遺伝子組換え一覧

遺伝子組換えの可能性がある洋綿の白

巷の綿が遺伝子組換え綿である可能性

以前も書いたとおり、緑や茶のカラードコットン&在来と言われている和綿は、商業的効率的な面から考えてみても、遺伝子組換え処理が行われる可能性はかなり低いのではないかと個人的に考えています。

反対に、和綿以外の白・いわゆる洋綿の白のなかに、遺伝子組換えワタが紛れている可能性は、(前述の綿と比べたら)高いのではないかと思えます。

根拠のひとつはこの記事

洋綿白が疑わしい根拠として…

2014年に農林水産省が、種子用として輸入していた中国産ワタ種子に遺伝子組換えのものが混入していることを発見、回収指導となった時の記事です。

2017年のタナ綿の記事にリンクしていた農水省の記事は消えていたので、残っていてた環境省にリンクしました。

この記事のなかで時期・商品名・販売者などが公表されています(「栽培用ワタ種子への遺伝子組換えワタ種子の混入について」でググるともう少し詳しい情報の載ったニュース記事もありました)。

環境省の報道発表資料

発覚まで約2年間輸入され続け、その間に実際に販売されて市中に出回っていた。つまり購入して栽培している人がいるのは当然で、普通に考えて、その種が人づてに広まっている可能性もあるでしょう。

(…でもこんな回収の情報なんて、実際届かない…よほどアンテナ張ってる人でないと。私も結構綿については調べていたつもりだったけど、当時見た覚えがない。それに回収率などの事後報告とかないんですかねー?法律違反と言っても本気じゃないのが見え見えなカンジ?)

分析センターの遺伝子組換え検査の結果も

もうひとつの根拠は、今回分析をお願いした分析センターの過去の調査データです。1報、2報の結果あわせて26検体中、洋綿白と思われる検体(不明含む)は14、そのなかで5検体が遺伝子組換え判定で、そのすべてが、いわゆる洋綿の白。

少なく見積もっても3個のうち1個。巷で現在栽培販売されている洋綿の白のうち30%が遺伝子組換えワタの可能性がある、と言いきってしまうにはまだ検体数が少なすぎるかもしれません。

でも疑いを持つには十分な結果かと。

遺伝子組換えワタは、食用や飼料用として流通、消費されていますが、法律上、一般圃場で栽培することはできない仕組みになっています。しかし、遺伝子組換えワタであることを知らずに栽培しているケースが見えてきました。このレポートは、その第2報です。

リース用や枝付きも含めて、コットンを販売、栽培、譲渡されるなら

そういうわけで、いわゆる洋綿の白を栽培、販売、譲渡されるなどの可能性がある方で、不安な方は、検査を検討してはいかがでしょうか(前述の分析センターは個人でも検査してくださいます)。

また、購入される方、譲り受ける方は、遺伝子組換えでないことを相手に確認することをお勧めします。綿の種のやりとりの際に、それらも必要な情報だと業界に認知されるようになっていくかもしれません。そうした情報を掲載しているところはキチンとした販売者だという判断もできます。

裸の王様に直接は言わないけど…綿情報として残しておきます

…それとも、もしかしてこれって業界では暗黙の了解的な情報だったのかな?だとしたら空気読めなくてゴメン(汗)。販売や栽培を止めろというわけではなくて、情報として載せておきたかったので。自分が知らなかったし、もっと早く知りたかったので。知って、それでどうするかはそれぞれの自由だと思います。

赤信号に気づいてて敢えて渡るのは個人の自由だけど、赤信号を知らせないまま、渡ることをお勧めするのはできればやりたくない。法律違反を唆すようなことを誰かが目の前でやっていたら…? 遺伝子組換え綿の国内栽培は、死の危険があるわけでもないし、実際、有名無実の法律だし、見て見ぬふりして、言わなくてもいいことかとも思う。

裸の王様を見て、「裸だ」と心に思うだけで、わざわざ口に出して言わないのも自由だし、王様自身も裸を自覚しても恥ずかしくないなら、こちらは何もすることはない。でも見えない服を買わせてしまう人はなんだかなぁと思うし、そういう人とは関わり合いたくない。

そういうわけで、交流のある販売者さんだけは事前に相談したけど、私が一方的にブログなどを拝見してるだけの方々には特に声をかけていません。私のやっていることに興味がある人なら読んで判断してくれるでしょうと考え、綿情報の一つとして、ここに残しました。将来、私のように疑問を持って検索したときに、すぐ見つかることも願って。

今話題の種苗法に関わる不安はある。こんな状態なら個人に採種なんてさせない方がいい、なんて言われかねないような?

この記事を書くきっかけになった、和綿でない白綿・タナ綿のお話はタグ「遺伝子組換え」「タナ綿」をご覧ください。


遺伝子組換え検査の結果

2017年に販売を止めたタナ綿(当時の記事はこちら)ですが、諦めきれずに時々検査機関を探していて、この度ようやく検査をお願いすることが出来ました。

洋綿白綿の遺伝子組換え検査の結果


既に結果もいただいてます。私が栽培・販売していたタナ綿は、現在主に出回っている遺伝子組換えの綿ではないとのことで、一安心(画像は拡大可)。

2017年以前にこの綿をお譲りした方、購入いただいた皆様には、ご心配ご迷惑おかけいたしました。

日本では遺伝子組換え綿の栽培は法律違反です

今回の検査結果から、タナ綿は栽培しても法律違反にはなりませんが、やはり少し怖い気もするので、できれば譲渡などはせず、しっかり管理(又は破棄)をお願いします。

といいますのも、検査機関の方に丁寧に説明していただいて、私の理解がどこまで追いついているか不確かではありますが…「現在主に出回っている遺伝子組換えの綿ではない(モンサント系)」というだけで、現在登録されている全ての型(参考・GM Approval Database/GM Crops List Cotton (Gossypium hirsutum L.)/ GM Events)についての検査は、ほぼ不可能だという印象を持ちました。

更に、未登録の遺伝子組換えの型が存在する可能性も0とは言えないようです。

それでも洋綿白綿が遺伝子組換え綿かの判断は検査するしかない

今回のこの検査は農水省の定める検査法に基づいているので、これで「検出せず」であれば、法律上「遺伝子組み換えでない」と言えて、栽培しても違反にならないでしょう。ですが、実質は、100%遺伝子組換えでないとは言えないのではないかと思うのです…。

ああ、私の無知のために面倒な問題な皆さんを巻き込んでしまい、本当に申し訳ないです。

遺伝子組換え農産物の検査をしてくれる機関

さて、今回検査をお願いしたのはこちら 一般社団法人 農民連食品分析センター です。検査にご興味のある方は、遺伝子組換え作物検査のページをお読みになり、メールで問い合せると良いかと思います。

同サイトに国内のワタについて調査研究データが第一、第二報と掲載されています。トップのお知らせからか、「調査データ公開」からご覧になれます(綿を栽培したり情報発信されれている方は、ぜひ知っておいたほうが良い情報かと思います。実際にGM綿の栽培が発覚しています)。

もし、問い合わせる前に不安があるとか、検査結果の詳細をお知りになりたいという方は、わたいとやへどうぞお問合せください。判ることはお答えします。

また、分析センターの方には今回のデータ等はどんどん周知のために使って構いませんと許可をいただいております。とても丁寧に真摯に誠実に対応していただいて、大変ありがたかったです。

白綿を栽培・販売している方へ

この内容にも関連して、もう一つ記事を書くつもりです。特に読んで欲しいのは、和綿でない白綿を栽培されている方です。いわゆる洋綿の白ですね。

以前から栽培されている方はオンライン上でも見かけていましたが、ここ数年で、ぐっと増えてきたと感じています。

特にメルカリやヤフオクで、Creemaでも、販売されているのが気になっています。それらが遺伝子組換え綿である可能性が低くないのではないかと…、そのことについて書くつもりです。

遺伝子組換えの是非は別にして、単に、前述のとおり日本では現在遺伝子組換え綿の栽培は禁止されていて、法律違反になってしまうからです(たとえ有名無実の法律であっても…(汗))。

2017年にタナ綿がそうなのではないかと疑いを持って以降、心のどこかにいつもずっと引っ掛かっていました。私のような思いをする人を減らすためにも、この情報をもう少し広めた方がよいのではないかと思っています。

私のブログでどれだけ影響が及ぶか判りませんが…。それでも、知っていて何もしないのも、ね。できることをやっておけば精神衛生上も少しマシ!


洋綿の白・タナ綿について

2015年のデータですが、全世界のワタの75%が遺伝子組換えだったそうです(参考←リンク先を変更しました2020.7)。

実は、しばらく前から、私の栽培している洋綿の白・タナ綿が、遺伝子組み換え綿(以下GM綿)ではないとは言い切れないのではないかという気がしています。

2013年にタネをいただいた時にはそこまで考えが及びませんでした。農薬や肥料は使われてきたんだろうな…と、ただそれぐらいで。それに、当時タナ湖や周辺のことを調べたりはしましたが、その土地のいわゆる在来的なワタといった印象でした。

一度疑問に思うとなかなか消え去ることは無く、いろいろ調べましたが、やはりどちらともはっきりわからず、不安な日々が続きました。

検査をしてもらおうと問合せた機関からは二件とも断られてしまいました。結局スピニングパーティから、タナ綿はタネ・実綿の販売を中止することにしました。

GM綿に、周囲の作物や環境への強い影響力があるかどうか、という問題は別にして、GM綿の栽培自体が日本では法律違反になるのだそうです。この件について参考になると思われる農林水産省のページを以下にリンクしておきます。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/torikumi/cotton/cotton_detail.html#2(リンク切れの場合、ページのPDF版を保存してありますのでお問合せください)

そういうわけで、タナ綿の栽培はお控え頂く方が良いかと思います。これまでご購入いただいた方はもちろん、差し上げた方にも、余計なご不安ご心配をおかけすることになってしまいました。大変申し訳ありません。

わが畑で3年の自然栽培後、確か昨年のスピニングパーティから少量販売を始め、今年はcreemaでも少し販売しました。ご購入いただいた方からのご希望があれば、返金(切手による)又は他の品と交換いたします。creemaでは3週間で連絡先などが削除されるので、こちらからはご連絡できません。お手数ですが、ご一報くださいますようお願いいたします。

さて、GM綿ではないという確証がないままに販売することはやめました。ですが、私はやはりタナ綿はGMではないと考えています。

タネを下さった方がお書きになったものと思われますが、頂いたタネの入った袋に「エチオピア 2012年収穫(たぶん)」と書いてありました。隣国スーダンはGM綿の栽培国ですが、エチオピアは違うようです(世界の遺伝子組換え農作物栽培状況2013)。

もちろん、これだけでは根拠としては弱いと思います。あの時このタネをくださり、その後一度だけコメントしてくださった「にゃん子さん」、もしこの記事をご覧頂いたら、ご連絡お待ちしております。できれば詳細をお聞きしたいです。

また、GMかどうかの検査をしてくれる機関をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご紹介くださると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。ちなみに、上記農水省のリンクにある「一般からの遺伝子検査の受付」は終了したとの回答をいただいております。

<10/1追記 リバティ社よりタナローンは遺伝子組み換え綿は使用していないとの回答をいただきました。品質のよい超長綿を得るために原産地を変えることもあるそうですが、現在はインドが主な生産地とのことでした。それでも私の譲り受けたタネが同じ品種かはわかりませんが…>

更に後日談・遺伝子組換え綿の検査結果

2017年に販売を止めたタナ綿(当時の記事はこちら)ですが、諦めきれずに時々検査機関を探していて、この度ようやく検査をお願いすることが出来ま...