。

今回あらためて『「機」と「器」の違い』で検索して10サイトくらい見てみましたが、説明されている違いを読んでも、どちらにもあてはまるような気がしてきてしまったり。それに現在はあまり厳密に使い分けはされていないような記載も。

まあ工場で使われるような綿繰り機や電動の綿繰り機はやっぱり「機」だろうなと思いますが、それ以外、普通の手動の綿繰り道具は、結局どっちでもいいのかな、と(汗)。

google検索して出てくる販売サイトでは、「綿繰り機」が多いようです。「綿繰り器」でググっても勝手に「綿繰り機」で検索されるし!(「綿繰り器」で指定して検索すると12,400件、「綿繰り機」で検索すると25,800件でした)

ちなみに、Wikiの「綿繰り機」では、最初読み始めは使い分けされているのかなと思ったら、読み進めていくとそういうわけでもなさそうでした(他の内容もちょっと疑問な点があったり(汗)

動画・綿繰り具の疲れにくい使用法まとめ

  • ローラー同士の隙間の調整 こまめに
  • 道具の固定 自分にとって楽な姿勢で
  • やたらに回さない ローラーの全面を使って効率よく回す
  • 休憩を入れる ついでに手入れ
  • 使用中の注意 音・ハンドルからの手ごたえ

中古の綿繰り具の入手先情報 2020.7現在

中古の綿繰り具の入手先として、動画内で紹介しているのは、

  • オークション
  • 骨董市

私が時々チェックしているのは有名どころヤフオク。でもここは、「綿繰り」で検索しても、タグのせいか、関係ない道具も出てきますので、間違えて買わないように注意です(間違えないか)。

以前は、ネットオークションサイトをまとめて検索できるこちらのサイト を使うこともありましたが、結局ヤフオクメインでした。

最近は、メルカリにもあるようです。私、メルカリは使ったことが無いので、何となく…どうなんでしょう(汗)

骨董市情報は以前からこちらのサイトを参考にさせてもらってます。

参考になるかわかりませんが、10年前に川越の骨董市で購入した価格は4000円でしたが、サービスしてくれて3500円でした。持って行った実綿の綿繰りも試させてくれました。

新品の綿繰り器の入手先情報 2020.7現在

ググればまあ出てくるのですが、私の知っているところで、検索上位に出てこないところがいくつかあるので、とりあえず、知ってる限り集めてみました(綿繰り具のページにリンクしています・順不同)。

ちなみにわたいとやは、泉工房さんの綿繰り具以外は、体験程度の短時間ですが使用経験があります。他にも何か情報がありましたら、お知らせいただけますと嬉しいです。

綿繰りについての関連記事

綿のタネをとる方法・手でとる手順と綿繰り器と

綿繰り動画の補足 洋綿の綿繰り

実綿の繊維とタネを手で分ける動画

綿とタネを分ける方法による繊維の違い

綿繰りの前に

綿繰りの時間

B級実綿の綿繰り

新旧?綿繰り器

綿繰りしない猫

 


綿の苗の移植について補足

先日投稿した動画では少し判りにくかったかなと思ったので、新たに画像だけ撮影しました。

先週畑に行った際にまた少し移植をして、その時に。

動画撮影時は、移植するには土が若干乾き気味でしたが、今回はよい状態。

画像のように、苗とほぼ同じ大きさに掘り上げて、周囲の土を丸ごと崩さないように移動させています。

動画でもスコップについて少しお話していますが、私のこのスコップは一般的なもので、ホームセンターで500円ぐらいだったかと思います。

裏側にこんな感じの補強がついていて、厚みもそれなりにあって安定しています。

畑を始めた頃、これがついていない100均のスコップを2本くらい折ってしまいました。そこで、無印の700円くらいのよさそーなものを奮発して購入し、使っていました。が、その頃借りていた区民農園に忘れたら、ソッコー盗まれて(汗)、その後、似たようなモノを探して購入しました。

もしこれから購入される方は、この補強がついているかどうかだけでも、チェックしたほうがよいと思いますよ~。


畑で焚く線香 蚊に刺されて蜂窩織炎になったので

「蜂窩織炎」は「ほうかしきえん」と読みます。めっちゃカンタンにいうと、皮膚の傷から菌が入り込んで炎症を起こす病気。詳しくはググってください~。

二度目です。初めてなったのは、2、3年前の秋。畑で蚊に刺され、まあ、それはいつものことと、さほど気にしてなかったのですが、その後、どんどん圧痛と腫れが酷くなって。

左のこめかみだったのですが、眼鏡をかけられないくらい腫れてきて(お岩さんみたいな)、さすがに不安になり、アトピーでかかっている皮膚科に行きました。そこで初めて蜂窩織炎という病気を知り、処方された抗生剤を飲んでスッキリ治りました。

で、また同じ顔左側、今回は眉間近くです。今回の腫れは前回ほどではないのですが(ものもらいぐらい)、目の近くなのでやはり一応いつもの皮膚科に行き、抗生剤服用中。

綿の双葉についたミノムシ?

二度とも、蚊に刺された箇所をたぶん土の付いた手で無意識にこすってしまって感染し、今の私の免疫が勝てなかったのですね…。

通常でも、蚊に刺されると赤く斑点ができたり、いつまでも痕が残ったりするので、蚊だけは速攻退治。

基本、畑にいる生き物は放置、下手に介入しないことにしているのですが、蚊は明らかに私を苦しめるので。

ただ、私に近寄ってこなければ、わざわざこちらから退治に行くことはしなくて済むので、もちろん蚊よけの線香を焚きます。

わたしが使用しているのはこれ。これを焚いて腰か首から下げておけば、ほぼ、蚊は寄ってきません。畑の生き物にもそれほど害はなさそうだし、そもそも殺虫成分は入っていないようだし。

まあ、長袖長ズボンと軍手は必須だし、それでも稀に刺されることもある。それでも焚いてないよりは、だいぶ刺されなくなるし、ほとんどの蚊は遠巻きにしてるから、顔の周りを飛ばれるわずらわしさも減るのです。

前々回畑に行った時から蚊が活動を始めたことに気づいてたのに、準備を忘れていたので、こんなことになってしまうメンドクサイ体。今は畑用バッグにしっかり入れてあります。


握りバサミ2

久しぶりに川越の骨董市へ。秋から行きたかったけど、パート仕事や入院や天候のせいで行けなかったので、楽しみにしてた!

ウイルス騒ぎで中止になることもなく開催していたけど、人出はいつもより少、いつもよりゆっくりじっくり見られて私的にはよかったっス!

まあ、出店者さんたちは大変っぽい。あちこち中止になってると話してた。屋外でぶらぶらするくらいのイベントならそんなに気にすることなさそうだけどね。

で、握りバサミを入手。今は裁縫箱と地機横の箱に一挺ずつあるけど、それぞれあまり切れ味やかみ合わせがよろしくなくて。

これはバネは少し強めだけど、かみ合わせも切れ味もいいカンジだった。まあ実際使ううちにまた感想は変わるかもしれない。

握りバサミの手入れについて検索していたら面白いページを発見。手入れのページもあり。各種ハサミについて書かれている。でも、なんだか見覚えがあるようなないような…と思って自分の記事を検索したら、握りバサミについて、2011年に書いていた(汗)。この時に前述のサイトを見てたのかも。…この握りバサミにもまた糸を巻こうかな。


最近紡いだ糸

右側はカードがけ後、巻き方を少し変えた篠を紡いだ糸。ハンドカーダーの有料動画を作るための事前実験の副産物みたいな。たぶん番手は6~7くらい。

篠を作った時の目的通り、軽くふんわりした糸に紡げたと思う。

左側は地機布14に使うつもりで紡いでいた細い糸。前回より細く紡げて、綛上げ時も切れることが少なくなった。

1,926m/18.8g 60番手

今回は綛上げ器を倒して使ってみた。垂直より、水平回転のほうが糸にかかる負荷の変動が少ないような感じがして。垂直だと取っ手の重さの分、回転がブレるのかと。

糸がここまで細くなければそれほど気にならなかったかもしれない。でもこの綛上げ器を買う前に使っていたものも水平回転だったので、動作が何となく慣れているというのもあるかも。


名前のない道具

地機布13の織終わり近くに作った道具。糸が集結していくのを多少ばらけさせてギリギリまで織ることができるようにする。

3月の影山工房講習で見て、使ってみたいと思ってたら、5月のタリフさんの講習時にも似たような道具が使われていて(用途は違ったが)、これはもう作らねばと。

時間がなかったのでとりあえず記憶を頼りに作り、微妙な出来のまま使ってみた。改良の余地大(汗)。織れなかった経糸は15~20cm。もともと既成糸を繋いで男巻からの距離を延長しているので、これまでも織れなかったのは30cm弱だったが。

手持ちの木の棒に定規柄のマスキングテープを貼って、その上から釘で穴を開け、楊枝を差し込んだ。木は一部割れたけど、テープのおかげでなんとか無事。楊枝にしたのは釘などが沢山刺さった木の道具があまり好きではないので(釘の刺さった簡易織り機や、鍵フックのスピンドルもなんか苦手…高機のワイヤーヘルドもカシャカシャした感じが微妙に苦手(汗)。手入れとか、処分のことを考えると、面倒なものはできるだけ残したくないし)。

織終り後、改めて確認したら、影山さんは過去に記事にされていて、本物はこういう造りだった。今回は挟み込むフタは作らなかったので、糸が浮いてちょいちょいずれていた。

もしまた作るなら、できれば糸を傷めないよう角に丸みのあるかまぼこ状の棒にして、差し込む楊枝はもう少し長くする。スポンジ、隙間テープのようなもので蓋ができたらいいかもと思ったけど、タリフさんの画像のように糸で蓋する方がいいか…でも次回は細い細い糸。どうかな?延長する糸を男巻側でまとめず1本ずつ結ぶか。経糸千本くらいだけど…(汗)


自作竹筬と筬枠で

先日組み直した竹筬と、合わせて自作した筬枠を、地機布13の試し織りで試用。

緯糸を寄せるだとはいえ、どうしても筬羽に触ってしまうことがあったけど、これでだいぶ防げる。

ヤマト糊で貼り合わせた筬枠は、そんなことを忘れていたくらい、ガッチリ安定。

ネット通販についてのお知らせです。GW中の配送は遅れる可能性があります。また、綿のタネは5月下旬頃までの販売です。

Creemaでは、4/27~5/6 にご購入いただいて、受取完了後、ナビから受取通知を送ってくださった方に、Thankyouクーポン(次回5千円以上購入時5%off)を配布します。また、3千円以上ご購入の方には次回3千円以上購入時5%offクーポンを配布開始。機会がありましたらどうぞご利用ください。

 


組み直し竹筬比較

自分で組み直した広幅の竹筬。真ん中が、先日分解して今回組み直したもの。

並びがきれいに見えるのは、筬羽を順番通りにしたから?? でも結構傷んでるのや割れてるのがあって、抜いた羽も多かったんだけどな。

 


筬框

おさかまち、と読むのが正しいよう。筬枠(おさわく)とも。こっちのほうが判りやすい?織に使う筬をセットする道具。

高機では機と一体になっているけど、地機では、筬を保護するためのようなもので、造りはシンプル。が、地機を譲っていただいた時のものは幅が反物巾?のため、自作した筬に合わず。以前は簡単に囲うだけの筬枠を使って緯糸をただ軽く寄せるだけ、打ち込みは刀杼でしてたけど、やっとそれなりに使えそうなものができた、かも。

色々考えたけど、結局単純に安い木材を貼り合わせただけ。接着は余っていた市販のデンプン糊、ヤ〇ト(汗)。この研究を発見して自分でも実験してみたけど、納得の接着力な気がして…ま、お試し。

織りで使うのが楽しみだけど、その前に竹筬の組直し、経糸紡ぎ残り90g、染色と糊付け…とすることはたくさんあって、まだまだ先の話。それまでの工程にご興味のある方、日程をご相談いただければ、綿つむぎの会に合わせられるかもしれません。お問合せ下さい~。


さしあげます2(締め切りました)

刀杼・筬框ともに引き取り先が決まりましたm(_ _)m

骨董市で購入した刀杼です。木は結構年季が入っていますが、あまり重量感はなくて、両端は少し割れなどもあります。でも糸の当たる辺りはキレイ。

ただ私は結局全体のやすり掛けしただけで、織りには使っていませんので、実際使ってみたらどうかはワカリマセン。

 

 

 

こちらは筬框。オークションで何かを買ったときにセットになって送られてきたんだったかな(汗)。

これも年季は入っていますが、木が堅めでしっかりしている感じはあります。軽くはないけど、重くもない感じ。

織る時、持ち手になる部分のみ、かなり摩耗して擦り切れて、木が減っています。

やすりをかなりかけましたが、どうしてもささくれが残ってしまうので、木工用ボンドなどで補強した方がよいかも。

以前の「さしあげます」記事と同じく、着払いか引き取りでお願いします。

画像はクリックで拡大しますので、よくご覧になってくださいね。